<   2016年 05月 ( 21 )   > この月の画像一覧

FZ ROAD TAPES #3 (JZ)

リリース予定の5月27日(金曜日)にちゃんと届きました。有難いことです。今回のアルバムは、ライブのロード・テープ・シリーズの3回目のものです。1970年7月5日、TYRONE GUTHRIE THEATER, MINNEAPOLIS, MN です。5月15日の母の日にズービン・メーター指揮によるロサンジェルス交響楽団と競演後たった一ヵ月半後でのコンサートです。メンバーは、その母の日のメンバーに元タートルズのヴォーカルの2人(フロー・アンド・エディー)が参加しています。彼らは、その母に日のコンサートに影響され直にメンバーとなったようです。短期間でよく歌詞を覚えて活躍しています。勿論アドリブやコーラス・アレンジなどの変化は出来ず正当なメロディを守っての内容ですが、さすがにレベルが高く、その後コンサートがどんどんどん彼らのヴォーカル重視に向かう可能性を見せてくれています。今回はまだイアン・アンダーウッドのサックスやクラリネット、キーボードに華を持たせています。というのもホット・ラッツバーント・ウィニー・サンドイッチのアルバムで重要な存在として活躍していた姿が、続いています。数ヶ月前には、特別にホット・ラッツ・バンドでインスト中心のコンサートを行った時の素晴らしいサウンドが、今回未だ残っています。そこにキーボードのジョージ・デュークが、黒人的なソウルフルでリズミカルな刺激を見せ始めている時期のようです。アンズレー・ダンバーのリズムも絶好調です。ジェフ・シモンズの浮かれたベース、渋いヴォーカルも素敵です。ザッパ先生は、彼らを取りまとめ、昔のマザーズ感と新しいマザーズ・サウンドをどんどん進めています。真に創造的な時期です。直に200モーテルズの映画化を行いジョン・レノンと競演などとにかく突っ走っていました。直に旧メンバーでの集大成盤、いたち野郎をリリースし、更に新メンバーでのチュンガズ・リヴェンジを続けてリリースする熱い時期です。そのチュンガズ・リヴェンジに今回のライブ音源が選ばれていたのには、ビックリでした。当時こんな凄いライブ・コンサートをまるごとライブ盤で出して欲しいと願ってました。まさか、46年後にこのように聴けることになる幸せを全く想像できませんでした。7月5日に2つのパフォーマンスを行っているのが丸々2枚のCD盤でまとめられています。それぞれのコンサートの違う曲の演奏部分を上手くつなぎ合わせて新たな1曲としてチュンガ・リヴェンジでA面最後を飾っています。この編集は、神業的なものであることも今回発見確認出来た事は、大いなる収穫でした。またそれぞれのコンサートも全く違う曲目で当時のレパートリーの豊富さと若いザッパ先生のひとつの頂点の演奏とワウ・ワウ・ペダル多用のギター・ソロがサイコーです。アレンジ、スピード、一体感など充実感の素晴らしさは、脱帽です。多分一番好きな時期の演奏で興奮状態です。最近ロキシーの73,4年の頃の音源ばかり聴いていたので今回のサウンドは、それ以前のスタイル。ファンキー・サウンドでなくジャズとロック共存時代の頂点の時期のように思われます。アルバムをまとめたジョー・トラヴィスに拍手と感謝の思いのみです。細かいレベルでの発見が、どんどんある貴重なアルバムです。音源は、まずまずですが、解説でオリジナルのテープに問題がありCD化は、いろいろ大変だったようです。幾つかのテープを継ぎ接ぎしたような箇所もありますし、曲と曲の流れで???という所もありますが、不必要な部分を消したと解釈しています。
c0058954_21262221.jpg
c0058954_21264145.jpg
c0058954_2127270.jpg
c0058954_21271755.jpg
c0058954_21273764.jpg
c0058954_21274958.jpg
c0058954_2128239.jpg
c0058954_21284640.jpg
c0058954_2128591.jpg
c0058954_21291159.jpg
c0058954_21292483.jpg

by zappapa | 2016-05-31 21:30 | 今日の1枚 | Comments(0)

リートフェルトの家具 (JZ)

オークション・カタログからです。リートファルトのキャビネット家具です。以前MOMA か何処かで見たのでしょうが記憶が曖昧です。絵葉書ぐらいしか写真で持っていなかったので今回のものは、同じようなアングルでしたが、大きい画像で有難いです。デ・スティールの模範的なアイデアの結晶のような雰囲気です。1919年のデザインのようです。ネット資料で色違いや内部も見られました。キースラーの空間都市(1925年)のイメージの家具ヴァージョンのような印象です。
c0058954_2152343.jpg
c0058954_2152204.jpg
c0058954_21523559.jpg
c0058954_21524997.jpg
c0058954_2153420.jpg
c0058954_21532331.jpg
c0058954_21533942.jpg
c0058954_2154303.jpg
c0058954_21544911.jpg
c0058954_2155086.jpg

キースラーの空間都市。
c0058954_21553013.jpg

by zappapa | 2016-05-27 21:56 | 今日の1品 | Comments(2)

ROADWORK (JZ)

エドガー・ウィンターのアルバム ROADWORK です。ライブ盤です。彼のアルバムに出会ったのは初めてです。以前ラジオか何かで聞いた彼のサウンドがソウルフルで熱く、更に洗練された雰囲気にビックリした記憶だけが残っていました。このアルバムは、1972年にリリースされています。メンバーにリック・デリンジャーの名前もあります。ゲストで兄のジョニー・ウィンターも1曲参加しています。音楽は、R&B をベースに新しいサウンドを創ろうと心がけています。勿論ファンのためにゲストなどの曲に合わせたサウンドもありますが、見事な内容です。白子の白人兄弟が、ブラック・ミュージックに目覚めディープな世界に踏み入り徹底的に自分の世界を目指すパワーに脱帽です。しかも当時みんな影響を受けたサウンドに更にそれを越える次元に向かっている姿は、魅力的です。LPでは、2枚組みだったようですが、CDでは1枚に納まっています。また彼のサウンドに出会える機会が楽しみです。
c0058954_21371357.jpg
c0058954_21374523.jpg
c0058954_2138646.jpg
c0058954_213831100.jpg
c0058954_21385150.jpg
c0058954_213976.jpg
c0058954_2139215.jpg
c0058954_21393733.jpg
c0058954_21395419.jpg

by zappapa | 2016-05-26 21:40 | 今日の1枚 | Comments(0)

ペリアンの棚 #5 (JZ)

ペリアンの棚の続きです。今回で取り合えず手持ち資料の最後になります。更に1年後の1960年のものです。赤のプラスティックの引き出しです。写真では、レールになる箱やフレームがないので引き出しだけのようです。底に構造か?使い勝手かでリブが入れてあります。多分機能的なことで中に入れたものを取り出し易くする工夫の方だと思われます。
c0058954_2128192.jpg
c0058954_2128319.jpg

by zappapa | 2016-05-25 21:28 | 今日の1品 | Comments(0)

ペリアンの棚 #4 (JZ)

ペリアンの棚の続きです。今回のものは、テーブルとそれに付いたプラスティックの引き出しのものです。1959年。前回の1年後です。ここでは、プラスティックの色が、赤と黄色という新たな挑戦が見られます。急速に進化する新しい産業の音が聞こえてきそうです。黒く塗られたスチール・チューブの脚。天板は、黒のペイントかラミネート板。木口は、集成ベニヤを剥き出しで見せています。国際パリ大学のブラジル宿舎でしょうか?暑いトロピカル色を意識してのことでしょうか。深さを抑えた引き出しで納めています。
c0058954_21363625.jpg
c0058954_21365336.jpg
c0058954_2137925.jpg

by zappapa | 2016-05-24 21:37 | 今日の1品 | Comments(0)

MILES DAVIS LIVE IN EUROPE 1967 (JZ)

マイルスの LIVE IN EUROPE 1967. ブートレッグ・シリーズのVOL. 1 です。以前に紹介したものは、VOL. 2 の方です。この1967年辺りからシリーズ化されているのは、有難いです。アコースティックなバンドからエレクトリック・バンドに変わって行く、貴重な時期なので制作側の本気度も納得出来ます。
c0058954_21352836.jpg
c0058954_21354952.jpg
c0058954_2136693.jpg
c0058954_21362383.jpg
c0058954_21371119.jpg
c0058954_21373118.jpg
c0058954_21375249.jpg
c0058954_2138879.jpg
c0058954_21383311.jpg
c0058954_21384975.jpg
c0058954_2139880.jpg
c0058954_21394194.jpg
c0058954_21395994.jpg
c0058954_21401811.jpg
c0058954_21403325.jpg
c0058954_21405071.jpg
c0058954_21411874.jpg
c0058954_2141347.jpg
c0058954_21422229.jpg
c0058954_21423837.jpg

by zappapa | 2016-05-23 21:42 | 今日の1枚 | Comments(0)

ペリアンの棚 #3 (JZ)

ペリアンの棚の続きです。今回のものは、前回の2年後の1958年です。プラスティックの引き出しのみのものです。前回のものは、棚の中に引き出しのメタルの側板ボックスの引き出しが納められていました。レールは、その側板に取り付けられていたと思われます。今回は、更に軽く見せるための改良が施されています。。メタルのバーのフレームで全体、及びレールも出来上がっているようです。一見シンプルに見えますが、このレールの仕組みは、相当エネルギーをいれていると思われます。既に最小の材料でスッキリと収めているのには、驚きます。さすがです。フレームの背面上部側に斜めのブレース的なラインが見えますが、下部には、見えないので詳しいディテールは分かりません。補強だと思いますが、正面性を引き立てる役目もあるようで効果的なアクセントにもなっています。
c0058954_2135113.jpg
c0058954_21352623.jpg
c0058954_21354281.jpg

by zappapa | 2016-05-20 21:35 | 今日の1品 | Comments(0)

ペリアンの棚 #2 (JZ)

ペリアンとコルビジェの引き出し付きの家具の続きです。今回の作品は、1956年です。昨日紹介のものから4年後です。この時には、引き出しが、プラスティックのものになっています。色は、白と黒の二色です。大昔ですが、最初にいた設計事務所では、ペリアンの曲げ木の椅子をライセンスを得て日本で製作して販売まで行っていました。その時、同じような一体成型のプラスティックの引き出しも製品化していました。これが、ペリアンのものだったのか?真似て作ったのか?定かではありません。名前をプラチェストと呼び評判に良かったものです。色は、白、黒以外に確か透明もあったと思います。これらを入れた引き出し収納(ワードローブや机下のもの)などが製品化されていて洗練されていました。これらの元は、ペリアンの引き出しから来ていたのでしょう。80年代前後のことです。以前に紹介したペリアンの棚は、1952年でカラフルでメタルも使用しているようですが、まだプラスティックの引き出しは、登場していません。この時期にプラスティックの進化があったのでしょうね。
c0058954_21535937.jpg
c0058954_21542296.jpg
c0058954_21543521.jpg
c0058954_215554.jpg
c0058954_21551898.jpg
c0058954_21554155.jpg
c0058954_21555966.jpg
c0058954_2157347.jpg

参考までに。
資料1
by zappapa | 2016-05-19 21:58 | 今日の1品 | Comments(0)

ペリアンとコルビジェの家具 (JZ)

コルビジェの設計した西洋美術館が、世界遺産登録に動こうとしているようです。勿論結構なことですが、コルビジェとその日本の弟子たちの作品と記憶しているので彼のオリジナル作品となるとちょっと????ってな印象です。さて、そのコルビジェとペリアンによる家具をオークション・カタログから見つけました。ユニテ・ダビタシオンの中の家具のようです。1952年です。15の扉と中に引き出しが9つ、12枚に棚板となっています。背面側の2枚の収納扉が付く両側使用の仕立てになっているようです。木のフレーム枠と白い扉、側面での仕上がりです。引き出しは、木製、生地仕上げでレールに乗る仕掛けで出来ています。写真だと最上段のようにも見えますが、機能的には高い位置になりすぎるので中段か下段辺りではないかと?推測します。この時点でプラスティックの引き出しは使用していないのでもう少し後の作品を待つことになるようです。機能的ですが、彼らの建築や椅子などの印象からは、かなりオーソドックスな印象です。
c0058954_2265360.jpg
c0058954_2294928.jpg
c0058954_2210771.jpg
c0058954_22102372.jpg
c0058954_22104653.jpg

by zappapa | 2016-05-18 22:11 | 今日の1品 | Comments(2)

ANOTHER DAY ON EARTH (JZ)

イーノのアルバム ANOTHER DAY ON EARTH です。2005年リリースです。新しめの作品は、なかなか出会いませんし、音色がその時代のものになるのでもうひとつ納得出来ない印象が強かったのですが、このアルバムは、いいです。初期のイーノ(ロック時代)的なメロディーやリズムが戻っています。彼らしい雰囲気というものは久々です。一部違和感のある新しい音色もありますが、まずまずです。ジャケットでは、中国のストリート・ヴューでしょうか。アジアです。もうひとつ彼っぽくないデザインですが、まあご愛嬌って感じですか。レーベルは、ハンニバルとありますが、最終のデストリビュートでライコーが絡んでいます。ザッパ先生のCDも以前は、ライコーから出ていました。
c0058954_21284514.jpg
c0058954_2129362.jpg
c0058954_21292637.jpg
c0058954_21294056.jpg

ザッパ先生の以前のライコー盤。
c0058954_2139053.jpg

by zappapa | 2016-05-17 21:30 | 今日の1枚 | Comments(0)