<   2012年 12月 ( 21 )   > この月の画像一覧

Bluejeans & Moonbeams (JZ)

今年も最後の日を迎えました。日本時間では、紅白歌合戦が行われています。さて、今年最後は、この人、ビーフハートで締めくくりです。1974年のアルバム Bluejeans & Moonbeams です。この時期が、一番パワーが絶えていた時期のようで練習なしで録音した無謀な話だったようなことです。バンドもこの後、解散状態でボロボロの時にザッパ先生が声をかけて、ザッパバンドに加入し狂気のボンゴという素晴らしいアルバムを残すことになったのだと思います。アルバムは、それでもマジック・バンドです。人生山あり谷ありです。これに凹まず、パワー・アップしていった彼のように我々も良い年を向かえパワー・アップして行きたいものです。
c0058954_21435413.jpg
c0058954_21441387.jpg
c0058954_2144375.jpg
c0058954_21445437.jpg
c0058954_2145156.jpg

by zappapa | 2012-12-31 21:50 | 今日の1枚 | Comments(0)

マイルスの写真 (JZ)

オークション・カタログからです。この1枚も強烈です。以前紹介したマイルスのアルバム TUTU のジャケットは、石岡瑛子氏がプロデュースしたものでした。写真は、有名なアーヴィン・ペンによるものだそうです。今回のものは、僕と同年代のオランダの写真家アントン・コービン(コルバイン)の作品で TUTU の写真の前年、1985年に撮られたものだそうです。どちらもマイルスの強烈なイメージが凝縮されています。アントンは、他にもロックの世界の有名人を多く撮っているようです。勿論ザッパ先生やビーフハートも含まれます。80年代は、まだまだ巨匠たちが存在した貴重な時期でした。
c0058954_22262436.jpg
c0058954_22264849.jpg

アントンとマイルス。
c0058954_22274888.jpg

アントンが撮ったザッパ先生。
c0058954_22283434.jpg
c0058954_22285692.jpg

アントンが撮ったビーフハート。
c0058954_22293438.gif

Ice Cream for Crow のジャケット。
c0058954_2235675.jpg

1986年アーヴィン・ペンの作品。
c0058954_2236639.jpg

by zappapa | 2012-12-28 22:41 | 今日の1枚 | Comments(0)

明治村 (JZ)

昨日、紹介しました東京駅前の旧交番が保存されている愛知県の明治村の一冊を紹介します。個々の建物も面白いですが、日本のいろんな場所、時代に存在した建物をテーマ・パーク的にひとつの場所に集め、甦らすというのは、想像以上に大変なエネルギーを必要としている事業だと感心しながら見ました。日本以外の海外で日本に関わる建物まで保存してあるのには、驚きました。MOMAの建物や公共のミュージアムなどで大活躍の建築家、谷口吉生氏のお父様であられる谷口吉郎氏が、苦慮され、初代館長も勤められ、現在に至っています。同郷の大先輩のお仕事に敬服致します。あくまでリストだけの紹介なので分かりずらいことはご了承下さい。ライト設計の帝国ホテルの一部もここに保存されています。江戸から明治辺りの和洋共々の建築村です。
c0058954_22331158.jpg
c0058954_2234582.jpg
c0058954_2234496.jpg
c0058954_22345852.jpg
c0058954_22355924.jpg
c0058954_2236249.jpg
c0058954_22364467.jpg
c0058954_2237683.jpg

エリア7の56番の建物が、旧交番です。
c0058954_22383868.jpg

by zappapa | 2012-12-27 22:47 | 今日の1册 | Comments(0)

レイ・コリンズ (JZ)

ザッパ先生のバンド、マザーズ・オブ・インヴェンションの最初のヴォーカリストだったレイ・コリンズ氏が12月24日に亡くなりました。76歳でした。ご冥福を願います。合掌。最初に知ったマザーズのヴォーカルでもあり、今でも好きな歌声でした。リズム・アンド・ブルース系のバンド時代からのザッパ先生のつながりですから相当昔になります。残念ながら、60年代最後のマザーズで彼は脱退します。それでも1970年5月の母の日に行われたズービン・メーター指揮でのロサンジェルス・オーケストラとの共演時(200モーテルズ)には、彼の歌声が、少し聴けたのは、有難いものでした。
c0058954_47952.jpg

中央で赤ん坊に手を出している人です。
c0058954_47328.jpg

一番左です。
c0058954_483279.jpg

by zappapa | 2012-12-27 04:09 | 号外 | Comments(0)

東京駅前の交番 (JZ)

今年は、東京駅が、オリジナルの姿(三階建て)に戻ったそうです。1914年(大正3年)ですから明治建築でなく大正建築ということになります。建築家は、辰野金吾で晩年の代表作ということになります。当時は、中央停車場という呼び名だったようです。同じく同年に東京駅前に交番が、出来ました。これは、リノヴェーションの対象にはならず現在、明治村で老後を静かに過ごしているようです。残念ながら明治村に訪れる機会を持てずにいますが、カタログ本を見つけ、いろんな建物が保存されている中からこの交番があることを知りました。ちゃんと東京駅とマッチするようなデザインで仕上がっています。作者は分かりません。メタルのグリルでアール・ヌーヴォー風のデザインが入っていたりしています。なかなかおしゃれな時代ですね。
c0058954_23661.jpg
c0058954_237231.jpg
c0058954_237930.jpg
c0058954_2375410.jpg
c0058954_238476.jpg
c0058954_2385166.jpg
c0058954_2384979.jpg
c0058954_2394421.jpg

by zappapa | 2012-12-26 23:16 | 今日の思い付き | Comments(0)

うたこ様 再び (JZ)

先日、紹介しました日本女性像、うたこ様に関してです。KYPS氏からのご指摘で下田歌子さまではないでしょうか?とのことでした。僕も多分そうではないかと思います。残念ながら確証は得られていませんでした。調べる中、彫刻家グスタヴ・クラークがもうひとつ、うたこ様像を作っていたようです。これと下田歌子さまのお写真とを比べると似ている印象が強いです。歌子さまが、欧米教育視察に出かけられたのが、1893年から95年です。39歳から41歳の時期になります。フランスにも寄られていらっしゃいますので十分に可能性があります。勝手な想像ですが、今回紹介する、もうひとつの作品が最初に作られ、その後、理想化した形で前回紹介の作品が出来上がったのでは?ないでしょうか。またほぼ同じ時期のヴィンチェンツォ・ラグーサ氏のお玉さんの像との関連も気になります。
先ずは、グスタヴ・クラーク氏のもうひとつの作品。
c0058954_2394769.jpg

前回紹介のグスタヴ・クラーク氏の作品。
c0058954_23103966.jpg

ヴィンチェンツォ・ラグーサ氏のお玉さんの像。
c0058954_2311198.jpg

下田歌子さま。
c0058954_23115941.jpg
c0058954_23122356.jpg

参考までに。
資料1
資料2
by zappapa | 2012-12-24 23:18 | 今日の1枚 | Comments(0)

RINGO & HIS NEW ALL-STARR BAND (JZ)

リンゴ・スターライブ盤でグレッグ・レイクが参加の物を探していましたが、ようやく見つけました。こうやって聴くと、なるほど。本当だったんだ!と納得しました。リンゴのヴォーカル曲はビートルズ系のものでその間に参加している堂々たるメンバーのかつてのヒット曲を入れるという、豪華な設定です。イアン・ハンター、ハワード・ジョーンズ、ロジャー・ホジソン、グレッグ・レイクたちです。知ってる曲だとやはり、懐かしい思いもあり、楽しいものです。2002年にリリースされていました。今日は、会社のクリスマス・パーティですが、仕事に追われ、バタバタです。
c0058954_2334570.jpg
c0058954_2334360.jpg
c0058954_2343527.jpg
c0058954_2342466.jpg
c0058954_2351797.jpg
c0058954_235550.jpg
c0058954_2355689.jpg
c0058954_2354653.jpg
c0058954_2363540.jpg

by zappapa | 2012-12-21 23:07 | 今日の1枚 | Comments(0)

久々のアルマ・タデマ (JZ)

オークション・カタログからです。久々のアルマ・タデマの作品です。2007年に出た作品以来でしょうか。地中海の空気感が表現されていて素敵です。古代の世界をこのようにヴィジュアル化してもらえるのは実に有難いです。スケッチも出ていますが、しっかりスタディされての完成度の高い作品ということでしょうね。
c0058954_22581930.jpg
c0058954_22584131.jpg
c0058954_2259550.jpg

c0058954_2365339.jpg

c0058954_22593761.jpg
c0058954_22595629.jpg

前回2007年に出た作品。
c0058954_2303834.jpg

by zappapa | 2012-12-20 23:07 | 今日の1枚 | Comments(0)

FINER MOMENTS (JZ)

ザッパ先生の94番目の新譜アルバム FINER MOMENTS が、昨日12月18日に届きました。連絡より数日(ザッパ先生の誕生日)早めでした。有難いです。1972年6月25日にマスター・テープが、ザッパ先生により仕上げられていたものを2007年にデジタル・マスター化され、今回の発表となったようです。そういうことでLP時代の編集なので2枚組みが、40分ぐらいずつで計82分となっています。ボーナスはありません。67年から72年までの音源を編集しています。僕にとって今回の目玉は、幾つかありました。ボルテージの高い熱い演奏。68年のパーカッションの曲。72年のベースメント・サウンドで既にシンクラヴィア方向プラス ヴァレース風の凄い曲。ズービン・メーターと共演時にも演奏された一部の曲で似通った演奏の曲。先日出たカーネギー・ホールのライブからコアなソロ演奏で違う曲からのものを上手くひとつに編集している神業。などでしょうか。ちょっと久々に大きな興奮でした。写真は、当時のメンバーです。懐かしい思いです。
c0058954_23133164.jpg
c0058954_23133137.jpg
c0058954_23142240.jpg
c0058954_23142558.jpg
c0058954_23151437.jpg
c0058954_23151183.jpg
c0058954_23155718.jpg
c0058954_231628.jpg
c0058954_23164910.jpg
c0058954_23164671.jpg
c0058954_23173212.jpg
c0058954_23172687.jpg
c0058954_23181770.jpg
c0058954_23181112.jpg
c0058954_2319152.jpg
c0058954_23185630.jpg
c0058954_2319479.jpg
c0058954_23195197.jpg
c0058954_23204543.jpg

by zappapa | 2012-12-19 23:26 | 今日の1枚 | Comments(1)

ESSENTIAL ERIC DOLPHY (JZ)

新しいコンピューターになったのでセッティングなどで時間がかかりました。さて、久々のエリック・ドルフィーのアルバムです。見かけないセレクトされた1枚です。内容は、想像以上に素晴らしいものでした。初めて聴くものばかりです。ロン・カーター、フレディー・ハバード、オリバー・ネルソンなど有名ですが、余りドルフィーと共演した話を聞かないアーティストたちに思え、まだまだいろんな音源があることに期待します。1961年頃です。
c0058954_22572131.jpg
c0058954_22571555.jpg
c0058954_2258498.jpg

by zappapa | 2012-12-18 22:59 | 今日の1枚 | Comments(0)