<   2015年 04月 ( 22 )   > この月の画像一覧

ANCIENT ROME (JZ)

ANCIENT ROME と言うタイトルのDVD盤を入手しました。これは、有料TVヒストリー・チャンネルの番組が制作したものをまとめた5枚組みのものだと思います。以前にヴィデオ・テープで幾つか手に入れていたものかもしれません。このようにDVD化されると有難いです。所々をかいつまんで見ましたが、ローマ近郊の街オスティアがどういう成り立ちで出来たかやその特徴などが詳しく説明されていて驚きました。有難い内容なのでじっくり楽しみたいです。
c0058954_21414155.jpg
c0058954_21420081.jpg
c0058954_21421247.jpg

by zappapa | 2015-04-30 21:42 | 今日の1品 | Comments(0)

倉俣史朗の家具 2

倉俣史朗の家具の続きです。同じく別のオークション・カタログからです。昨日紹介したSIDE ONE CABINET の続きとなります。仕上げが、木のものです。これも初めて見ました。同じプロポーションですが、ガラッと表情が変わります。個人的には、昨日の知られているタイプに軍配を上げたいです。それでも急に和のタッチが現れたようで興味深いものです。
c0058954_21243154.jpg
c0058954_21244602.jpg
c0058954_21245812.jpg
c0058954_21251502.jpg
c0058954_21252796.jpg


by zappapa | 2015-04-29 21:26 | 今日の1品 | Comments(0)

倉俣史朗の家具

倉俣史朗氏の家具で好きなものをオークション・カタログで見つけました。大昔に雑誌に載っていたものを見た記憶が残っています。何と美しく流れるような曲線とそれに合わせた引き出しのバランス。今見てもその美しさは変わりません。彼の作品は、ソットサスとのメンフィス系での家具が、有名ですが、10年以上前にこのような作品を創っていました。(1970年)今回の中に2種類ありました。有名な両側がカーブしているタイプと正面側がカーブしているものです。こちらは、初めて知りました。また違った印象です。危うい繊細さでは、従来のものが優っています。当時は、コンピューターで制作していないでしょうから職人的な技が生かされたのではないかと思われます。現在もイタリアの家具メーカー CAPPELLINI社から出ているようなのでオリジナルも同社のものだったのだろうと思われます。
c0058954_21414699.jpg
c0058954_21430710.jpg
c0058954_21432568.jpg
c0058954_21434087.jpg
c0058954_21440414.jpg
c0058954_21441935.jpg
c0058954_21443444.jpg
c0058954_21445191.jpg
c0058954_21450416.jpg
c0058954_21451855.jpg

by zappapa | 2015-04-28 21:50 | 今日の1品 | Comments(0)

Frank Zappa Jukebox (JZ)

ザッパ先生関連のCDを入手しました。Frank Zappa Jukebox / the songs that inspired the man というものです。ザッパ先生が、若い頃に影響を受けた音楽を1枚のCDにまとめたものです。先日U さんたちが東京にてザッパ先生が、聴いた現代音楽系のオリジナル盤を楽しむ催しがあったようです。この1枚にも現代音楽の曲も含まれます。またR&B やブルースなどのもので名前しか知らないアーティストや名前も知らないグループなど興味深い内容に満足しました。それぞれの曲をザッパ先生が楽しんで聞いたということを外しても個人的に好きなものがほとんどでした。この辺りのものを集めるときりがないのでしょうね。とにかく1枚で大いに楽しめるものでした。
c0058954_21481640.jpg
c0058954_21482870.jpg
c0058954_21484197.jpg
c0058954_21485362.jpg
c0058954_21490678.jpg
c0058954_21492026.jpg
c0058954_21493325.jpg
c0058954_21495015.jpg
この会社から出ているもうひとつのインタヴューのアルバムの広告。
c0058954_21500382.jpg
c0058954_21501764.jpg

by zappapa | 2015-04-27 21:53 | 今日の1枚 | Comments(0)

カリガリ博士 2 (JZ)

以前に紹介したカリガリ博士関連です。オークション・カタログからです。分厚い本の表紙を飾っているのが印象的でした。本に中身よりこの1枚が良かったです。監督は、ドイツのロベルト・ウィーネでドイツ表現主義の代表作のひとつです。何でドイツ映画が、ハリウッド?のオークションに?という素朴な疑問もありますが、認められている証拠とし深く追求は差し控えます。この写真は、強烈な1枚です。
c0058954_21331870.jpg
参考までに。
資料1

by zappapa | 2015-04-24 21:34 | 今日の1枚 | Comments(0)

コルビジェ風のイス (JZ)

オークション・カタログからです。コルビジェ風のイスです。しかもコンクリートと鉄筋でのものです。屋外に設置する目的でしょうか?それとも単なるオマージュ?でしょうか?1952年作です。スイスの建築家 STEFAN ZWICKY によるものです。コルビジェが存命中ということになります。打ち放しコンクリートと鉄筋は、コルビジェのシンボルとも言えるでしょうから、なかなかニクイ発想ではありますが。。。。。鉄筋は、錆びますのでコールテン鋼でも使わないともたないでしょうが、あくまで鉄筋の持つ力強い黒い肌は捨てがたくで納得ですが。。。となると屋内での設置?ちょっと重いでしょうからパブリック・スペースでということになるでしょうか?いずれにしても驚きの1点でした。
c0058954_21553636.jpg
c0058954_21555778.jpg
c0058954_21561235.jpg
c0058954_21565916.jpg
c0058954_21563171.jpg
c0058954_21564437.jpg
コルビジェの本物のイスです。
c0058954_21571538.jpg
c0058954_21572794.jpg
c0058954_21574186.jpg

by zappapa | 2015-04-23 21:58 | 今日の1品 | Comments(0)

オスカー・ピーターソン (JZ)

オスカー・ピーターソン・トリオのライブ盤を見つけました。1990年の3月16日から18日のニューヨーク、ブルー・ノートでの録音です。1993年に脳梗塞になられて大変だったそうですが、現役として活躍出来るほどになったようです。この音源は、その健康な時期の最後の頃となるようです。ブルース系のコード進行が多く伝統的なタイプのピアニストのように思えます。とにかくテクニカルな部分では文句なしです。3人での息の合った落ち着いた世界です。余りオーソドックス過ぎて持て余すくらいの印象ですが、立派なものです。
c0058954_22032937.jpg
c0058954_22034582.jpg

by zappapa | 2015-04-22 22:04 | 今日の1枚 | Comments(0)

ムキ栗黒楽茶碗 (JZ)

雑誌から見つけた一点です。利休の依頼により長次郎が創った黒楽茶碗の中のひとつでムキ栗と呼ばれるものだそうです。茶の湯に関しては度素人です。それでも今回出会ったムキ栗は、素晴らしい造形でアッと驚きました。実際のお茶の席では使えない形の四角のフォームをあえて創り、創らされたこの作品には、極限の造形美が宿っているように思えます。長次郎が、鬼瓦などを制作していた話からその作品も出ていたので紹介しますが、豪快な獅子です。優れた彫刻家ですね。またムキ栗の造形から白井先生の原爆堂の造形と重ねてしまいました。円筒形の底部の上の四角いヴォリュームが重なるエネルギッシュな塊の緊張感が、そう思わせるのでしょうか。どちらも究極的な美しさです。
c0058954_21562056.jpg
c0058954_21564763.jpg
c0058954_21571945.jpg
c0058954_21574032.jpg
c0058954_21583449.jpg
c0058954_21585727.jpg
c0058954_21591187.jpg
c0058954_21592543.jpg
c0058954_21594794.jpg
c0058954_22004405.jpg
c0058954_22010851.jpg
c0058954_22012986.jpg
c0058954_22014474.jpg
白井氏の原爆堂案
c0058954_22020221.jpg
c0058954_22022329.jpg
佐世保の親和銀行。
c0058954_22023862.jpg



by zappapa | 2015-04-21 22:07 | 今日の1品 | Comments(0)

クリムゾン・キングの宮殿 (JZ)

クリムゾンの代表作である1枚目、クリムゾン・キングの宮殿です。このアルバムは、勿論名作ですが、2009年にリマスターされ40周年記念で全てのアルバムと共に再度お目見えしました。その盤は、確か F さんのお陰でコピー盤を頂いていました。感謝です。今回出会ったのは、2枚組みのものでした。1枚は、2009年ヴァージョンの仕上げ。2枚目が、オリジナル・ヴァージョンでした。幾つかのボーナス・トラックがありますが、スロー・テンポで演奏した曲が、目新しい程度で驚くような印象のものはなかったです。以前に新しいマスター・ヴァージョンを聴いた印象では、ギターのヴォリュームが、増した気がしてロバートの自己顕示欲的な満足度がアップしたのかなあ???程度でした。今回もちゃっちいオーディオ機器で聴いているためにさほどの違いは、感じられませんでした。それでも好きな1枚ですから有難いです。
c0058954_21453567.jpg
c0058954_21454593.jpg
c0058954_21455636.jpg
c0058954_21461259.jpg
c0058954_21462398.jpg
c0058954_21463655.jpg
c0058954_21465485.jpg
c0058954_21471145.jpg
c0058954_21472523.jpg
c0058954_21480623.jpg
c0058954_21482144.jpg
c0058954_21483418.jpg
c0058954_21485699.jpg
c0058954_21490931.jpg


by zappapa | 2015-04-20 21:50 | 今日の1枚 | Comments(0)

デュシャン Rotoreliefer 1935 (JZ)

先日のオークション・カタログからです。Rotoreliefer 1935 の作品の一部が、載っていました。以前、ランディ・ニューマンのCDを紹介した時にこのデュシャンの作品も載せました。今回表紙になっていたものは、以前紹介時に位置が斜めにかたがっていましたが、今回は、シンメトリーな位置で収まっています。動きの点からは、前回の方が面白かった印象です。もうひとつは、この円運動の中に魚を泳がせているものです。ぐるぐると泳いでいるように見られるのでしょうか?流れは、右回転用に設定されているようです。それと先日のポートレートが入っていると思われる本の外側の写真も一応載せます。幾つか違った本で出ているようです。デュシャンのポートレートは、ルドンの絵のところでも紹介していました。
c0058954_21351142.jpg
c0058954_21353396.jpg
c0058954_21363597.jpg
c0058954_21365918.jpg
c0058954_21371351.jpg

by zappapa | 2015-04-17 21:48 | 今日の思い付き | Comments(0)