<   2012年 03月 ( 23 )   > この月の画像一覧

ETIENNE BOUHOT (JZ)

同じオークション・カタログからですが、共通のテーマのものです。ゴシックの建物の中から今度は、外を覗くようなものです。フランスの画家です。1780年-1862年。HENDRICK VAN STEENWIJK 2 から100年ほど後です。外の空気や色が、新しい雰囲気を伝えています。この暗いインテリアから光を望むことは僕も興味がありました。昔描いたスケッチも載せます。ヨーロッパの分厚い石の壁をこういった向きや光で見た時に彼らの独特の空間や指向を感じます。スケッチは、ストラスブルグのものです。
c0058954_2154175.jpg
c0058954_21542034.jpg
c0058954_21544272.jpg
c0058954_21545423.jpg

参考までに。
ETIENNE BOUHOT
by zappapa | 2012-03-30 21:58 | 今日の1枚 | Comments(0)

HENDRICK VAN STEENWIJK 2 (JZ)

オークション・カタログからですが、ベルギーのアントワープ辺りで活躍したフレミッシュの画家のようです。父親も奥さんも同じく画家です。1580年ー1649年ですからバロック期になります。ゴシックのインテリアなど繊細です。丸い絵は、直径12cmと小さい細密画です。米粒に絵を描いたりする極小のものでないですが、ミクロ・サイズでディテール、光などが巧みに描かれています。同じサイズの丸い絵では、インテリアですが、また趣きの違った世界を描いています。疲弊した兵士の姿からピエロ・デッラ・フランチェスカの1枚を思い出しました。同じく彼の影響下にあるPieter Neeffs I (1578年ー1656年)の作品も同じ様なゴシックのインテリアが丁寧に描かれています。これも13CMx17CMと小さいサイズです。どちらもパイプ・オルガンも素適です。彼らの技術的なレベルの高さが、その後も彼らの美術の歴史を造って行くことになったのでしょう。
HENDRICK VAN STEENWIJK 2 の作品。
c0058954_2221723.jpg
c0058954_223943.jpg
c0058954_2232313.jpg
c0058954_2234689.jpg

ピエロ・デッラ・フランチェスカの作品。
c0058954_2242217.jpg

Pieter Neeffs I の作品。
c0058954_2254197.jpg

c0058954_2255634.jpg
c0058954_2261662.jpg

参考までに。
HENDRICK VAN STEENWIJK 2
Pieter Neeffs I
by zappapa | 2012-03-29 22:13 | 今日の1枚 | Comments(0)

CLEO'S MOOD (JZ)

ジュニア・ウォーカーのクレオズ・ムードという曲が入ったベスト・アルバムです。先日、ラリー・コリエルのレディ・コリエルのアルバムを紹介した時に出たのが彼のこの曲です。レディー・コリエルのアルバムが、ロック寄りのジャズでしたが、もっともロックっぽい雰囲気で熱いサウンドでした。しかも会社の同僚フランクのテーマ曲だったのも手伝ってこの熱気のあるオリジナルが聴きたかった訳です。オリジナルもサックスでメロディ・ラインが進行し、独特の雰囲気がいいです。フランクもこのメロディを熱く吹いていたんだなあなんて想像が膨らみました。R & B 系の人ですが、歌、サックスとなかなかのタレントです。歌もいい声で上手いです。他の曲でも知っているヒット曲もあり今頃ヘェーって驚いています。こういった路線の人が、相当イギリスの当時のロック世代に大きく影響を与えたのだろうと思える曲やサウンドが、随所にみられました。スティーヴィー・ウィンウッドなど白人系で黒っぽいものをコピーしていた人たちは、もろコピーのような感じもあります。そういうルーツのひとつのようで面白いです。
c0058954_21424994.jpg
c0058954_2143581.jpg
c0058954_2143236.jpg
c0058954_21433544.jpg
c0058954_21443117.jpg
c0058954_21444321.jpg

by zappapa | 2012-03-28 21:46 | 今日の1枚 | Comments(0)

BAT もろもろ (JZ)

先日、紹介したBAT CHAIN PULLER のアルバムのジャケットに出てくるこうもりのイメージが、強く記憶に残っていましたが、オークション・カタログでまた不思議なこうもりのデザインのものと出会いました。1900年頃のベルトのバックルだそうです。アール・ヌーボー期ですが、デザインはリアルな印象です。ベルト穴に通す金具も鋭利なデザインで怖さを強調している印象です。そうなると他のこうもりデザインも気になってきました。バット・マン(1939年)も有名なこうもりキャラです。ベルトは以外にシンプルで機能的です。マスク、マント、胸のマーク、車などがメインにこうもりデザインのような印象です。日本では黄金バット(1930年)なるキャラもありましたが、こちらはドクロの頭でこうもり風ではないようです。タバコでゴールデン・バットという一番安い庶民の味方がありました。これも1906年スタートとかですので1900年頃にこうもりは、以外にデザイン・モチーフとして使われたようです。
BAT CHAIN PULLER のアルバム。
c0058954_21554468.jpg

オークション・カタログのベルトのバックル。
c0058954_21471691.jpg
c0058954_21473162.jpg

同類のもの。
c0058954_21475286.jpg

こうもりの概要。
c0058954_21483766.jpg

バットマン。
c0058954_2149796.jpg

c0058954_21562475.jpg

黄金バット。
c0058954_21493732.jpg

ゴールデン・バット。
c0058954_2150546.jpg

by zappapa | 2012-03-27 21:58 | 今日の思い付き | Comments(0)

現役もろもろ (JZ)

リー・リトナーは久しぶりのように思います。現役です。今年もヴェンチャーズの名前が。脱帽です。ウォー、タワーオブ・パワーと懐かしい名前です。ジェファーソン・スターシップも元気です。ディビージョーンズは、メモリアルですね。合掌。元ストーンズのミック・テイラーも今年も帰ってきました。USデビューの東儀秀樹氏は、週末にワシントンD.C.での桜まつりに参加の後ニューヨークでもコンサートのようです。同じく雅楽では、コロンビ大学で開かれます。会場は、以前ザッパ先生のシリアス曲のコンサートが開かれたミラー・シアターです。キッスが、コンサートのようです。メイクすると年齢不詳ですから昔と変わらない印象です。ミュージカルでは、ジーザス・クライスト・スーパー・スターが、始まります。
c0058954_21422735.jpg
c0058954_2142523.jpg
c0058954_21431054.jpg
c0058954_21435012.jpg
c0058954_2144948.jpg
c0058954_21442783.jpg
c0058954_21444026.jpg
c0058954_2145188.jpg

by zappapa | 2012-03-26 21:46 | 今日のニューヨーク | Comments(0)

コルビジェ、ポンティ (JZ)

同じくオークション・カタログからです。ペリアンの師匠のコルビジェの家具もありました。コルビジェのものは、今で言うスラット・ウォールの家具パネルで付属品で棚やブラケットなど多様な使い勝手があるものです。他にキャビネットもあります。両面が使えるタイプで自由度が、あります。1950年から55年頃ですから集合住宅や学生寮などのためのものでしょう。木の色とアイボリー色で落ち着いたものです。さて、ジオ・ポンティのものですが、作品集では目にしなかったものです。ナポリのホテルで使われたもののようです。
でテーブル、キャビネットです。壁に取り付けるのか?定かではありませんが、キャビネットの中央部にある細いメタルの脚が、美しいです。照明器具や他の彼のデザインに出てくるものに近いパターンのものが、キャビネットの引き手のデザインで楽しんでいます。1953年です。
コルビジェの家具。
c0058954_2254270.jpg
c0058954_2255811.jpg

ジオ・ポンティの家具。
c0058954_2263177.jpg
c0058954_2264563.jpg
c0058954_227179.jpg
c0058954_2271832.jpg
c0058954_2273652.jpg

by zappapa | 2012-03-23 22:07 | 今日の思い付き | Comments(0)

ペリアン (JZ)

シャーロット・ペリアンの展覧会が、鎌倉の美術館で昨年10月から今年の1月まであったようです。彼女は家具作家で有名ですが、最近は、豪華本が出るほどで、しっかり評価が高いようで嬉しいです。コルビジェの所で活躍し日本にも展覧会で来日したりで昔から馴染み深い女性です。僕は、最初の事務所が彼女の曲げ木加工の椅子をライセンス契約し販売もするショップも持つアトリエだったので実物を見れたのは幸運でした。積み重ねが可能で、あるべきデザインの深さや気品を学んだものでした。最近のオークション・カタログで彼女の知らない家具が出ていたので紹介します。1959年から63年頃の作品です。木のベンチにソファー・クッションを取り付けたもの。タイムレスな味わいです。他にキャビネット、テーブル、ダイニング・チェアー、照明器具などです。
c0058954_2145574.jpg
c0058954_21461567.jpg
c0058954_21463570.jpg
c0058954_21465227.jpg
c0058954_2147794.jpg
c0058954_21472313.jpg

最初の事務所で出会った椅子。カラー・ステイン色のものもありました。
c0058954_21483474.jpg

若き彼女とコルビジェ。
c0058954_2150562.jpg

by zappapa | 2012-03-22 21:57 | 今日の思い付き | Comments(0)

WHERE THE WILD THINGS ARE (JZ)

マンドリンやギターの話が出たのでこの1枚を紹介させて頂きます。WHERE THE WILD THINGS ARE です。ヴァイのテクニックは、もう話す必要もありませんが、今回もまたもうひとつ上の次元に行ってしまったような印象で驚きの方が先ずありました。同時にDVD盤も出ているのでこちらを見たらもっと凄いのだろうとの思いに駆られます。前半はハード系、後半は、アコースティック・ギターで違ったソフトな世界も見せてくれます。前半でスロー・バラードのような曲は、ジミ・ヘンの曲に近い印象でこの頃かこの後辺りにジミ・ヘンの曲を演奏するツアーを行ったことと繋がっていくように思えます。テクニック以外でも曲の感じ(メロディーやリズム進行)でザッパ先生のスタイルを守っている部分もしっかり出ています。今後どんなレベルや方向性に向かうのかやはり注目して行きたい気になる存在です。ジャケットのデザインも最近のものは、なかなか凝っていて共通したものがあります。彼らしい感じで好感が持てます。
c0058954_2154111.jpg
c0058954_21533345.jpg
c0058954_21535232.jpg
c0058954_21543317.jpg
c0058954_21553311.jpg
c0058954_21544917.jpg
c0058954_21555524.jpg
c0058954_2156119.jpg
c0058954_21563227.jpg
c0058954_21564811.jpg
c0058954_21571078.jpg
c0058954_21572722.jpg

by zappapa | 2012-03-21 22:03 | 今日の1枚 | Comments(0)

ギター・オークション #7 (JZ)

ギター・オークション・カタログの続きです。マンドリンは、大きさでウクレレのように手頃な大きさですから楽しまれたのもなかなか古く、カタログでも19世紀末のものがあるようです。今回のものは、10年代からですが、色も白っぽいもの、黒っぽいもの、木地仕上げとヴァラエティーです。カントリー・ミュージックには欠かせないアイテムです。ギブソンのものが勢揃いです。形もいろいろあるんですねえ。。。。ボディーと糸巻きのデザインも統一された関係も面白いです。
c0058954_2130557.jpg
c0058954_21302081.jpg
c0058954_21303882.jpg
c0058954_21305514.jpg
c0058954_2131976.jpg
c0058954_21312475.jpg

by zappapa | 2012-03-20 21:34 | 今日の1册 | Comments(0)

LA BOITE DU RESTARATEUR 1959-89 (JZ)

先日、モナリザを取り上げた時に紹介した JEAN-PIERRE YVARAL 氏の作品は、カバンに入ったアート作品でしたが、LA BOITE DU RESTARATEUR 1959-89 と言う展覧会からのものでした。この時に同じスタイルのカバンに入ったアートで他の作家のものも多くありますので幾つか紹介します。同じ条件で全く違った作品が並ぶ面白い企画です。しかもカバンに入るので持ち運びも便利でユニークなものです。
c0058954_21295513.jpg
c0058954_21301779.jpg
c0058954_2130426.jpg
c0058954_2131077.jpg

by zappapa | 2012-03-19 21:34 | 今日の思い付き | Comments(0)