カテゴリ:今日の1品( 259 )

CARLO BUGATTI (JZ)

もうひとつトンボのデザインが、入ったアール・ヌーヴォーの作品を紹介します。イタリアのカルロ・ブガッティのものです。彼は、アール・ヌーヴォーの時期ですが、ちょっとイスラミック的な異国風なモチーフが、強い家具を制作しています。今回のは、シルバーのお皿です。卵のような楕円とトンボのデザインが、美しくまとめあげられています。左右対称の結晶のような完成度です。写真は、皿の下部から撮ったようで90度回転させると歪んで見えます。最初の写真だけでは、分かりませんでしたが、目の錯覚とは、不思議なものです。
c0058954_21385461.jpg
c0058954_21390501.jpg
c0058954_21391173.jpg
c0058954_21391604.jpg
90度回転させた状態のもの。
c0058954_21393467.jpg
c0058954_21394033.jpg
彼の家具のスタイル。
c0058954_21394797.jpg
参考までに。



by zappapa | 2018-08-08 21:41 | 今日の1品 | Comments(0)

ALESSANDRO MAZZUCOTELLI (JZ)

オークション関連からです。先日ガレの木工作品でバルタン星人のようなトンボをモチーフにしたアール・ヌーボー期の作品を紹介しましたが、今回の作品もトンボが、モチーフで同じくアール・ヌーヴォー期の作品です。こちらは、照明器具であり鉄の加工品です。イタリアのアレッサンドロ・マズッコテッリのクラフト作品です。下部にランタンのガラスのボウルがあったようですが、なくなっています。色合いや形状から花柄中心のグラスゴーのアール・ヌーヴォーのマッキントッシュ辺りのグループに近いような印象です。
c0058954_22024738.jpg
c0058954_22025376.jpg
c0058954_22025831.jpg
c0058954_22030364.jpg
彼の類似の作品など。
c0058954_22031516.jpg
c0058954_22032160.jpg
c0058954_22032751.jpg
グラスゴー派の作品。
c0058954_22033256.jpg
参考までに。





by zappapa | 2018-08-07 22:07 | 今日の1品 | Comments(0)

ガレの木工 #9 (JZ)

ガレの作品の続きです。今日のものは、収納棚のキャビネットです。最上部のパネルは、今までに紹介したテーブルと同じように四隅が、円弧で張り出している装いです。上部収納の正面は、縦3面に薄いアーチ・フレームで区切られています。サイドは、装飾カットの腰壁です。風通しの良い感じです。その下部に薄い引き出しが、あります。最下部は、収納扉とその上部は、フラット・アーチの開口部です。花や蝶の象嵌もいたる所にちりばめられています。ガラス・パネルが嵌め込まれたら完成のようにも思えてきます。アール・ヌーヴォーのガラス器で有名な彼だからガラスと木のコラボレーションの作品があっても良いのでは?との思いもします。
c0058954_21472328.jpg
c0058954_21472832.jpg
c0058954_21473499.jpg
c0058954_21474294.jpg
参考までに。



by zappapa | 2018-08-02 21:48 | 今日の1品 | Comments(0)

ガレの木工 #8 (JZ)

ガレの作品が、続きます。今日のものは、同じくテーブルですが、シンプルで仕切りなどのアイテムなどもなく、すっきりしています。花の象嵌が、施されています。脚のラインは、ネコ脚的な感じです。
c0058954_21433397.jpg
c0058954_21433977.jpg
参考までに。



by zappapa | 2018-08-01 21:44 | 今日の1品 | Comments(0)

ガレの木工 #7 (JZ)

ガレの作品の続きです。今日のものは、シンプルなテーブルです。四隅が、昨日の作品のように三分の四の円弧のモチーフで仕上げられています。象嵌はなさそうですが、両脇下に倒れ止めのパネルに花柄文様が、切り抜かれています。全体に合理的な棚が、規則正しく収められています。
c0058954_19401422.jpg
c0058954_19402155.jpg
参考までに。



by zappapa | 2018-07-31 19:41 | 今日の1品 | Comments(0)

ガレの木工 #6 (JZ)

ガレの作品の続きです。今日の作品は、鏡面台。美しいプロポーションですが、ロマネスク、ゴシック系のエレメントがベースでそれらが、より自由に動いたりアレンジされたりしています。テーブル角なども三分の四の円弧が、大きくせり出ているものです。植物の象嵌も手馴れた感じで入っています。。
c0058954_20400905.jpg
c0058954_20401912.jpg
c0058954_20402737.jpg
c0058954_20403584.jpg
参考までに。



by zappapa | 2018-07-30 20:41 | 今日の1品 | Comments(0)

ガレの木工 #5 (JZ)

オークション関連です。ガレの作品が、続きます。今回も強烈なデザインです。テーブル的なものですが、5つの脚を供えています。そのうちの4つは、四角の辺の中央に位置していて45度ずれたような錯覚を思わせる配置です。最後のひとつは、その四角の中央に鎮座しアカンサスの柱頭を持ち神々しい姿を見せています。5つの柱にひとつは、真っ直ぐに伸びていますが、残りは、バラバラにねじれて強いパワーが溢れるものです。見たこともなり姿は、驚くばかりです。
c0058954_21261371.jpg
c0058954_21262330.jpg
c0058954_21263068.jpg
c0058954_21264086.jpg
c0058954_21265098.jpg
c0058954_21265647.jpg
参考までに。



by zappapa | 2018-07-26 21:27 | 今日の1品 | Comments(0)

ガレの木工 #4 (JZ)

オークション関連です。エミール・ガレの木工の作品です。脚が、何とトンボのデザインで目を引きます。古いですが、バルタン星人が、頭に過ぎりました。チェックするとバルタン星人は、せみが、デザイン・ソースだそうです。いずれにしてみ強烈な印象です。それでも統一されたまとまりのある素晴らしいテーブルです。傍に置きたくなる一点です。
c0058954_22004921.jpg
c0058954_22005914.jpg
c0058954_22010580.jpg
c0058954_22011648.jpg
c0058954_22052013.jpg
c0058954_22053040.jpg

参考までに。







by zappapa | 2018-07-25 22:03 | 今日の1品 | Comments(0)

EUGENE FEUILLATRE (JZ)

オークション関連からです。もうひとつ涼しい表現の作品を紹介します。これは、EUGENE FEUILLATRE によるものです。彼は、ラリックの所で修行した後、独立したようです。残念ながら46歳で生涯を終えているようです。美しい世紀末のトップの作品です。
c0058954_21291442.jpg
c0058954_21292154.jpg
c0058954_21292966.jpg
c0058954_21293414.jpg
c0058954_21294031.jpg
c0058954_21294641.jpg
c0058954_21295347.jpg
参考までに。



by zappapa | 2018-07-24 21:33 | 今日の1品 | Comments(0)

ガレの花瓶 #2 (JZ)

オークション・関連です。ガレの花瓶です。異常な暑さの日本が、心配です。この作品で少しでも涼んで頂ければとの思いで載せます。ガレの作品のカラーとしては、珍しい印象です。海の底を思わせる雰囲気に貝や海草が、浮かぶようなファンタスティックな世界です。特にアール・ヌーヴォーっぽくないのも素敵です。
c0058954_21354946.jpg
c0058954_21360429.jpg
c0058954_21361091.jpg
c0058954_21361659.jpg
c0058954_21362212.jpg
参考までに。




by zappapa | 2018-07-23 21:37 | 今日の1品 | Comments(0)