<   2018年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧

アドルフ・ロース関連 #8 (JZ)

ロースの続きです。今回は、照明器具です。ペンダントですが、1900年から1905年辺りにデザイしたもののようです。幾つかの作品で使われたようです。正12面体でローマ時代の正12面体のオブジェを思い出してしまいます。
c0058954_22454256.jpg
c0058954_22455098.jpg
ローマ時代の正12面体。
c0058954_22460142.jpg
参考までに。





by zappapa | 2018-02-22 22:48 | 今日の1品 | Comments(0)

アドルフ・ロース関連 #7 (JZ)

カフェ・ミュージアムの続きです。テーブルに合わせたイスの方です。アドルフ・ロースによるデザイン(1899年)です。トーネットの伝統技術の流れが、あるように思われます。背のデザインは、座の形状を写しスケルトンで表したような印象です。テーブルは、四角だけでなく丸のものもあったようです。

c0058954_22370882.jpg
c0058954_22371626.jpg
参考までに。



by zappapa | 2018-02-21 22:39 | 今日の1品 | Comments(0)

アドルフ・ロース関連 #6 (JZ)

オークション関連です。ロースの初期の作品です。カフェ・ミューゼアム用のコーヒー・テーブルです。曲げ木の脚で底にメタルのキャップが施されています。天板は、白っぽいマーブル。エッジの古典的なモールディングのトリミングがされています。どっしりとした構造からは、様式的な強さは見当らない印象です。カフェのインテリアも彼の作品有名ですが、カラー写真もあるのでもしかしたら再現されたのかもしれません。
c0058954_23074152.jpg
c0058954_23074984.jpg
c0058954_23081638.jpg
参考までに。



by zappapa | 2018-02-20 23:09 | 今日の1品 | Comments(0)

ARGERICH & BARENBOIN (JZ)

アルゲリッチとダイエル・バレンボイムによるピアノ二重奏です。最初バレンボイム指揮でのオーケストラものか?と思いました。母国での演奏は、最後に観衆の拍手の激しさで暖かく迎えられたように思われます。円熟した落ち着きが溢れる素晴らしい内様に大満足です。このアルバム以外にもこの演奏会のものが出ているようなので是非出会いたいです。演奏は、2014年8月のようです。
c0058954_22482366.jpg
c0058954_22483133.jpg
c0058954_22483792.jpg
c0058954_22484390.jpg
c0058954_22484935.jpg
c0058954_22485566.jpg
c0058954_22490094.jpg
c0058954_22490696.jpg
c0058954_22491190.jpg
c0058954_22491790.jpg
c0058954_22492395.jpg
c0058954_22492944.jpg
c0058954_22493476.jpg
c0058954_22494034.jpg
c0058954_22494692.jpg
c0058954_22495207.jpg
参考までに。





by zappapa | 2018-02-16 22:54 | 今日の1枚 | Comments(0)

アドルフ・ロース関連 (5)

オークション関連です。カフェ・カプアのコート掛けの家具です。彼がデザインしたものです。オリジナルは、キャスト・アイアンのようです。リプリカでは、ブラス色の華やかなものがでているようです。1913年の制作です。正方形のデザインが、基本のようです。柱頭のモールディングが、アクセントで付いています。
c0058954_22374573.jpg
c0058954_22375158.jpg
CAFE CAPUA です。
c0058954_22383133.jpg
レプリカ。
c0058954_22383673.jpg
参考までに。



by zappapa | 2018-02-15 22:40 | 今日の1品 | Comments(0)

アドルフ・ロース関連 #4 (JZ)

オークション関連です。ロースの肘掛け椅子です。今日のものは、豪華な印象です。クッションのエンドにクラシカルなエレメントもあります。脚に横材も付きゆったり感に溢れています。1906年のものです。
c0058954_22555085.jpg
c0058954_22555799.jpg
c0058954_22560378.jpg
参考までに。





by zappapa | 2018-02-14 22:58 | 今日の1品 | Comments(0)

アドルフ・ロース関連 #3 (JZ)

オークション関連です。ロースのテーブルです。8本もの脚でまるでタコ足のような不思議な姿です。テーブル・トップは、円形に近いですが、8つの円弧でバラ窓的な装飾的装いです。2段のテーブルです。脚は、半円の蛙股のような不思議な構造です。1901年制作のようです。
c0058954_22473893.jpg
c0058954_22474788.jpg
c0058954_22475452.jpg
参考の日本建築の組み手です。
c0058954_22480676.jpg
c0058954_22481275.jpg
c0058954_22484648.jpg
参考までに。



by zappapa | 2018-02-13 22:50 | 今日の1品 | Comments(0)

アドルフ・ロース関連 #2 (JZ)

オークション関連です。アドルフ・ロースが、使った肘掛イスです。ウィーンのゴールドマン・サラッチ・会社のインテリアでだそうです。時期が、1910年です。多分ミカエル・プラッツという有名な建物の中のインテリアだと思われます。以前にロースの作品集を紹介した時には、住宅内と表示しましたが、どうやらこの会社のインテリアですからミカエル・プラッツかもしれません。

c0058954_23005701.jpg
c0058954_23011511.jpg
c0058954_23012547.jpg
c0058954_23040059.jpg
ミカエル・プラッツ。
c0058954_23041623.jpg
c0058954_23042715.jpg
参考までに。





by zappapa | 2018-02-12 23:07 | 今日の1品 | Comments(0)

LINO TAGLIAPIETRA #7 (JZ)

リーノ・タリアピエトラの続きです。今日の作品は、彫刻的です。ガラスとは思えないテクスチャーとディテールです。半分は、ファブリックで作ったような感じです。1999年の制作です。
c0058954_22590096.jpg
c0058954_22590857.jpg
c0058954_22591340.jpg
c0058954_22591980.jpg
参考までに。




by zappapa | 2018-02-09 23:00 | 今日の1品 | Comments(0)

LINO TAGLIAPIETRA #6 (JZ)

リーノ・タリアピエトラの続きです。今日紹介する作品は、焼き物のような雰囲気もあります。ガラスの形が、仕上がってから色を付けたような感じにも見えます。ところが、水平に走るラインでそれらが、カットされているようにも見え製作工程が、全く見えない所に隠された技があるようです。同じく1997年の作品です。
c0058954_22423447.jpg
c0058954_22424225.jpg
c0058954_22425641.jpg
c0058954_22431785.jpg
c0058954_22432544.jpg
参考までに。




by zappapa | 2018-02-08 22:44 | 今日の1品 | Comments(0)