古代ギリシャの指輪関連 #2 (JZ)

古代ギリシャの指輪の続きです。今回のものも紀元前4世紀頃のものです。2.5センチの大きさです。裸婦が、筒状に見える衣装でしょうか?を脱ぎ着している姿のように見えます。お腹の辺りは、男性のように鍛えられた姿です。それとも男性でしょうか?とにかく素晴らしい腕前での完成度の一品です。
c0058954_22435309.jpg
c0058954_22440324.jpg
c0058954_22441115.jpg

# by zappapa | 2018-11-14 22:44 | 今日の1品 | Comments(0)

古代ギリシャの指輪関連 (JZ)

オークション関連です。古代ギリシャの指輪です。宝石の石に彫り細工を施したものです。絵柄は、イルカにまたがる海の女神を表現しています。兜と楯を持っています。2.8センチの中に驚く細かさと正確さで彫られています。ルーペなどがない頃にこのようなレベルの細工が出来る職人の技術に脱帽です。紀元前5世紀終わりから4世紀始めの時期の作品です。
c0058954_22494609.jpg
c0058954_22495400.jpg
c0058954_22500055.jpg

# by zappapa | 2018-11-13 22:54 | 今日の1品 | Comments(0)

ジョン・レノンの切手 (JZ)

ジョン・レノンの切手を紹介します。切手が出る噂は、以前に聞いた記憶は、ありましたが、そのまま過ごしていました。年末になり、切手などを準備で揃える時点でこの切手のことを思い出し、入手しました。シングル盤のジャケット風な装いです。ジミ・ヘンの時も似たような感じでした。その時は、切手の他に盤のジャケットもありました。今回は、無かったと思いますが、ビニールのカヴァーの封を切ってないので、もしかしたら?何て思いますが、多分ないと思います。74年頃の写真(心の壁、愛の橋のアルバム時)のようです。虹色で天国にいる印象を表現しているのかもしれません。
c0058954_22514831.jpg
c0058954_22530372.jpg
c0058954_22531161.jpg
c0058954_22532658.jpg
c0058954_22533431.jpg
参考までに。





# by zappapa | 2018-11-12 22:55 | 今日の1枚 | Comments(0)

ANTON WEBERN / LIEDER (JZ)

アントン・ヴェーベルンの1枚、LIEDER です。歌が、ドイツの歌手、CHRISTIANE OELZE です。ピアノが、ERIC SCHNEIDER です。美しい歌声です。すんなり音楽が、入ってきます。いつもの彼のちょっと暗く重い感じとは違います。歌手の歌声でこのように違って聴こえるものですね。聴きやすい印象で素敵です。エゴンシーレ風のジャケットの絵は、マックス・オッペンハイマーによる作品です。
c0058954_22463907.jpg
c0058954_22464613.jpg
c0058954_22465389.jpg
c0058954_22470057.jpg
c0058954_22470519.jpg
c0058954_22471103.jpg
マックス・オッペンハイマーによる絵。
c0058954_22484414.jpg
参考までに。





# by zappapa | 2018-11-09 22:52 | 今日の1枚 | Comments(0)

ADRIAEN COORTE (JZ)

オークション関連からです。オランダの画家アドリアーン・コールテという人の静物画です。魚、パン、ワインかの飲み物が、瓶に入っています。あとは、イチジクのような玉ねぎのようなものもあります。暗い中に浮かび上がる独特の世界です。ダリのパンの静物画を思い出したりもします。調べると同じようなスタイルで60点ほどが残っているようです。どれも見事です。こういう暗い世界もカラヴァッジョからの広がりのひとつでしょう。
c0058954_22574477.jpg
c0058954_22575183.jpg
c0058954_22575874.jpg
c0058954_22581059.jpg
c0058954_22581998.jpg
c0058954_22582503.jpg
彼の他の作品。
c0058954_22584067.jpg
c0058954_22584691.jpg
c0058954_22585421.jpg
ダリの作品。
c0058954_22590181.jpg
c0058954_22590939.jpg
参考までに。



# by zappapa | 2018-11-07 23:01 | 今日の1枚 | Comments(0)

THE AMERICAN FORK BLUES FESTIVAL 1962-1966 (JZ)

ブルースの盤を探していてこんな盤と出会いました。THE AMERICAN FOLK BLUES FESTIVAL 1962-1966 です。内容は、超有名なアーティスト達の名前が揃っています。音質も良いです。チェックするとこのフェスティヴァルは、ヨーロッパでのものらしいです。62年は、観客の中にミック・ジャガー、キース・リチャード、ジミー・ペイジ、エリック・クラプトン、エリック・バートン、スティーヴィー・ウィンウッドなどがあったようで、直ぐに物凄い影響を与えたことになるといった大きなイベントだったようです。1963年には、そのフェスティヴァルの関連でソニー・ボーイ・ウィリアムソンとヤードバーズが、競演することになったようです。先日紹介のハウリン・ウルフ、ヒューバート・サムリン、オーティス・ラッシュ、T ボーン・ウオーカー、ジュニア・ウェルズ、ソニー・ボーイ・ウィリアムソン、マディー・ウォーター、ウィリー・ディクソンなどなどです。しかも通常は、一緒に組まない人たちもフェステイヴァルで限られた人数のせいか、掛け持ち的に競演しているのも興味深いです。とにかく凝縮された1枚です。4,5枚に編集してもらいたいものです。
c0058954_22491091.jpg
c0058954_22492152.jpg
c0058954_22493250.jpg
c0058954_22494083.jpg
c0058954_22494965.jpg
c0058954_22495875.jpg
c0058954_22500601.jpg
c0058954_22501497.jpg
c0058954_22502160.jpg
c0058954_22502850.jpg
c0058954_22504377.jpg
c0058954_22505036.jpg
c0058954_22505828.jpg
c0058954_22510690.jpg
c0058954_22512787.jpg
c0058954_22513645.jpg
c0058954_22514813.jpg
c0058954_22515647.jpg
c0058954_22522177.jpg
c0058954_22522930.jpg
c0058954_22523931.jpg
c0058954_22524609.jpg
c0058954_22525376.jpg
c0058954_22530180.jpg
c0058954_22530934.jpg
c0058954_22531921.jpg
c0058954_22533018.jpg
c0058954_22535154.jpg
c0058954_22535947.jpg
c0058954_22540717.jpg
c0058954_22541551.jpg
c0058954_22542357.jpg
参考までに。



# by zappapa | 2018-11-06 22:56 | 今日の1枚 | Comments(0)

フォルナセッティの照明器具 (JZ)

オークション関連からです。フォルナセッティの一品です。先日ジオ・ポントェィのジノリ壷を紹介しました。パラッツォ風のエレメントが、面白いものです。今回のものも同類のスタイルでパラッツオの照明器具です。どっしりとした4階の堂々としたパラッツォです。こちらは、四角柱なのでパラッツォの正面をそれぞれの面に折り曲げたような設えです。正面入り口が、ありますが、その反対面は、アーチが、続く横の面と同じか?それともドアー付きの正面になっているか気になる所です。開口部は、黒で表現して収めています。こんな照明器具なた欲しいなあ。。。。
c0058954_22581758.jpg
c0058954_22582589.jpg
c0058954_22583399.jpg
c0058954_22584151.jpg
c0058954_22584600.jpg
参考までに。





# by zappapa | 2018-11-05 23:00 | 今日の1品 | Comments(0)

HOWLIN' WOLF / HIS BEST (JZ)

ハウリン・ウルフのベスト盤と出会いました。以前に1枚出会った程度でもうひとつピンとこなかったですが、今回は、一転してビックリでした。以前に聞いた盤に比べると、音も良くなってます。50年代からもうウルフのスタイルが、はっきりしています。60年代になるとどんどんエレクトリックなサウンドも洗練されて行きます。ギターのヒューバート・サムリンは、凄く良いです。ウィキペディアでは、ヘタウマなってありますが、僕には、最も当時の白人ギター・リストが影響を受けたのではないか?と思うカッコよさやサウンドがあります。スプーンフルやその他にもロック系ブルースバンドで知った曲が時々出てくるのが嬉しいです。彼らのオリジナルの凄さに今頃ですが、圧倒されます。ウルフは、どの写真を見ても絵になる男ですねえ。。。
c0058954_21280540.jpg
c0058954_21281254.jpg
c0058954_21281907.jpg
c0058954_21282632.jpg
c0058954_21283308.jpg
c0058954_21284058.jpg
c0058954_21292221.jpg
c0058954_21293305.jpg
c0058954_21294275.jpg
c0058954_21295015.jpg
c0058954_21300179.jpg
c0058954_21300950.jpg
c0058954_21302048.jpg
参考までに。




# by zappapa | 2018-11-02 21:32 | 今日の1枚 | Comments(0)

ジオ・ポンティ関連 #5 (JZ)

ジオ・ポンティのジノリの壷です。彼は、絵皿でジノリにそこそこの数の作品を残しています。今回のものは、変わった壷の作品です。セルリオやパラディオの建築四書などのようなスタイルでパラッツオ風の絵付けでロトンダのものとなっています。蓋のトップが、松ぼっくりをアレンジした感じやアーチからヴァチカンの庭に面する一面のファサードとそこにある大きな松ぼっくりのモニュメント(古代ローマの噴水の一部)を思い出してしまいました。
c0058954_21523176.jpg
c0058954_21523818.jpg
c0058954_21524427.jpg
c0058954_21525037.jpg
c0058954_21530374.jpg
c0058954_21531098.jpg
参考までに。




# by zappapa | 2018-10-31 21:56 | 今日の1品 | Comments(0)

200CD ROCK'N ROLL-PUNK / ROCK / BLUES (JZ)

鮎川誠氏をメインにした200CD ROCK'N ROLL - PUNK / ROCK / BLUES という本を妻から誕生日プレゼントで受け取りました。感謝。凄い本でした。ディープもディープ。鮎川氏のブルース愛に感服しました。パンクは、スルーしてしまったのでこれから彼の言葉から少し覗いてみようかなとの思いです。この本は、2005年に出たようです。ロック50周年記念ということは、1955年が、誕生ということですか。。。。先ずは、なじみのあるブルースから覗いて行きたいです。
c0058954_22244317.jpg
c0058954_22244948.jpg
c0058954_22245820.jpg
参考までに。



# by zappapa | 2018-10-30 22:25 | 今日の1册 | Comments(0)