<   2018年 02月 ( 19 )   > この月の画像一覧

ミュシャの装飾品 (JZ)

ミュージアムVMFA の新しい所蔵の作品からです。ミュッシャの珍しい装飾品です。こういった作品もあるんですね。時期は、1900年頃。アール・ヌーヴォー的な時期ですが、シンメトリーな金属加工で固い印象です。彼の絵柄の方が、髪がなびきヌーヴォー的です。バロック・パールとうたわれた真珠も魅力的です。
c0058954_22360188.jpg
c0058954_22360912.jpg
c0058954_22361515.jpg
c0058954_22362031.jpg
c0058954_22362662.jpg
参考までに。





by zappapa | 2018-02-28 22:38 | 今日の1品 | Comments(0)

TROPHIME BIGOT (JZ)

オークション関連です。発音が定かではありませんが、フランスの画家トロフィーム・ビゴーの1枚を紹介します。ローマで活躍した人のようです。カラヴァッジョかれの影響で限られた光でのドラマチックな場面を創り上げる方法を取っています。同時期で同じスタイルでは、ラ・トゥールが、有名です。どちらもランタンの炎を上手く使っています。今回のものもそのような設定です。自室で壁にキリスト像の十字架が、掛けられています。炎以外に光源がないとこのような見えがかりにはならないようにも思われますが、独特のスタイルが、何故か納得させてくれます。紹介に内様に連作のような似たものが紹介されています。こちらも魅力的です。
c0058954_22370250.jpg
c0058954_22370825.jpg
c0058954_22371490.jpg
c0058954_22371908.jpg
c0058954_22373151.jpg
c0058954_22374139.jpg
c0058954_22374693.jpg
c0058954_22375211.jpg
c0058954_22380657.jpg
c0058954_22381249.jpg
彼の他の作品。
c0058954_22402372.jpg
ラ・トゥールの作品。
c0058954_22403400.jpg
c0058954_22403997.jpg
参考までに。





by zappapa | 2018-02-27 22:43 | 今日の1枚 | Comments(0)

PROVASI (JZ)

雑誌の広告で見つけた1枚です。ラグジュアリーな家具を製作しているイタリアのブランドのようです。場所は、ミラノから北のセレーニョという場所にあるようです。その広告ですが、彼らの家具が、あるパラッツオの中で写真に収まっています。その建物、インテリアにむしろ興味が、向きました。何処でしょうか?見慣れないものです。ただ、白と黒、2色によるモザイクで装飾されています。床は、玉砂利のような大きいものでのものです。トリノなどで見かけたことがあるスタイルの床仕上げです。一部の壁や天井で色が、薄いものが見えます。もしかするとそれらが、オリジナルの部分であり、他の多くは、それに則り修復された姿なのかもしれません。天井の一部で装飾にアクセントの色や天井画での色のある世界が見えます。何とも美しく不思議な場所です。
c0058954_22592718.jpg
c0058954_22593435.jpg
c0058954_22594237.jpg
c0058954_22594748.jpg
c0058954_22595139.jpg
c0058954_22595684.jpg
c0058954_23000089.jpg
参考までに。




by zappapa | 2018-02-26 23:02 | 今日の思い付き | Comments(0)

ARGERICH / RACHMANINOFF 3 (JZ)

アルゲリッチのアルバムです。今回は、ラフマニノフの3番です。録音は、ベルリンで1982年12月です。指揮は、リッカルド・シャイーです。また、チャイコフスキーのピアノ・コンチェルト1番も入っています。こちらは、ミュンヘンで1980年2月。指揮は、キリル・コンドラシン。ラスマニノフの代表作で素晴らしい内様をまた彼女らしく堂々と弾きこなし嬉しいの一言。じっくり楽しんで行きたいです。
c0058954_22343241.jpg
c0058954_22344033.jpg
c0058954_22344761.jpg
参考までに。






by zappapa | 2018-02-23 22:36 | 今日の1枚 | Comments(0)

アドルフ・ロース関連 #8 (JZ)

ロースの続きです。今回は、照明器具です。ペンダントですが、1900年から1905年辺りにデザイしたもののようです。幾つかの作品で使われたようです。正12面体でローマ時代の正12面体のオブジェを思い出してしまいます。
c0058954_22454256.jpg
c0058954_22455098.jpg
ローマ時代の正12面体。
c0058954_22460142.jpg
参考までに。





by zappapa | 2018-02-22 22:48 | 今日の1品 | Comments(0)

アドルフ・ロース関連 #7 (JZ)

カフェ・ミュージアムの続きです。テーブルに合わせたイスの方です。アドルフ・ロースによるデザイン(1899年)です。トーネットの伝統技術の流れが、あるように思われます。背のデザインは、座の形状を写しスケルトンで表したような印象です。テーブルは、四角だけでなく丸のものもあったようです。

c0058954_22370882.jpg
c0058954_22371626.jpg
参考までに。



by zappapa | 2018-02-21 22:39 | 今日の1品 | Comments(0)

アドルフ・ロース関連 #6 (JZ)

オークション関連です。ロースの初期の作品です。カフェ・ミューゼアム用のコーヒー・テーブルです。曲げ木の脚で底にメタルのキャップが施されています。天板は、白っぽいマーブル。エッジの古典的なモールディングのトリミングがされています。どっしりとした構造からは、様式的な強さは見当らない印象です。カフェのインテリアも彼の作品有名ですが、カラー写真もあるのでもしかしたら再現されたのかもしれません。
c0058954_23074152.jpg
c0058954_23074984.jpg
c0058954_23081638.jpg
参考までに。



by zappapa | 2018-02-20 23:09 | 今日の1品 | Comments(0)

ARGERICH & BARENBOIN (JZ)

アルゲリッチとダイエル・バレンボイムによるピアノ二重奏です。最初バレンボイム指揮でのオーケストラものか?と思いました。母国での演奏は、最後に観衆の拍手の激しさで暖かく迎えられたように思われます。円熟した落ち着きが溢れる素晴らしい内様に大満足です。このアルバム以外にもこの演奏会のものが出ているようなので是非出会いたいです。演奏は、2014年8月のようです。
c0058954_22482366.jpg
c0058954_22483133.jpg
c0058954_22483792.jpg
c0058954_22484390.jpg
c0058954_22484935.jpg
c0058954_22485566.jpg
c0058954_22490094.jpg
c0058954_22490696.jpg
c0058954_22491190.jpg
c0058954_22491790.jpg
c0058954_22492395.jpg
c0058954_22492944.jpg
c0058954_22493476.jpg
c0058954_22494034.jpg
c0058954_22494692.jpg
c0058954_22495207.jpg
参考までに。





by zappapa | 2018-02-16 22:54 | 今日の1枚 | Comments(0)

アドルフ・ロース関連 (5)

オークション関連です。カフェ・カプアのコート掛けの家具です。彼がデザインしたものです。オリジナルは、キャスト・アイアンのようです。リプリカでは、ブラス色の華やかなものがでているようです。1913年の制作です。正方形のデザインが、基本のようです。柱頭のモールディングが、アクセントで付いています。
c0058954_22374573.jpg
c0058954_22375158.jpg
CAFE CAPUA です。
c0058954_22383133.jpg
レプリカ。
c0058954_22383673.jpg
参考までに。



by zappapa | 2018-02-15 22:40 | 今日の1品 | Comments(0)

アドルフ・ロース関連 #4 (JZ)

オークション関連です。ロースの肘掛け椅子です。今日のものは、豪華な印象です。クッションのエンドにクラシカルなエレメントもあります。脚に横材も付きゆったり感に溢れています。1906年のものです。
c0058954_22555085.jpg
c0058954_22555799.jpg
c0058954_22560378.jpg
参考までに。





by zappapa | 2018-02-14 22:58 | 今日の1品 | Comments(0)