ローマン・グラス関連 (JZ)

だいぶ前(2006年1月10日)になりますが、紹介したローマン・グラスの絵のものです。その部分しか知りませんでしたが、今回の本で全体が、分かりました。僕の考えでは、皮で出来たもので中央の穴に頭を通して上半身の前と後ろにこの鎧のような衣装を着飾ったように思えます。もしくは、前だけで後ろはなくてよだれ掛けのような形かもしれません。メダリオン的に他にも宝石に彫りを入れた豪華な衣装のメダルが、廻りを囲んでいます。とにかく豪華で素晴らしいものです。
c0058954_21354067.jpg
c0058954_21361613.jpg
c0058954_21362767.jpg
c0058954_21364275.jpg

参考までに。
http://yaretoho.exblog.jp/3357553
by zappapa | 2010-09-03 21:41 | 今日の思い付き | Comments(1)
Commented by (JZ) at 2010-09-05 04:00 x
上の写真の説明で行くとロンバルドの十字架に後でメダリオンが取り付けられたような内容です。そうすると、皮でなく木製の十字架なのでしょうか。ロンバルド人は5世紀から7世紀にドイツから北イタリアに南下し栄えた国です。所蔵が、北イタリアのロンバルディア地方のブレシアなので多分そうだと思われます。
<< フクサス 再び (JZ) ストラビンスキーボックスセット... >>