<   2018年 06月 ( 19 )   > この月の画像一覧

SACRED SONGS (JZ)

ダリル・ホールのソロ・アルバムを入手しました。ジャケットは、記憶にありましたが、出会いが、ずっとなかったものです。録音は、1977年ですが、実際にリリースされたのは、ずっと後の1980年です。内様を解説を見ながら知ったのですが、何とロバート・フィリップが、プロデュースしています。何で???との思いですが、74年頃に出会っていて、その後このアルバムを作ったようです。同時期のロバート・フィリップのソロ・アルバム、エクスポージャーには、今度はダリル・ホールが、参加しています。ロバートのソロは、ジャケットは、知っていますが、未だ出会っていません。お互いの個性やスタイルが、違うままにそれぞれのものをミックスしていて違和感が、ありますが、興味深いです。CDでは、ボーナス曲でイーノやトニー・レーヴィン、フィル・コリンズなども参加していて豪華な顔合わせです。解説にある写真でアーチを使ったスペースが、キリコやイタリアの合理主義の建物的でちっと面白いです。記憶が曖昧ですが、ベリーニが、青山の安藤さんの商業ビルでやったカッシーナのスペースにも同じ色やイメージがあったような。。。
c0058954_21305595.jpg
c0058954_21323473.jpg

c0058954_21395142.jpg
c0058954_21395995.jpg

c0058954_21400481.jpg
c0058954_21401490.jpg

c0058954_21402187.jpg
c0058954_21402726.jpg

c0058954_21403323.jpg
c0058954_21403892.jpg
c0058954_21492193.jpg


参考までに。






by zappapa | 2018-06-29 21:42 | 今日の1枚 | Comments(0)

LE QUATTRO STAGIONI (JZ)

ヴィヴァルディの四季のアルバムです。マンハッタンの地下鉄内で黒人グループが、この曲を朝に良く演奏しています。気持ちよく耳に入ってきますが、冒頭の春ばかりなので他の季節のも聞きたく思っていた時にこのアルバムと出会いました。ジャケットもウッチェロ辺りのようなルネサンス絵画で嬉しいです。指揮は、以前紹介したヘンデルのウォーター・ミュージックで指揮をしていた TREVOR PINNNOCK で演奏も同じくTHE ENGLISH CONCERT です。
c0058954_21453818.jpg
c0058954_21454474.jpg
c0058954_21455031.jpg
c0058954_21460137.jpg
c0058954_21460754.jpg
c0058954_21461380.jpg
c0058954_21461950.jpg
c0058954_21462638.jpg
c0058954_21463277.jpg
c0058954_21463705.jpg
c0058954_21464324.jpg
参考までに。




by zappapa | 2018-06-28 21:59 | 今日の1枚 | Comments(0)

ウォーホール・ポートレート #4 (JZ)

オークション関連からです。ウォーホールのポートーレートです。今回のものは、1980年から82年の間のものです。女装のものです。それぞれ違ったカツラと衣装で撮られています。メイクもそれぞれ違うようです。4つの間には、特にストーリーで繋がる印象は、見られませんが、強烈な刺激は、あります。
c0058954_21413770.jpg
c0058954_21414482.jpg
c0058954_21414916.jpg
c0058954_21415467.jpg
c0058954_21420080.jpg
c0058954_21420692.jpg
参考までに。






by zappapa | 2018-06-27 21:44 | 今日の1枚 | Comments(0)

ポモドーロの彫刻 #2 (JZ)

オークション関連からです。ポモドーロの彫刻です。今回のものは、彼の最も有名なタイプの作品です。面白いのは、その彫刻の元になる原寸台の石膏の模型です。出来れば、制作過程の写真も見たいものです。
c0058954_22092590.jpg
c0058954_22101085.jpg
c0058954_22093370.jpg
c0058954_22094656.jpg
c0058954_22095251.jpg
c0058954_22095972.jpg
c0058954_22103790.jpg
c0058954_22104452.jpg
c0058954_22105154.jpg
c0058954_22105751.jpg
c0058954_22110291.jpg
参考までに。





by zappapa | 2018-06-26 22:13 | 今日の1品 | Comments(0)

TONY CRAGG #4 (JZ)

オークション・カタログ関連です。TONY CRAGG の作品です。以前に紹介したものは、黒っぽい彫刻でした。今回のものは、キャスト・アイアンで錆色が、そのままの姿のものです。ディテールでウェーブの繋がりが、スムーズに流れていないような箇所も見られます。難しい流れの中で顔のプロフィールを浮かび上げる面白さは、成功しています。
c0058954_21353313.jpg
c0058954_21354101.jpg
c0058954_21354659.jpg
参考までに。




by zappapa | 2018-06-25 21:37 | 今日の1品 | Comments(0)

T. REX (JZ)

T. REX のアルバム、T. REX を紹介します。このアルバムからバンド名が、ティラノザウルス・レックスから省略名のT. レックスになりました。1970年です。言い易さと記憶に残り易さで一気にトップ・アーティストとなるきっかけのアルバムです。それ以前は、アコースティック中心だったのが、メンバーが、ミッキー・フィンになりエレクトリックの曲も入るようになったのが、その前のABEARD OF STARS のアルバムでした。今回のものもほぼ同じスタイルです。この後の電気の武者で完全にエレクトリックなバンドになります。その過渡期のものです。個人的には、このアルバムと前作が、ベストと思っています。CDは、ボーナス曲が、増えて有り難いです。違うテイクもオリジナル・ヴァージョンと差がないことから、はっきりやりたかったことが完成していたように伺えます。
c0058954_21481808.jpg
c0058954_21482437.jpg
c0058954_21483138.jpg
c0058954_21483766.jpg
c0058954_21484264.jpg


c0058954_21490642.jpg
c0058954_21491223.jpg
c0058954_21491820.jpg
c0058954_21492431.jpg
c0058954_21492930.jpg
c0058954_21494168.jpg
c0058954_21494707.jpg
c0058954_21495457.jpg
c0058954_21500090.jpg
c0058954_21500681.jpg

c0058954_21501145.jpg
c0058954_21501984.jpg
c0058954_21502686.jpg
c0058954_21503193.jpg
c0058954_21503748.jpg
c0058954_21504350.jpg
c0058954_21505092.jpg
c0058954_21505629.jpg
c0058954_21510244.jpg
c0058954_21510802.jpg
参考までに。







by zappapa | 2018-06-22 21:55 | 今日の1枚 | Comments(0)

ミュージック・ライフ・1976年3月号関連 #5 (JZ)

ミュージック・ライフ・76年3月号の続きです。今回は、もろもろ目に付いたことなどを書き留めます。この時期にようやく日本のバンドも活躍しブルースなども話題として出てきています。上田正樹とサウス・トゥー・サウス、めんたんぴん、クリエーションのアルバム広告などがありました。また5年前の表紙に遡って紹介しています。この時期にむしろ僕もこの雑誌を購入していたようです。また雑誌のバックナンバー購入の内様でよく売れ切った雑誌だったことも伺えます。日本のアーティストでテツというフェイセズでベースを担当していた人がいましたが、この時期なんですね。既にバンドは解散という記事です。金子マリのバンドの記事が、出てきますが、CHAR は、まだギター人気ランキングにも登場していません。めんたんぴんは、地元のバンドで唯一のプロ・バンドだったので何度も見ました。彼らのコンサートで初めてミラー・ボールの威力を知りました。ツイン・ギターも初めての体験でした。ただ湿っぽい地方で開放的なデッドの曲は、ミス・マッチで印象は、微妙でした。
c0058954_21341956.jpg
c0058954_21324149.jpg
c0058954_21331077.jpg
c0058954_21331674.jpg
c0058954_21332222.jpg
c0058954_21333087.jpg
c0058954_21333891.jpg
参考までに。







by zappapa | 2018-06-21 21:43 | 今日の1册 | Comments(0)

ミュージック・ライフ・1976年3月号関連 #4

ミュージック・ライフ1976年3月号の続きです。当時よく通ったレコード店の広告が、懐かしいです。先ずは、ハンター。銀座ソニー・ビルの地下と数寄屋橋の2階の通路側に面してありました。ここは、本当にお世話になりました。ソニー・ビルも建替えですから思い出のかけらも消えてしまいました。次の広告は、DISCROAD です。ここも大変お世話になったお店です。76年7月にオープン予定が、載っていますが、そのお店です。ここも2階にありました。本店は、新宿のようですが、通勤、通学であまり新宿は、世話にならず、あまり行かなかったです。
c0058954_22070640.jpg
c0058954_22071661.jpg
c0058954_22072669.jpg
c0058954_22073836.jpg
c0058954_22074459.jpg

by zappapa | 2018-06-20 22:09 | 今日のニューヨーク | Comments(0)

ミュージック・ライフ・1976年3月号関連 #3 TOMSON GUITAR (JZ)

ミュージック・ライフ・76年3月号の続きです。今日は、この雑誌に載っているギター販売広告です。TOMSONという銘柄で販売されていたギターです。実は、僕の最初のエレキ・ギターは、このTOMSON のSGモデルでした。多分01.03, SG-360 に近いもののようです。この数年前に買い求めたので値段やディテールが、多少違うようです。僕が、入手した時は、もう少し安かったような印象です。ボディーの色は、ワインレッドのつもりで買いましたが、ブラウン系でした。ズバリ、ラワン色そのもの!!!当時は、やっぱり安物だからそんなものか!と諦め、そのボディを黒のスプレーで覆って黒のSGというものになりました。それは、それでなかなかの存在感で気に入っていました。当時の本物が、2,3十万以上。国内大手のGRECOで6,7万の時代でした。その中で1,2万円台というのは、有り難いものでした。ギター自身のクオリティーも値段の割りにまずまずで思い出深いファースト・エレキでした。今回の広告だと機種も増えてなかなか繁盛しているような印象です。THOMAS銘柄 も増えたのでしょうか?記憶にないです。
c0058954_21440567.jpg
c0058954_21442168.jpg
c0058954_21443785.jpg
参考までに。




by zappapa | 2018-06-19 21:49 | 今日の1册 | Comments(0)

ミュージック・ライフ・1976年3月号関連 #2 PUNKY MEADOWS (JZ)

大阪で震度6の大きな地震が、ありました。最小限での被害で収まることを切に願います。さて、先日のミュージック・ライフ・763月号の続きです。ザッパ先生来日時にミュージック・ライフからのインタヴュー時に贈られた前号(と思われます)にあった写真ページに載っていたのが、エンジェルという新しいアメリカのバンドのものでした。そのバンドのギターリストが、パンキー・メドーです。美しい彼の姿をザッパ・バンドのドラマー、テリー・ボジオが、感激したことからザッパ先生が、そのことを歌ったパンキーズ・ウィップスが、出来上がり、その年の冬にリリースされた2枚組みアルバム、ZAPPA IN NEW YORK に収録されました。ところが、レコード・レーベルのワーナーからクレームが、付き、結局その曲をカットしてのリリースとなってしまいました。その後ベイビー・スネイクスという77年ライブのアルバムでようやくこの曲が、聴けることになりました。ワーナーは、パンキー側からのクレームを恐れての決断だったようですが、実際は、彼らは、特に気にすることもなかったようですし、彼の名前が、その後しっかり残ってくれたことに感謝しているのでは?との思いです。そのパンキーの写真(アルバム広告)で今回初めて見ることになりました。検索しても確かにヴィジュアル系のイメージが強いバンドで興味深いものです。

c0058954_21551410.jpg
c0058954_21554298.jpg
c0058954_21555268.jpg
c0058954_21560079.jpg
c0058954_21560648.jpg
c0058954_21563089.jpg
c0058954_21564067.jpg
c0058954_21564741.jpg
c0058954_21565505.jpg
c0058954_21570164.jpg
ザッパ先生の記事で。
c0058954_21571004.jpg
77年来日時のミュージック・ライフ記事。
c0058954_21571795.jpg
その後。
c0058954_21572573.jpg



参考までに。








by zappapa | 2018-06-18 22:06 | 今日の1册 | Comments(0)