カテゴリ:今日の1品( 220 )

アドルフ・ロース関連 #6 (JZ)

オークション関連です。ロースの初期の作品です。カフェ・ミューゼアム用のコーヒー・テーブルです。曲げ木の脚で底にメタルのキャップが施されています。天板は、白っぽいマーブル。エッジの古典的なモールディングのトリミングがされています。どっしりとした構造からは、様式的な強さは見当らない印象です。カフェのインテリアも彼の作品有名ですが、カラー写真もあるのでもしかしたら再現されたのかもしれません。
c0058954_23074152.jpg
c0058954_23074984.jpg
c0058954_23081638.jpg
参考までに。



by zappapa | 2018-02-20 23:09 | 今日の1品 | Comments(0)

アドルフ・ロース関連 (5)

オークション関連です。カフェ・カプアのコート掛けの家具です。彼がデザインしたものです。オリジナルは、キャスト・アイアンのようです。リプリカでは、ブラス色の華やかなものがでているようです。1913年の制作です。正方形のデザインが、基本のようです。柱頭のモールディングが、アクセントで付いています。
c0058954_22374573.jpg
c0058954_22375158.jpg
CAFE CAPUA です。
c0058954_22383133.jpg
レプリカ。
c0058954_22383673.jpg
参考までに。



by zappapa | 2018-02-15 22:40 | 今日の1品 | Comments(0)

アドルフ・ロース関連 #4 (JZ)

オークション関連です。ロースの肘掛け椅子です。今日のものは、豪華な印象です。クッションのエンドにクラシカルなエレメントもあります。脚に横材も付きゆったり感に溢れています。1906年のものです。
c0058954_22555085.jpg
c0058954_22555799.jpg
c0058954_22560378.jpg
参考までに。





by zappapa | 2018-02-14 22:58 | 今日の1品 | Comments(0)

アドルフ・ロース関連 #3 (JZ)

オークション関連です。ロースのテーブルです。8本もの脚でまるでタコ足のような不思議な姿です。テーブル・トップは、円形に近いですが、8つの円弧でバラ窓的な装飾的装いです。2段のテーブルです。脚は、半円の蛙股のような不思議な構造です。1901年制作のようです。
c0058954_22473893.jpg
c0058954_22474788.jpg
c0058954_22475452.jpg
参考の日本建築の組み手です。
c0058954_22480676.jpg
c0058954_22481275.jpg
c0058954_22484648.jpg
参考までに。



by zappapa | 2018-02-13 22:50 | 今日の1品 | Comments(0)

アドルフ・ロース関連 #2 (JZ)

オークション関連です。アドルフ・ロースが、使った肘掛イスです。ウィーンのゴールドマン・サラッチ・会社のインテリアでだそうです。時期が、1910年です。多分ミカエル・プラッツという有名な建物の中のインテリアだと思われます。以前にロースの作品集を紹介した時には、住宅内と表示しましたが、どうやらこの会社のインテリアですからミカエル・プラッツかもしれません。

c0058954_23005701.jpg
c0058954_23011511.jpg
c0058954_23012547.jpg
c0058954_23040059.jpg
ミカエル・プラッツ。
c0058954_23041623.jpg
c0058954_23042715.jpg
参考までに。





by zappapa | 2018-02-12 23:07 | 今日の1品 | Comments(0)

LINO TAGLIAPIETRA #7 (JZ)

リーノ・タリアピエトラの続きです。今日の作品は、彫刻的です。ガラスとは思えないテクスチャーとディテールです。半分は、ファブリックで作ったような感じです。1999年の制作です。
c0058954_22590096.jpg
c0058954_22590857.jpg
c0058954_22591340.jpg
c0058954_22591980.jpg
参考までに。




by zappapa | 2018-02-09 23:00 | 今日の1品 | Comments(0)

LINO TAGLIAPIETRA #6 (JZ)

リーノ・タリアピエトラの続きです。今日紹介する作品は、焼き物のような雰囲気もあります。ガラスの形が、仕上がってから色を付けたような感じにも見えます。ところが、水平に走るラインでそれらが、カットされているようにも見え製作工程が、全く見えない所に隠された技があるようです。同じく1997年の作品です。
c0058954_22423447.jpg
c0058954_22424225.jpg
c0058954_22425641.jpg
c0058954_22431785.jpg
c0058954_22432544.jpg
参考までに。




by zappapa | 2018-02-08 22:44 | 今日の1品 | Comments(0)

LINO TAGLIAPIETRA #5 (JZ)

リーノ・タリアピエトラの続きです。今日の作品も実に繊細です。鳥の羽根のような美しい流れです。半分透かして見える流れの重なりが、見事なハーモニーを作っています。1997年制作です。
c0058954_22234889.jpg
c0058954_22235587.jpg
c0058954_22240119.jpg
c0058954_22240615.jpg
参考までに。




by zappapa | 2018-02-07 22:25 | 今日の1品 | Comments(0)

LINO TAGLIAPIETRA #3 (JZ)

リーノ・タリアピエトラの作品の続きです。今日のものも驚きの一言。どうなっているのか?分かりませんが、渦の複雑な流れと幾何学的リズムが、一致した見事な模様。全体の美しい形状。驚くばかりです。
c0058954_22291929.jpg
c0058954_22292412.jpg
c0058954_22292920.jpg
c0058954_22293440.jpg
参考までに。




by zappapa | 2018-01-31 22:30 | 今日の1品 | Comments(0)

LINO TAGLIAPIETRA #2 (JZ)

オークション関連です。リーノ・タリアピエトラの作品の続きです。とにかく美しいです。繊細でテクニカルの奇跡のような姿です。1997年の作です。
c0058954_22484251.jpg
c0058954_22490008.jpg
c0058954_22485263.jpg
c0058954_22490872.jpg
参考までに。




by zappapa | 2018-01-30 22:52 | 今日の1品 | Comments(0)