<   2012年 10月 ( 22 )   > この月の画像一覧

The Madcap Laughs (JZ)

シド・バレットのソロ・アルバム The Madcap Laughs です。1970年発表です。1968年にピンク・フロイドを辞めた後、何度かの録音で出来たアルバムのようです。気になる存在の彼でしたが、直接聴くのは今回が初めてです。初期のピンク・フロイド・サウンドのようなものを少し期待していましたが、ほとんど生ギターで弾き語りの曲が、ほとんどで全く違った印象でした。直ぐにダブったのは、むしろドノヴァンでした。なんとなく不思議な浮遊感とメロウな歌声が、そういう印象だったのでしょうか。歌詞のライムする感じなど独特のリズム感も面白いです。ただ、CDでは、ボーナス曲がありますが、幾つかのテイクで話し声など生々しい印象で孤独な世界を更に際立てている感じがあります。才能とドラッグとのせめぎあいの中でのメッセージに痛いものを先に受け取ってしまうのは辛いです。それでも元のピンク・フロイドのメンバーが、協力している所が有難いです。ジャケットのインテリアは、住宅のリビングのようです。彼自身のスペースでしょうか?しゃがんだ位置にカメラも合わせ、小津安二郎のような安定感がある中でしゃがんだ姿が独特です。どうしても不安定な彼の心を表しているように思えます。ストライプの床もリビングだとかなり強烈なインパクトで、これも彼の心の現われでしょうか?埋められた暖炉にヒーターが付いているのでしょうか?閉じられた世界を不気味に暗示している印象です。後ろに裸で椅子に座っている人がいますが、バルテュスの絵画を思い出します。中性的で男性か女性か定かではありませんが、強い印象は、絵画的です。解説のパンフレットにある写真のコラージュは、彼自身によるものでしょうか?初期のビーフハートの内ジャケットのような独特でシュールな世界です。流れのリズムなど横尾忠則氏のポスターを思い出す感じもありますが、赤ん坊以外は総て彼自身であるのはより個人的で強烈です。中心の大きな本人の顔がTVスクリーンに覆われて実像でない本人の仮面として現在でしょうか?赤裸々な世界ですからソロ・アルバムには合っていますが、今見ても強烈です。
c0058954_221892.jpg
c0058954_2213520.jpg
c0058954_22207.jpg
c0058954_2232339.jpg
c0058954_2233623.jpg
c0058954_2235287.jpg
c0058954_225946.jpg
c0058954_225402.jpg
c0058954_226106.jpg
c0058954_2262573.jpg
c0058954_2265163.jpg

バルテュスの作品。
c0058954_2211915.jpg
c0058954_22112145.jpg
c0058954_22113415.jpg

by zappapa | 2012-10-15 22:16 | 今日の1枚 | Comments(0)

ELVIS 2 (JZ)

エルヴィス・プレスリーの続きです。映画エルビス・オン・ステージでは、1970年の彼のステージを見ることが出来ます。当時オン・タイムでは見ましたが、ジェネレーション・ギャップででしょうか、記憶だけ残っている感じです。唯一ジャンプ・スーツ、サングラス、モミアゲは、強烈に彼の個性としてイン・プットされました。それとリズム・ギターの心地よさは、キース・リチャードでなく、ここで覚えたものです。この頃のポスターなどのアイテムは、僕の知ってるエルヴィスです。スゴイ指輪は、ダイヤモンドが碁盤上に埋められ、サイドに EP とイニシャルがあります。いかにも帝王エルヴィスにピッタリです。エルヴィス・グッズの人形、スカート、帽子、セーターなども何てことがない感じのものですが、ヴィンテージ・アイテムになってしまってます。
c0058954_20174495.jpg
c0058954_2018879.jpg
c0058954_20183181.jpg
c0058954_20185853.jpg
c0058954_20192135.jpg
c0058954_20195532.jpg
c0058954_20201924.jpg
c0058954_20204290.jpg
c0058954_2021421.jpg

by zappapa | 2012-10-12 20:25 | 今日の思い付き | Comments(0)

RIVER (JZ)

ハービー・ハンコックのアルバム RIVER です。2007年のアルバムです。50周年でのグラミー賞に輝いたものです。1979年のジョニー・ミッチェルのアルバム制作に参加して以来実に四半世紀後にこんな素晴らしいアルバムにまでジョニーの作品が昇華したことに驚きもし、感心した次第です。作詞作曲はほとんど総てジョニー・ミッチェルです。昔、彼女のジャズ系アルバムを聴いた時には、もうひとつ余り興味が湧きませんでした。今回、アレンジの良さ、多彩なヴォーカル陣などの細かい心使いが総てに成功したものと思える出来栄えです。1曲目からノラ・ジョーンズの歌声です。以前 M ステの番組で演奏し歌っていた印象が素晴らしいものでした。昨日、SONGS という番組で彼女の特集を見ていろいろディテールも分かりました。何とラヴィ・シャンカールの娘さんだったんですね。DNA は、流石にこんなに素晴らしいアーティストとして引き継ぐことになるんですね。他の曲でも何人もの女性ヴォーカルが魅力です。そうそうティナ・ターナが渋くて良いです。彼女の歌声で思い出しましたが、エルヴィス・コステロはティナの影響大の歌い方で大人のエンターテイナーになった印象です。他にジョニー・ミッチェル自身も歌っていますが、若手の歌手でジョニー以上にジョニー風に歌っている人もいてこれまた楽しませてくれます。ハービー・ハンコックのピアノも素晴らしいです。曲の出だしでマイルスのカインド・オブ・ブルーのアルバムの幾つかの曲の出だし(オリジナルはビル・エヴァンス)を弾いて始るのも、オヤッ?と思わす感じが魅力的です。ドラムがザッパ・バンド出身のヴィニー・カリュータです。しっっとりした実に繊細で控えめな演奏でこれも素適です。
c0058954_2232542.jpg
c0058954_2235287.jpg
c0058954_2242696.jpg
c0058954_2244467.jpg
c0058954_22502.jpg
c0058954_2252155.jpg
c0058954_2254163.jpg

by zappapa | 2012-10-11 22:16 | 今日の1枚 | Comments(0)

ELVIS (JZ)

オークション・カタログからです。エルヴィスで1冊になっていて驚きます。残念ながら、世代として晩年のエルビスにしか接しなかったために、余り関心がなく知らないことばかりです。高校の卒業アルバム(1953年)も出展されています。この時の写真は、既に大人のような印象で驚きます。他の生徒も似たり寄ったりで大人っぽい印象です。みんな正装で当時のアメリカの社会の雰囲気が伝わります。1956年のブロマイドの方が若々しいです。1954年の最初のレコード、That’s All Right B面が、Blue Moon of Kentucky です。78回転のSP盤とシングル盤と両方出ていたようです。そういう変わり行く時期だったのでしょうか。レーベルのデザインで会社名のSUN である太陽の光がでていますが、SP盤ではその中心に鶏が、描かれています。。シングル盤では、そこに大きめの穴がある為に完全に消え去っています。この違いは、相当大きいことだと思いますが。。。。。ポスターは名前、バンド名のみの素朴な時代だったようです。文字は太めで読みやすいスタイルに徹しています。
c0058954_2142010.jpg

卒業アルバム。
c0058954_21423989.jpg
c0058954_214334.jpg
c0058954_21432585.jpg

1956年のブロマイド。
c0058954_21474979.jpg

最初のSP盤。
c0058954_2144953.jpg
c0058954_21444767.jpg

最初のシングル盤。
c0058954_2145448.jpg

翌年、1955年のシングル盤。
c0058954_21462124.jpg

ポスター。
c0058954_21465555.jpg

by zappapa | 2012-10-10 21:49 | 今日の思い付き | Comments(0)

SERCHING FOR SUGAR MAN (JZ)

知人から貸して頂いたアルバムです。SERCHING FOR SUGAR MAN というタイトルの映画のサウンド・トラック盤です。ロドリゲスという70年代初期に2枚のアルバムを出しただけでヒットしないまま消えていったアーティストを探すドキュメンタリー映画です。サウンド・トラックもその2枚のアルバムやその後、残っていた音源をアルバム化したものからのものです。不思議な物語ですが、アメリカで全く人気が出なかったのに時間を経過した後(70年代中頃)、南アフリカ、ジンバブエ、ニュージーランド、オーストラリアで話題になり、79年にオーストラリアに招かれコンサートをしたものがアルバムになったりと異例なことが起こります。その後も10年単位ぐらいに周期で話題が起こりコンサートを行う事態だったようですが、彼自身は、音楽活動を辞めていたようです。最近も南アフリカのファンたちから、伝説化していた彼の今の消息を問われることが多く、ついにドキュメンタリーの映画となって、今年の映画祭に登場し時の人となっているようです。現在、ニューヨークでも上映されています。さて音楽の方ですが、ディランのようなギターを使ってのスタイルで政治などにまつわる市民側の立場からの歌詞を美しい声で分かりやすい語りで歌っています。風貌も似ていますが、盲目のホセ・フェリシアーノのような歌声です。全く聞いた事もなかったですが、素適な雰囲気です。また、歌詞が日本語でも英語でも全く入ってこない僕にも何故か歌詞が入ってくるのには驚きました。ここが、特定の地域で人気が出た秘密と関係しているのかなあ???との思いです。バックに入っているストリングスも洗練されていて良いです。最初のアルバムは、出身地のデトロイトでの録音1970年発売です。当時 MC5 というヘヴィー・ロックのバンドが活躍していた街の印象が強いので、人気が出なかった不運もあるのかなあ?とも思ってしまいます。メキシコ系6世代目は、そのまま名前の Sixto Diaz Rodriguez となりました。貧しい不遇の移民系の彼の歌声は、それらを撥ね退ける力のある声です。2枚目のアルバムは、ロンドン録音で71年に出ます。ギターリストのクリス・スペディングの名前を見つけ、嬉しい思いです。映画が話題になり有名なデイヴィッド・レターメンの番組やCNNのインタヴューに登場となり、今後の動きや話題が気になります。
c0058954_2294767.jpg
c0058954_2210457.jpg
c0058954_22102267.jpg
c0058954_22103624.jpg
c0058954_22104926.jpg
c0058954_2211117.jpg
c0058954_22113115.jpg
c0058954_22114449.jpg
c0058954_22115884.jpg
c0058954_22121225.jpg
c0058954_22122688.jpg
c0058954_2212417.jpg

by zappapa | 2012-10-09 22:22 | 今日の1枚 | Comments(0)

現役もろもろ (JZ)

現役関連です。HITOMI と競演したスタンリー・クラークは、今度チック・コリアとです。ミニ・リターン・トゥー・フォーエバーです。2人共、元気一杯です。立派です。ギターのジム・ホールも息が長いです。以前、話題になりましたエリック・ゲイルが、マジでジミ・ヘンのトリビュートです。スゴイでしょうねええ。。。ブルース系も健在です。ジョニー・ウィンター、バディー・ガイ。迫力です。リトル・フィートのキーボード奏者のビル・ペインが、ソロで活動しています。バンドは、バンドで活動しています。両方やってるのかなあ???変わった所では、元モンキーズのドラマー、ミッキー・ドレンツ。ディヴィー・ジョーンズが亡くなってしまいましたが、彼は、彼でしっかりやってるんですね。ソーホーのギャラリーでジョンのイラストの展覧会です。ショーンも入った3人のものは知りませんでした。幸せ一杯の世界だった印象です。これまた変わった広告です。日本の映画、ファイナル・ジャッジメントです。宗教系のもののようなのでそういった方向からやってきたのでしょうか???
c0058954_21491988.jpg
c0058954_21494523.jpg
c0058954_2150456.jpg
c0058954_21501712.jpg
c0058954_21503464.jpg
c0058954_21504852.jpg
c0058954_215122.jpg

by zappapa | 2012-10-08 21:54 | 今日のニューヨーク | Comments(0)

シローニ もろもろ (JZ)

オークション・カタログからです。先日ジャンニ・マッティオッリ・コレクションを紹介した中に僕の好きなマリオ・シローニの作品もありました。そこで最近見かけた彼の作品を取り上げます。イタリアの美術、建築はファシズム時代にモダニズム的な世界が権力と結びついてしまいました。通常権力的なものは、むしろ古典主義的な圧倒的存在感、迫力の方に向かう傾向があるようです。ナポレオンしかり、ナチスしかりでした。ところが、ムッソリーニ側は、もっと洗練されたモダニズムを選んでしまいました。幸か不幸か、このような歴史のため戦後モダニズ イコール ファシズムというレッテルだ出来てしまい、他の国からどんどん遅れをとる結果を生んでしまいました。70年代中頃からようやくこのアレルギーを取り除く動きが出てきたように思います。長くなってしまいましたが、このマリオ・シローニもそのモダニズム継承者の悲劇的歴史の力に飲みこまれた一人です。この絵も多分ファシズム時代の絵でしょう。もうひとつ最近見た彼の作品も同じ時期のものです。プロバガンダ的であり戦後、冷飯を食わされる結果となりますが、作家のスタイルやオリジナルな世界でやはり好きな人です。先日、日曜美術館で藤田嗣治の特集をみました。この企画も戦時中に戦争鼓舞のためのプロバガンダ的な絵を一番描いた画家という切り込みで余り知らない彼の世界を見ました。その中でも将来平和な時代に見る人達にも伝わる悲喜劇の世界を懇親の力で示した世界でいろいろ考えさせられました。
c0058954_21573728.jpg
c0058954_2158052.jpg
c0058954_2224943.jpg

藤田嗣治の戦争画。
c0058954_22192065.jpg
c0058954_22193343.jpg

by zappapa | 2012-10-05 22:20 | 今日の1枚 | Comments(0)

CLAVICHORD (JZ)

モーツアルトのクラヴィコードによるCD盤です。最初は、チェンバロ、ハプシーコード、クラヴサンといったものの総称のひとつだと思いましたが、歴史も古く楽器のカテゴリーとしてちゃんと独立した鍵盤楽器でした。構造も単純で家庭用として多く使用されたようです。今回のアルバムでは、3つのクラヴィコードが使用されています。その内のひとつは、モーツアツト自身が所有していたもので、現在ザルツブルグのモーツアルト・ミュージアムに展示されているものです。楽器の特徴としては、単純なために音量が小さめでコンサート・ホールでの演奏は、難しいようです。CDの音でもメロディーの音と共に弦を叩く打楽器的な音が、相当入っていて、ちょっと聴き辛い印象です。モーツアルト所有のものは、その中では1番聴きやすい感じでした。既にチェンバロなどで聞き知った曲なども打楽器曲のような違った印象で驚きます。モーツアルト自身、そのような音で聞き、作曲し、演奏したのでしょうねえ。複雑な気持ちです。演奏家のクリストファー・ホグウッドは、かなり革新的なタイプのようで古楽器での演奏へのこだわりや20世紀音楽でも独自の解釈での演奏などかなりアクのある人のようです。このクラヴィコードのCDは、シリーズ化されていて他にバッハ、ヘンデルも出ているようです。体験的な鑑賞でした。
c0058954_21542438.jpg
c0058954_21544351.jpg

中央に展示されているのが、モーツアルト所有のクラヴィコード。表紙のものも同様です。
c0058954_215878.jpg
c0058954_2202311.jpg
c0058954_2204326.jpg
c0058954_2205744.jpg
c0058954_2211117.jpg
c0058954_2213386.jpg
c0058954_221481.jpg
c0058954_222229.jpg

参考までに。
資料1
by zappapa | 2012-10-04 22:12 | 今日の1枚 | Comments(0)

島田和夫さん (JZ)

憂歌団のドラマーだった島田和夫さんがお亡くなりになりました。58歳。ご冥福を願います。同世代としては、驚きました。若すぎます。学生時代、何度かコンサートで見ましたが、強烈なブルース・カラーは、当時、異色中の異色。スゴイ存在でした。ヴォーカル、ギター、全てに圧倒されました。しゃれっ気たっぷりな歌詞や MC も楽しいものでした。
c0058954_2225655.jpg
c0058954_22252150.jpg
c0058954_22253629.jpg

by zappapa | 2012-10-03 22:27 | 号外 | Comments(0)

72年 ストーンズ・ライブ DVD (JZ)

ストーンズのDVD盤です。1972年、テキサスでの4つのコンサートをまとめたものです。1974年に映画の形をとって仕上がったようですが、その後オクラ状態だったものが2010年秋にようやくDVD化出来たようです。とにかく好きになった Exile on Main St. のアルバムの完成後のツアーだったようで、このアルバムからの曲が多く、有難いです。2006年のライブDVD盤に比べ、若く、声の厚みが素晴らしいミックの歌声に圧倒、脱帽です。ギターは、ミック・テイラーが卒のないソロで頑張っています。サイド・ギター中心のキースが、とにかくカッコイイです。ドラムのチャーリーも想像以上にアグレッシヴなドラミングでいいです。この頃は、オリジナルのベースのビル・ワイマンが健在です。静かに淡々と演奏しているのが独特です。服装、メイクなどでグラム・ロックの影響が出ているようですが、これが似合ってカッコイイです。さすが、ミックですね。文句なしの演奏、盛り上がりです。
c0058954_21513121.jpg
c0058954_21515136.jpg
c0058954_2152586.jpg
c0058954_21521863.jpg
c0058954_2152372.jpg
c0058954_21525024.jpg
c0058954_2153926.jpg
c0058954_21532029.jpg
c0058954_21533244.jpg
c0058954_21542696.jpg

by zappapa | 2012-10-03 21:57 | 今日の1枚 | Comments(0)