ソットサス関連 #16 (JZ)

オークション・カタログからソットサスの作品です。今回も鏡です。姿見ですが、形は、直線で構成されています。前回紹介のもの10年ほど前のようですが、黒のベースは、共通です。厚み部分は、紅白のストライプなのと片腕のようにひとつ出っ張っているアクセントが付いています。1枚の写真では判定できませんが、多分両側が鏡仕上げではないかと思われます。シンプルですが、アクセントが効いた作品です。
c0058954_22333034.jpg
c0058954_22333600.jpg
c0058954_22334351.jpg
c0058954_22334544.jpg
参考までに。



# by zappapa | 2017-03-09 22:35 | 今日の1品 | Comments(0)

ソットサス関連 #15 (JZ)

オークション・カタログからです。ソットサスの鏡の一点です。サイズから言って姿見の前にテーブルを取り付けた感じです。ランプも付き円の曲線とでユーモラスです。更にゼブラ調の木目が、赤色と絡み独特の雰囲気です。黒のベースで引き締めています。漫画チックな不思議さが時間が経った現在だとまた違った味わいがあるように思われます。
c0058954_22401253.jpg
c0058954_22401691.jpg
c0058954_22415651.jpg
参考までに。




# by zappapa | 2017-03-08 22:51 | Comments(0)

Bill Evans at the Montreux Jazz Festival (JZ)

ビル・エヴァンスのアルバム、Bill Evans at the Montreux Jazz Festival です。この時のメンバーのドラマーのジャック・ディジョネットです。キース・ジャレットとの演奏が長いですが、この時期1968年は、ビル・エヴァンスだったんですね。その後、マイルスのバンドで活動中にキースがマイルスの所に入ってくる訳ですね。興味深いです。ポール・モチアンも同じようのキースとの競演前のビル・エヴァンスとやっています。勿論ベースのゲイリー・ピーコックもキースの前にビルとやっています。こういったメンバーは、この2人の演奏をどのように思っているのかインタヴューがあれば聞いてみたいです。このアルバムは、グラミー賞を取っているようです。内容は、良いですし、これらの思いを持って聴くと楽しさが倍増します。
c0058954_22314624.jpg
c0058954_22320643.jpg
c0058954_22321780.jpg
c0058954_22322215.jpg
c0058954_22323327.jpg
参考までに。









# by zappapa | 2017-03-07 22:36 | 今日の1枚 | Comments(0)

CURTIS JERE (JZ)

オークション・カタログからです。アメリアの CURTIS JERE という二人( CURTIS FREILER & JERRY FELS )による1972年のフロアー・ランプ・スタンドです。当時のアヴァンギャルド的要素を含んだ斬新なデザインです。彼らは、他にもジュエリーなどのデザインも行っているようです。
c0058954_22400174.jpg
c0058954_22400957.jpg
c0058954_22401521.jpg
c0058954_22402072.jpg
c0058954_22402927.jpg
c0058954_22402364.jpg
参考までに。



# by zappapa | 2017-03-06 22:41 | 今日の1品 | Comments(0)

かまやつひろし

かまやつひろしが、亡くなられました。78歳。ご冥福を願います。合掌。グループ・サウンズ時代のスパイダースのメンバーとして印象深く記憶しています。バンド解散後もマイペースでソロ活動し人気を保ってきました。年を重ねてから帽子とロング・ヘアーのスタイルが、トレード・マークは、カッコいい存在でした。スパイダース時代から変わったギターを使っていて印象的でしたが、そのひとつは、どうやらVOX の MARK Ⅳ というギターだったようです。以前に紹介したVOX のギターも似たタイプでした。こういうお洒落なものを大昔から使っていたかまやつは、やっぱりかっこいい人でした。
c0058954_22415340.jpg
c0058954_22420906.jpg
c0058954_22422483.jpg
c0058954_22423219.jpg
c0058954_22423662.jpg
c0058954_22425315.jpg
c0058954_22425779.jpg
VOX の MARK Ⅳ。
c0058954_22430134.jpg
c0058954_22430854.jpg
c0058954_22431629.jpg
c0058954_22432442.png
参考までに。





# by zappapa | 2017-03-03 22:47 | 号外 | Comments(0)

イサム・ノグチ (スタイル) のテーブル #3 (JZ)

オークション・カタログからです。イサム・ノグチのテーブルです。今回のものは、前回と同時期(1982年)ですが、黒の花崗岩の脚にガラスの天板の構成です。脚は、ノグチの彫刻的要素が強いものです。Y と U の文字のようなものが繋がっている感じです。その繋がる部分に球体の強いアクセントが、特徴的です。メタルのテーブルと違い石の素材の表現ですが、何処か暖かい雰囲気が魅力的です。よくよく説明を確認するとイサム・ノグチのスタイルを模した RICHARD HIMMEL によるものらしいです。ちょっとガッカリです。
c0058954_22484079.jpg
c0058954_22495221.jpg
参考までに。
RICHARD HIMMEL の作品。
c0058954_22582166.jpg
c0058954_22582436.jpg




# by zappapa | 2017-03-02 23:01 | 今日の1品 | Comments(0)

ライトの椅子 #2 (JZ)

オークション・カタログからです。フランク・ロイド・ライトの椅子です。以前に紹介したものは、木材でのもの。今回のものは、メタルの椅子です。幾何学的な彼のスタイルを徹して生かした作品です。調べると色のヴァリエーションやキャスターやアームの有無など色々あるようです。建物とマッチさせているデザインは、凄いです。
c0058954_22401418.jpg
c0058954_22402208.jpg
c0058954_22403723.jpg
c0058954_22404114.jpg
c0058954_22404809.jpg
c0058954_22405379.jpg
c0058954_22405582.jpg
c0058954_22410896.jpg
c0058954_22410101.jpg
参考までに。





# by zappapa | 2017-03-01 22:43 | 今日の1品 | Comments(0)

I MIGHT BE WRONG (JZ)

レディオヘッドのライブ盤を入手しました。2001年のライブで同年のリリースです。初めて知った1枚です。個人的にアルバム AMNESIAC との出会いが、最初だったこともあり、この頃のサウンドが気に入っています。特に好きな曲目がなかったのはちょっと残念でしたが。。。。ジャケットのデザインは、何時もの彼ららしいものですが、その中に見た記憶のあるものを発見しました。チェックするとやはりそうでした。取り壊しで揉めたホテル・オオクラのロビーにあった照明器具です。形状が特徴的だったので覚えていました。調べると何と古墳時代の水晶の装飾品の形状(切子玉)からのデザインだったようです。実際オリジナルの水晶切子玉を見てみると素晴らしい装飾品であり高い技術で仕上げたものであることに驚きます。
c0058954_22373661.jpg
c0058954_22374147.jpg
c0058954_22374728.jpg
c0058954_22375180.jpg
c0058954_22380760.jpg
c0058954_22381342.jpg
ホテル・オークラのロビー
c0058954_22383008.jpg
c0058954_22383693.jpg
c0058954_22384139.jpg
古墳時代の切子玉
c0058954_22384691.jpg
c0058954_22385265.jpg
c0058954_22385634.jpg
c0058954_22390206.jpg
参考までに。






# by zappapa | 2017-02-28 22:47 | 今日の1枚 | Comments(0)

イサム・ノグチのテーブル#2 (JZ)

オークション・カタログからです。イサム・ノグチのメタルのテーブルです。以前に紹介したものと同類です。違ったアングルからの写真ということもありますが、似ているはずなのですが、かなり違う印象です。前回紹介のものの方が、テーブルの上部と下部で世界が、分かれているような雰囲気でしあが、今回は、光の関係もあるでしょうが、ひとつの世界のようです。天板の穴から出たアクセントは、同じですが、他の出っ張り部分は、張り出した造りと柱状に伸びた植物のようなものと、それぞれ個性的です。同じく1983年の晩年の作品です。
c0058954_22462740.jpg
c0058954_22463638.jpg
c0058954_22463944.jpg
参考までに。



# by zappapa | 2017-02-27 22:47 | 今日の1品 | Comments(0)

マン・レイのペンダント (JZ)

オークション・カタログからです。マン・レイによろペンダントです。逆さ十字の中にお尻のラインらしきものが造られています。小さい作品ですが、ユニークさと美しさで惹かれる作品です。最晩年時でもエロティックなセンスが、見事です。思わず触れてみたいペンダントです。逆さまにすると正しい十字架となります。まああえて宗教っぽい匂いは、それでもなさそうな印象です。
c0058954_22271105.jpg
c0058954_22271656.jpg
逆さまだと。
c0058954_22273155.jpg
c0058954_22273801.jpg
参考までに。



# by zappapa | 2017-02-24 22:29 | 今日の1品 | Comments(0)