デジデーリオ・ダ・セッティニャーノ (JZ)

元旦の朝早くテレビ東京でフレンツェ・ラビリンスという番組を放送しました。最初は、BSで年末に放送があったらしいです。この内容は、森下典子さん著のデジデリオ・ラビリンスからのものです。本は、以前に紹介しました。不思議な話ですが、著者の体験話でして前世が、何とルネサンスの彫刻家デジデーリオだったというものです。デジデーリオは名前の通りセッティニャーノ出身ですが、本では秘密がありポルトガル生まれであること。旅の途中フィレンツエで若くして亡くなったポルトガル枢機卿が彼の弟で霊廟の彫刻が、アントニオ・ロッセリーノ作ですが、枢機卿の顔だけがデジデーリオによるものであることが判明するというロマン溢れる展開です。主役のが魅力的でした。2時間の力作で本の内容が、ヴィジュアルに作品などと出会えて大満足でした。年初めから嬉しい出会いでした。年末にフィレンツェのバルジェッロ美術館の本を手に入れデジデーリオの作品を見ていたのも何かの導きのようで不思議さがましました。
c0058954_22392819.jpg
c0058954_22405100.jpg
c0058954_22403662.jpg
c0058954_22405070.jpg

バルジェッロ美術館の本。
c0058954_22435365.jpg

その中に紹介されたデジデーリオの作品。
c0058954_22443829.jpg
c0058954_2245039.jpg
c0058954_22451874.jpg

その中で紹介されているロッセリーノの作品。
c0058954_224696.jpg

TVの番組のオリジナルの本。
c0058954_2247497.jpg
c0058954_22472126.jpg
c0058954_22473673.jpg
c0058954_22481080.jpg
c0058954_2249323.jpg
c0058954_22491961.jpg

セッティニャーノにあるデジデリオ自身を現した彫刻。
c0058954_22503218.jpg

by zappapa | 2012-01-06 22:58 | 今日の思い付き | Comments(0)
<< 現役もろもろ (JZ) あけましておめでとうございます... >>