カテゴリ:今日の1枚( 1384 )

アリシア・デ・ラローチャ 再び(JZ)

アリシャ・デ・ラローチャのモーツアルトです。以前にも別の曲を紹介しました。今回もリラックスして楽しめる美しくやさしいリズムの彼女の世界に満足です。
c0058954_21332931.jpg
c0058954_21333776.jpg
参考までに。





by zappapa | 2018-09-14 21:36 | 今日の1枚 | Comments(0)

RAINBOW BRIDGE CONCERT (JZ)

今週は、台風21号と北海道の大地震と恐ろしい天災に慄くばかりです。早い復興を心から願っています。さて、ジミ・ヘンのレインボウ・ブリッジの2枚組み盤を入手しました。映画用でのサントラ盤は、1枚の内様でしたが、これは、一応2回のショーを一通り入れたものです。ライブですが、拍手など一切カットされていて編集時に何か契約などの理由でこのような編集にならざるおえなかったのか?との思いも出てきます。それでも有りがたいです。初めて聴く音源が、半分あります。グラフィックでも写真が、使えなかったのか?定かではありませんが、イラストで処理していますが、それなりに凝ったもので面白いです。
c0058954_21404103.jpg
c0058954_21404838.jpg
c0058954_21405495.jpg
c0058954_21410167.jpg
c0058954_21410752.jpg
c0058954_21411384.jpg
c0058954_21412416.jpg
c0058954_21412975.jpg
c0058954_21413497.jpg
c0058954_21414085.jpg
c0058954_21414692.jpg
c0058954_21415041.jpg
c0058954_21415623.jpg
参考までに。




by zappapa | 2018-09-07 21:44 | 今日の1枚 | Comments(0)

GEORGE HARISSON (JZ)

先日出会ったジョージの最後のアルバムが、素晴らしいものだったので、このアルバムもと見つけて入手しました。1979年2月にリリースされたものです。ウィキペディアだといろいろプライベートでの幸せの方向に変化した時期のようです。全体にジョージの世界ですが、良いものと惰性で組み込まれたような無駄のあるような印象の曲もあるようですが、むしろ隠せずに出てしまう辺りが、彼らしいのかもしれません。最初CDジャケットの背にDARK HORSE とあるのでアルバム・タイトルと間違えました。DARK HORSE は、レーベルですね。
c0058954_21322539.jpg
c0058954_21323318.jpg
c0058954_21323980.jpg
c0058954_21324566.jpg
c0058954_21325955.jpg
c0058954_21330551.jpg
c0058954_21331181.jpg
参考までに。





by zappapa | 2018-08-31 21:43 | 今日の1枚 | Comments(0)

ZAPPAtite (JZ)

ザッパ先生の曲の寄せ集め盤のCD、ZAPPAtite を手に入れました。ユニヴァーサルから出ています。選曲は、次男のアーメットのようです。元々寄せ集め盤は、特別に興味が、ある訳ではないにですが、出会いがありました。思ったより上手な選曲と曲の流れの良さにちょっと満足です。グラフィックでザッパ先生が、レストランで食べたであろうメニューを写真とメニュー名まで入れて仕上げている辺りは、物語風で面白いです。2016年に出たようです。
c0058954_21294382.jpg
c0058954_21295577.jpg
c0058954_21314719.jpg
c0058954_21301757.jpg
c0058954_21302403.jpg
c0058954_21303033.jpg
c0058954_21305273.jpg
c0058954_21304272.jpg
c0058954_21310892.jpg
c0058954_21311911.jpg
c0058954_21312743.jpg
c0058954_21313934.jpg
参考までに。



by zappapa | 2018-08-23 21:35 | 今日の1枚 | Comments(0)

ALBRECHT DURER (JZ)

オークション関連です。デューラーの版画です。沢山あるなかからこの1枚を選びました。ポントルモの作品が、彼の版画の影響を受けた話があります。今回のものも、ちょっとそういった1枚のような印象です。以前もっと影響を受けたものがあったと思いますが、参考になるようなものは、見つかりませんでした。全体の雰囲気の共通性ぐらいにしておきましょう。
c0058954_21573962.jpg
c0058954_21574615.jpg
c0058954_21575386.jpg
c0058954_21575864.jpg
ポントルモの作品。
c0058954_21580911.jpg
その他の例。
c0058954_21581632.jpg
参考までに。




by zappapa | 2018-08-14 22:00 | 今日の1枚 | Comments(0)

NICOLO BOLDRINI (JZ)

オークション関連からです。ニッコロ・ボルドリーニの版画です。1523-35年ということですから彼が、未だ23か25歳です。若い時期にこのようなテクニックを習得し活躍していたとは、驚きです。タイトルは、ラオコーンのカリカチュア(誇張した表現)となっています。ラオコーンは、紀元前42年かえあ20年辺りの作ではといわれているようです。ヘレニスティック・スタイルでしょう。1506年に出土、発見されたようでミケランジェロも感銘しその後の作品に影響が出たほどのものです。そのニュースから17,8年後にこのような版画として出ていたのでした。人が、猿人となっています。画像からだけでは、どうしてこのようなアレンジがされたのかが、定かではありません。それにしても強烈な印象だけは、オリジナルに繋がるものがあります。版画及び出版が、進んでいたヴェネチアです。
c0058954_21491558.jpg
c0058954_21490351.jpg
c0058954_21493182.jpg
c0058954_21494481.jpg
c0058954_21495039.jpg
反転したもの。
c0058954_21502227.jpg
オリジナル。現在の修復のもの。
c0058954_21510234.jpg
以前に間違って修復したもの。手が違います。
c0058954_21511391.jpg
後ろからの姿。
c0058954_21512940.jpg
ウィリアム・ブレイクが、皮肉った彼の作品。
c0058954_21544597.jpg
参考までに。





by zappapa | 2018-08-13 21:56 | 今日の1枚 | Comments(0)

ARGERICH / MAISKY - ROBERT SCHUMANN (JZ)

アルゲリッチのアルバムです。今回は、MISCHA MAISKY との競演ものです。以前紹介した時のものは、クレーメルも入ったものでした。ゆったりとした雰囲気です。チェロが、素敵です。アルゲリッチは、伴奏に徹しているのがちょっと残念です。
c0058954_21340638.jpg
c0058954_21341360.jpg
c0058954_21341970.jpg
c0058954_21342594.jpg
c0058954_21344056.jpg
c0058954_21343172.jpg
参考までに。






by zappapa | 2018-08-10 21:40 | 今日の1枚 | Comments(0)

SHEENA & THE ROKKETS (JZ)

SHEENA & THE ROKKETS のアルバム、#9とROKKET SIZE というのを紹介します。最近、彼らの名前や歌などに出会う機会が、いろいろありました。最初は、今の朝ドラ、”半分、青い”で主人公たちが、彼らの歌を口ずさんだのが始りです。その後、NHK九州でSHEENA & THE ROKKETS のドラマ化されたのを見ました。このSHEENAを演じているのが、石橋静河で、”半分、青い”にも出ています。また石橋静河の父親が、石橋凌で同じく明太ロックのARBで活躍したことで有名です。ドラマ完成発表時にROKKETS の鮎川誠さんが、元気にお話をされていたのも印象的です。更にピーター・バラガンと鮎川氏の対談ラジオ番組を聞いて鮎川氏が、ロカビリーやブルースを聴いて育った経歴に惚れ込みました。そこでうちにあったLPをデジタル化してCD盤を計2枚作成しました。それが、#9 とROKKET SIZE です。日本に出張時にレコード店で見つけたものでしたが、今回が、初めて聞くという間抜けな出会いです。作曲の力、演奏のヴァリエーションなど印象的な音楽で楽しみました。しっかりした教養からでしょうか、ハズレるような方向がなく魅力的です。いまだに鮎川氏は、カッコイイですね。
c0058954_21481435.jpg
c0058954_21482601.jpg
参考までに。









by zappapa | 2018-08-09 21:52 | 今日の1枚 | Comments(0)

JOHN LENNON DAKOTA CD4 (JZ)

ジョンの4枚組みアンソロジーの最後の4枚目です。ダコタ・アパートの時代(最後)の音源です。息子ショーンが、生まれてから主夫をしていたので音楽は、ずっと控えてきましたが、少し手が掛からない時期からようやく音楽に復帰してきます。されど魔の手に罹り亡くなってしまいます。その短い79,80年の頃のものです。今までの3枚に比べてよりプライベートさが、深い音源です。
c0058954_21293869.jpg
c0058954_21295198.jpg
c0058954_21295759.jpg
c0058954_21300617.jpg
c0058954_21301342.jpg
c0058954_21301957.jpg
c0058954_21321287.jpg
c0058954_21321985.jpg
c0058954_21322772.jpg
c0058954_21323487.jpg
c0058954_21324002.jpg
参考までに。






by zappapa | 2018-08-03 21:37 | 今日の1枚 | Comments(0)

JOHN LENNON THE LOST WEEKEND CD3 (JZ)

ジョンの4枚組みアンソロジーの3枚目、THE LOST WEEKEND です。今回のものは、アルバム、WALL & BRIDGES と ROCK'N'ROLL の時期(1973年から1975年辺り)となります。貴重な内様ばかりで嬉しいやら驚くやらです。オフィシャル盤と演奏スタイルが違っても彼の歌声、歌唱力の素晴らしさに感動です。
c0058954_20333104.jpg
c0058954_20333769.jpg
c0058954_20334589.jpg
c0058954_20335126.jpg
c0058954_20335776.jpg
c0058954_20340952.jpg
c0058954_20350693.jpg
参考までに。








by zappapa | 2018-07-27 20:39 | 今日の1枚 | Comments(0)