カテゴリ:今日の1品( 292 )

エゴン・シーレ #2 (JZ)

エゴン・シーレの彫刻です。以前に紹介したものと同じかもしれませんが、写真が違うので再度載せます。制作が、1917年と以前と同じです。前回のが、279/300 でしたが、今回のは、282/300 です。気持ち老けた印象のマスクです。
c0058954_22585207.jpg
c0058954_22585898.jpg
c0058954_23001562.jpg
参考までに。




by zappapa | 2019-01-28 23:00 | 今日の1品 | Comments(0)

GIACOMO BALLA (JZ)

イタリア未来派の画家ジャコモ・バッラの珍しい家具の作品です。以前にもオークション関連で見たことがあります。幾つか制作しているのでしょう。タイトルは、ユニークな化粧台です。古典的モティーフを単純化しデフォルメさせて新たなるデザインへと変化させています。何処かサーカスなどの見世物的だったり劇場的なハレの世界に近い印象を受けます。最上部や最下部が、鋭角であるのがリズムの強調のようです。1918年の作です。
c0058954_22462310.jpg
c0058954_22465841.jpg
c0058954_22470712.jpg
c0058954_22471496.jpg
c0058954_22472414.jpg
c0058954_22473339.jpg
c0058954_22474167.jpg
c0058954_22474825.jpg
c0058954_22475499.jpg
参考までに。




by zappapa | 2019-01-14 22:49 | 今日の1品 | Comments(0)

EMILE-JACQUES RUHLMANN (JZ)

EMILE-JACQUES-RUHLMANN の照明器具です。1930年頃のものです。彼は、フランスの有名なインテリア、ファーニチャー・デザイナーです。アール・デコ期の素晴らしい家具をデザインしています。今回の照明も天井から吊ったもので実に美しいです。多分、彼が、最初か、最も早い時期に完成したスタイルではないかと思います。アラバスター、メタルのディテールが、実に美しいです。また、何故四隅を柱のような収め方をしたのか?など謎めいているところにも魅力を感じます。アラバスターの上部に薄く外に広がるディテールも凝っています。タッセルの使い方も独特です。当時のインテリアのアレンジが、見事です。
c0058954_22545732.jpg
c0058954_22550709.jpg
c0058954_22551548.jpg
c0058954_22562238.jpg
参考までに。




by zappapa | 2019-01-10 22:57 | 今日の1品 | Comments(0)

ペリアンの棚関連 #8 (JZ)

ペリアンの久々の棚の作品です。以前に紹介したものは、1950年代のものです。今回のものは、1948年です。ピエール・ジャンヌレとの共作です。色合いが、黒っぽいステインの仕上げでしょうか、渋い仕上げです。キャンティレバーの効いた強いメッセージを見せています。垂直材が、太めでアクセントにもなっています。
c0058954_22532763.jpg
c0058954_22533841.jpg
c0058954_22534948.jpg
c0058954_22535575.jpg
c0058954_22540132.jpg
参考までに。






by zappapa | 2019-01-08 22:57 | 今日の1品 | Comments(0)

ヨゼフ・ホフマン関連 (JZ)

2019年最初の投稿です。正月気分も終え新たな思いです。さて、今回のものは、ウィーン・ゼセッションのヨゼフ・ホフマンのお茶のためのポット類です。1922年にデザインされたもののようです。もう手に入らない材料の象牙が、実に見事にデザインされています。お茶のポット。ミルクのピッチャー。お砂糖入れと砂糖をつかむ道具。それらを乗せるトレーノ5点セットのようです。優雅な姿は、見事です。
c0058954_22515841.jpg
c0058954_22520655.jpg
c0058954_22521245.jpg
c0058954_22522077.jpg
c0058954_22523023.jpg
c0058954_22523684.jpg
c0058954_22524329.jpg
c0058954_22525256.jpg
c0058954_22530111.jpg
c0058954_22530820.jpg
c0058954_22531714.jpg
c0058954_22532821.jpg
参考までに。



by zappapa | 2019-01-07 22:55 | 今日の1品 | Comments(0)

JEAN PROUVE (JZ)

オークション関連からです。フランスの建築家で家具デザイナーのジャン・プルーヴェの作品を紹介します。彼の作った椅子です。メタルと木とファブリックによるものです。学校などで使われるようなインダストリアルなデザインのものが多いですが、これも同列です。ゆったりとしたものです。参考に載っていた資料が、なんと漫画タンタンの冒険のあるシーンです。レストランかカフェでアクシデントが起こり大騒ぎの内容です。このインテリアで使われているのが、何とこのジャン・プルーヴェの椅子です。丁寧に描かれています。時期は、分かりませんが、椅子製作が、1948年ですから漫画も戦後ですね。
c0058954_22370151.jpg
c0058954_22373424.jpg
c0058954_22374043.jpg
c0058954_22374871.jpg
c0058954_22375479.jpg
c0058954_22380062.jpg
c0058954_22380954.jpg
c0058954_22381694.jpg
c0058954_22382295.jpg
c0058954_22382933.jpg
c0058954_22383494.jpg
参考までに。





by zappapa | 2018-12-27 22:46 | 今日の1品 | Comments(0)

ダリの彫刻 #3 (JZ)

オークション関連からです。ダリの彫刻の一品です。バイオリンに人の胴体のようなヴォリュームを付け、頭部は、牛らしい頭部の骨と花のようなものとの組み合わせです。背面の写真がないので詳しくは、分かりません。それでも不思議な存在感の姿を見せています。牛の骨は、古代ギリシャ・ローマの装飾でよく知られています。このありえない組み合わせが、ダリ式のオリジナル創作です。
c0058954_22383825.jpg
c0058954_22384660.jpg
c0058954_22385417.jpg
参考までに。





by zappapa | 2018-12-06 22:41 | 今日の1品 | Comments(0)

古代ローマの指輪関連 #4 (JZ)

古代ローマの指輪関連です。今回のものも紀元前1世紀から紀元後1世紀辺りのものです。宝石の廻りは、現代にペンダントとして作成されたものです。男性が、踊っている全身が、彫られています。素晴らしいテクニックです。鎖は、古代風にあしらわれています。
c0058954_22502830.jpg
c0058954_22503780.jpg
c0058954_22505586.jpg
c0058954_22504853.jpg
c0058954_22510962.jpg
c0058954_22511622.jpg

by zappapa | 2018-11-29 22:52 | 今日の1品 | Comments(0)

古代ローマの指輪関連 #3 (JZ)

古代ローマの指輪関連の続きです。今日のものは、ペンダントです。赤い宝石には、太陽神のアポロの横顔が刻まれています。金とダイアモンドでのフレームは、現代の後付のもののようです。抜群のテクニックで彫られています。
c0058954_22405018.jpg
c0058954_22405720.jpg
c0058954_22412404.jpg
参考までに。



by zappapa | 2018-11-21 22:42 | 今日の1品 | Comments(0)

古代ローマの指輪関連 #2 (JZ)

古代ローマの指輪関連です。今日のものは、紀元前1世紀から紀元後1世紀辺りのものです。前回と同じく赤い宝石が、金の指輪に収まっています。横顔は、ソクラテスです。髪や髭のディテールもプロフィールも見事です。
c0058954_22301027.jpg
c0058954_22302476.jpg
参考までに。



by zappapa | 2018-11-20 22:31 | 今日の1品 | Comments(0)