SECOND WINTER (JZ)

ジョニー・ウィンターの2枚目のアルバム、SECOND WINTER を入手しました。彼の71年に出たライブ盤が、昔から大好きでしたが、なかなか、1,2枚目には出会っていませんでした。今回聞くと、もうしっかり完璧な彼のスタイルでガンガンやっています。嬉しいアルバムです。10曲目にファンキーな曲がありますが、弟のエドガー・ウィンターによるものでしょう。これもいいです。ジャケットの写真が、昔からカッコイイなあと思っていたら僕の大好きなリチャード・アヴェドンだったんですね。この当時彼は、ビートルズのホワイト・アルバムでサイケデリックな表現のポートレートをやっていますが、ちょっと延長線的な流れの作品のように思われます。小さくメンバーの写真が、サイケ調です。ソラリゼーションも同じです。
c0058954_22141753.jpg
c0058954_22142661.jpg
c0058954_22143678.jpg
c0058954_22144312.jpg
c0058954_22145577.jpg


c0058954_22150104.jpg
上のジャケット・アルバム写真は、全てリチャード・アヴェドンの写真です。
参考までに。







# by zappapa | 2018-10-19 22:22 | 今日の1枚 | Comments(0)

ジオ・ポンティ関連 (JZ)

オークション関連です。ジオ・ポンティのキャビネットの一品です。1950年頃のものです。上、中、下の3部構成で出来ているものです。上部は、中央に窪みのあるシンボリックな姿です。更に最高部は、バロック的な逆アーチの反りがあります。脚は、繊細な彼独特の細いものです。装飾的なものは、省かれモダンな姿ですが、上記のエレメントで強烈な個性を発揮しています。
c0058954_21460190.jpg
c0058954_21460981.jpg
c0058954_21461983.jpg
c0058954_21462670.jpg
c0058954_21463391.jpg
c0058954_21463935.jpg
c0058954_21464744.jpg
c0058954_21465417.jpg
参考までに。



# by zappapa | 2018-10-18 21:48 | 今日の1品 | Comments(0)

ピーター・ベーレンスの花瓶 (JZ)

昨日は、サーバーがダウンでお手上げでした。さて、ピーター・ベーレンスの続きです。今回は、花瓶です。1901年です。色合いからヌーヴォー的な印象です。形状は、アール・ヌーヴォーを単純化した感じで上手くまとまっています。
c0058954_21344219.jpg
c0058954_21345722.jpg
c0058954_21350402.jpg
c0058954_21351120.jpg
c0058954_21351716.jpg
参考までに。




# by zappapa | 2018-10-17 21:37 | 今日の1品 | Comments(0)

ピーター・ベーレンスのファブリック #2 (JZ)

ピーター・ベーレンスのファブリックの続きです。もうひとつのデザインを紹介します。今回のものは、外側にフレームなしでズバリ新しいモダンを描いている感じです。四隅は、L型の建築の構造フレームのような力強さです。中央のメダリオンから飛び出していっている印象です。その中央は、ちょっと古代ローマの楯のようなデザインにも見えます。
c0058954_21453581.jpg
c0058954_21454173.jpg
c0058954_21454811.jpg
c0058954_21455408.jpg
c0058954_21460378.jpg
参考まえに。





# by zappapa | 2018-10-15 21:49 | 今日の1品 | Comments(0)

BEYOND EVEN (1992 - 2006) (JZ)

イーノとロバート・フリップの作品、BEYOND EVEN です。2枚組みのものです。出たのが、2008年のようです。それぞれの活動を別々に追っていたら一緒に活動してくれることで更に興味がありましたが、そのつど心の準備が、整わないとなかなか聴きこめません。今回も1枚目を一度聴いて程度なのでまだまだ謎の世界です。起承転結的に例えると起で既にゆっくりしているのでそのリズムというか感覚や流れに乗るタイミングが未だつかめていません。それでも興味を持って入って行きたい思いです。
c0058954_21510164.jpg
c0058954_21525154.jpg
c0058954_21535285.jpg
c0058954_21544579.jpg
c0058954_21545980.jpg
c0058954_21554881.jpg
参考までに。





# by zappapa | 2018-10-12 21:59 | 今日の1枚 | Comments(0)

ピーター・ベーレンスのファブリック (JZ)

建築家ピーター・ベーレンスの一品です。サイズからするとハンカチでしょうか。以前に紹介した接吻の絵は、アール・ヌーヴォーのスタイルでしたが、今回のデザインもヌーヴォー的なな雰囲気と新しい建築的なジオメトリカルな表現が伺えます。ダイナミックな力強い印象です。
c0058954_21593306.jpg
c0058954_21593920.jpg
c0058954_21594724.jpg
参考までに。




# by zappapa | 2018-10-11 22:01 | 今日の1品 | Comments(0)

アドルフ・ロース関連 #14 (JZ)

再度ロースの続きです。今日の椅子は、背の角度が調整出来る工夫が、入った椅子です。座のクッションの底は、多少くたびれているようですが、立派な存在感のある椅子です。肘掛の下にある化粧板のリズムが、ボッロミーニのサン・カルロ・アッレ・クアットロ・フォンターネの中庭の2階の手摺下の衣装を思い重ねてしまいました。
c0058954_21393917.jpg
c0058954_21394636.jpg
c0058954_21395399.jpg
c0058954_21400026.jpg
c0058954_21403190.jpg
参考までに。




# by zappapa | 2018-10-10 21:42 | 今日の1品 | Comments(0)

アドルフ・ロース関連 #13 (JZ)

ロースの続きです。今回のものは、珍しい香水瓶です。1931年制作。円筒形の上に球体の蓋の取っ手が、乗っています。ガラスも白っぽく透明感ある表情です。筒状の部分は、梨地のスモークをかけています。取っ手は、斜めグリッド状に細かな凹凸を入れてます。プロポーションが、建築のオーダー的な簡素でいてバランスの良いものに仕上がっている印象です。
c0058954_21284048.jpg
c0058954_21284646.jpg
c0058954_21285216.jpg
c0058954_21290009.jpg
参考までに。



# by zappapa | 2018-10-09 21:36 | 今日の1品 | Comments(0)

アドルフ・ロース関連 #12 (JZ)

ロースの続きです。今回のものは、彼が設計したカフェ・カプアの中で使われた椅子です。マホガニー材のしっかりしたいものです。チェックすると他にも類似の椅子を使われています。彼のデザインだと思いますが、前脚がネコ足です。横木の曲げ材は、トーネットの伝統的使い方のように思われます。1913年です。
c0058954_21431017.jpg
c0058954_21431730.jpg
c0058954_21432418.jpg
カフェ・カプア。
c0058954_21433897.jpg
他にカフェ・カプアで使われた椅子。
c0058954_21434591.jpg
c0058954_21435134.jpg
参考までに。



# by zappapa | 2018-10-08 21:48 | 今日の1品 | Comments(0)

TOWN HALL CONCERT - CHARLES MINGUS (JZ)

チャールズ・ミンガスのマンハッタン、タウン・ホールでのライブ盤です。何とエリック・ドルフィーが、参加のものでした。エリックが、亡くなる2ヶ月前の演奏です。長い演奏の2曲が収められています。曲名にドルフィーの名前が、入っています。演奏内容もエリックは、素晴らしいです。じっくりと再度味わいたい1枚です。
c0058954_22020390.jpg
c0058954_22021101.jpg
c0058954_22021923.jpg
c0058954_22022754.jpg
c0058954_22023323.jpg
参考までに。





# by zappapa | 2018-10-05 22:08 | 今日の1枚 | Comments(0)