<   2011年 11月 ( 20 )   > この月の画像一覧

THE PERGAMON ALTAR (JZ)

ペルガモンの本を新たに見つけました。新しいのでカラー写真のクオリティーは、いいです。以前にも紹介しましたが、ヘレニスティックな彫刻の代表のような趣です。復元模型をみていると、凄い都市があったことが分かります。これらに数々の彫刻があったことでしょう。。。。ほんの一部ですがご覧下さい。
c0058954_22355882.jpg
c0058954_22362988.jpg
c0058954_22364939.jpg
c0058954_22373477.jpg
c0058954_2237571.jpg
c0058954_22382262.jpg
c0058954_22384340.jpg

この彫刻をみると、ミケランジェロのメジチ家の彫刻や白井晟一の面影を浮かべてしまいます。
c0058954_2374493.jpg

c0058954_23105845.jpg
参考までに。
http://yaretoho.exblog.jp/3143478/
http://yaretoho.exblog.jp/15312086/
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9A%E3%83%AB%E3%82%AC%E3%83%A2%E3%83%B3%E5%8D%9A%E7%89%A9%E9%A4%A8
by zappapa | 2011-11-30 23:11 | 今日の1册 | Comments(0)

FRANTISEK DRTIKO (JZ)

フランチシェク・ドルチコルという写真家の作品をオークション・カタログで見つけました。1930年の作品です。マン・レイより7歳上です。ほぼ同じ時期に活躍していたことになります。写真の可能性を人とモダンな背景で独特のファンタジー溢れる世界に仕上げた作品に思わず引き込まれてしまいました。こういった工夫は、カメラの技術が進歩すると衰退してしまったように思われます。マン・レイなども同じ様な試みの作品があります。僕らの世代の林海象氏のモノクロームの映画で見たサーカスの舞台を思い出してしまいました。1930年に最初の個展が開かれていますが、なんと日本でです。しかも東京と大阪です。当時の大阪にはこのようなモダンな文化を受け入れる大きな力があったのでしょう。大阪に新しい市長などが誕生した今、また文化的な面でも新たな動きが出てくることを願います。NHKの朝のドラマ カーネーションでも元気な大阪が、描かれています。頑張れ大阪!!!
c0058954_22411397.jpg
c0058954_22412940.jpg
c0058954_22414735.jpg

参考までに。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%81%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%89%E3%83%AB%E3%83%81%E3%82%B3%E3%83%AB
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%AC%E3%82%A4
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9E%97%E6%B5%B7%E8%B1%A1
by zappapa | 2011-11-29 22:51 | 今日の1枚 | Comments(0)

FZ / CARNEGIE HALL-3 (JZ)

カーネーギー・ホールの続きです。画像が多いので分けました。
c0058954_23222285.jpg
c0058954_23223942.jpg
c0058954_2322541.jpg
c0058954_23233160.jpg
c0058954_23234546.jpg
c0058954_2324156.jpg
c0058954_2324233.jpg

左半分の赤いチケットは、本当におまけグッズでチケットとして入っています。
c0058954_23244575.jpg

by zappapa | 2011-11-28 23:26 | 今日の1枚 | Comments(0)

FZ / CARNEGIE HALL-2 (JZ)

サンクス・ギビングの休日はのんびり過ごせました。さて、先日、ザッパ先生の新譜 CARNEGIE HALL LIVE のジャケットだけは、取り急ぎ載せました。今日は、残りを載せます。今回のライブは、1971年10月11日の2回の公演が、丸々入ったものです。既にザッパ先生は、以前にこの辺りのものは、フィルモア・ライブ1971年6月、JUST ANOTHER BAND FROM LA (1971年、8月)というライブ・アルバムで当時出しています。その後、PLAYGROUND PSYCOTICS (1992年)というアルバムで1970年から71年辺りをまとめたものが2枚組みCDで出ています。ということで演奏内容は、既に知った内容のものが多いです。一部は本邦初もありますが、ブート盤で既に知られている内容です。唯一初モノは、出だしの25分の前座の演奏です。ドゥー・ワップのものです。これは、ザッパ先生ではないようですが、彼好みのもので興味深いです。短い曲がドンドン進行しいろんなものが聴けるのは嬉しいです。レベルも高いコーラス演奏です。今回2週間ほど出るのが遅れましたが、期待通りの素晴らしい内容です。今までファンとして聴きたかった内容が詰まっている感じで満足度は、高いものです。ただ最初は、聴きなれた演奏で驚きが少ない印象でしたが、聴きこんで行くと、ドンドン深みにハマリ、じわっと感動が膨らんできます。個人的には、3枚目のPOUND FOR A BROWN のギターソロに涙するくらい引っ張られます。このソロは、ブート盤だったかで既に知っている内容でしたが、前後の演奏を聴いてのソロは、更に光って感じます。メンバーそれぞれのソロでも出色の部分がしっかりあり、これも嬉しいです。この時期のコンサートを見れたらどんなにか良かったことかと思われます。既に40年が過ぎましたが、内容は、今でも文句なしに素晴らしいです。4枚目のラストが、本当にコンサートのアンコールの最後なの?と思ってしまう印象で、もっと続きがあったのでは?とか更なる続きを期待したくなる印象で終わりました。この後2ヶ月後ぐらいのヨーロッパライブでは、更にスピード感、多彩なアクセントがちりばめられて進化して行きます。当時のクリエイティヴな流れは、実に印象的な時期です。キーボードのメンバーのドン・プレストンだけ写真紹介がないのは現在のファミリーとの関係でしょうか?ちょっと淋しい構成です。
c0058954_23103125.jpg
c0058954_23105460.jpg
c0058954_23111914.jpg
c0058954_23114079.jpg
c0058954_23115749.jpg
c0058954_23123974.jpg
c0058954_23125372.jpg
c0058954_23134833.jpg
c0058954_23142573.jpg
c0058954_23143994.jpg
c0058954_23145697.jpg
c0058954_23151285.jpg
c0058954_23153181.jpg
c0058954_23154734.jpg
c0058954_2316698.jpg
c0058954_23162113.jpg
c0058954_23164131.jpg
c0058954_23171523.jpg

参考までに。
http://yaretoho.exblog.jp/16969157/
http://yaretoho.exblog.jp/17124635/
by zappapa | 2011-11-28 23:20 | 今日の1枚 | Comments(0)

EAMES (JZ)

イームズの家具と言えば、日本でも有名です。彼と彼の奥様の映画が、出来たようです。大昔に短い教育映画のようなものがありましたが、今回は、84分と長いもののようです。家具が有名ですが、自宅などの建築なども合理的な世界を作り上げています。ご夫婦がどのように仕事を分担されていたかなどは全く知りませんので、興味が湧きます。
c0058954_2229345.jpg
c0058954_22291417.jpg
c0058954_22292574.jpg

参考までに。
http://www.filmstransit.com/index.php?option=com_jmovies&Itemid=70&task=detail&id=209
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%BA%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%82%BA
by zappapa | 2011-11-23 22:30 | 今日のニューヨーク | Comments(0)

PAUL に捧げます。 (JZ)

以前に、ジャズのアルバム紹介でお世話になりました建築家ポール・ギャレット氏が自身の愛車での事故により11月20日(日曜日)に亡くなられました。71歳。ご冥福を願います。有名な建築家のポール・ルドルフの事務所で腕を磨きプロフェッショナルとして素晴らしい活躍をされました。一緒に幾つかの仕事が出来たことは貴重な経験でした。心から感謝しています。数年前にリタイヤされてのんびり趣味のスポーツカー三昧の日々を過ごされていたことでしょう。残念です。彼と一緒のカーネギー・ホールでマーラの未完の10楽章のコンサートを楽しめたことが蘇ります。ということでマーラのダイジェスト3枚組みのアルバムを彼に捧げます。独特の審美的世界が素晴らしいです。もうひとつ捧げます。昨夜届いたザッパ先生の新譜カーネギー・ホールでのライブ(1971年10月11日)です。こちらは、後日詳しく載せます。
c0058954_2331351.jpg
c0058954_2334177.jpg
c0058954_2341987.jpg
c0058954_234348.jpg
c0058954_235558.jpg
c0058954_2353855.jpg
c0058954_2361482.jpg
c0058954_2365679.jpg
c0058954_2372238.jpg

ポールの愛車 LOTUS です。
c0058954_23105616.jpg

参考までに。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%95%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%BC
http://en.wikipedia.org/wiki/Paul_Rudolph_(architect)
by zappapa | 2011-11-22 23:14 | 今日の思い付き | Comments(0)

ヴェルサーチ (JZ)

ヴェルサーチが亡くなってから月日がたちました、オークションで別荘を売却したりと淋しい話ばかりでした。今回久々に見た広告です。H & M がまたもやコラボレートです。今回は、ヴェルサーチ。今朝アップタウンンのお店のディスプレーをヴェルサーチものに模様替えをしていました。コムデやソニヤ・リキエルなどのブランドの次は、ここでした。宣伝のモデルもどことなく、引き継いだ妹のスタイルを感じます。華やかな雰囲気は相変わらずで素適です。最近ユニクロの大型店がマンハッタンに2つ出来て話題になっています。黒木メイサのモデル写真が際立っています。日本のコマーシャルでも出ていますが、別のスタイルのもののようです。この安い2つのブランドが、力強いこの頃です。
c0058954_22575494.jpg
c0058954_22581170.jpg
c0058954_22583622.jpg
c0058954_22584986.jpg
c0058954_2259466.jpg

参考までに。
http://yaretoho.exblog.jp/10155386/
http://yaretoho.exblog.jp/13796379/
by zappapa | 2011-11-21 23:03 | 今日のニューヨーク | Comments(0)

OSSIP ZADKINE (JZ)

OSSIP ZADKINE (オシップ・ザッキン) の絵をオークション・カタログで見つけました。彼の名前と作品が結びつかずいましたが、有名な彫刻家です。この参考の彫刻は、特に有名です。さて絵の方ですが、彫刻家らしいヴォリュームに赴きが、入ったもののように思えます。確かなフォルムに力強さが、漲っています。彼と藤田嗣治氏やモディリアーニととても親しい間柄だったことにも驚きます。
c0058954_23346100.jpg

有名な彫刻。
c0058954_2342020.jpg
c0058954_2352341.jpg
c0058954_235408.jpg

参考までに。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%82%B7%E3%83%83%E3%83%97%E3%83%BB%E3%82%B6%E3%83%83%E3%82%AD%E3%83%B3
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%97%A4%E7%94%B0%E5%97%A3%E6%B2%BB
by zappapa | 2011-11-18 23:07 | 今日の1枚 | Comments(0)

LOVE TO LOVE YOU BABY (JZ)

ドナ・サマーの1枚目をようやく見つけました。世界で出た最初のアルバムですが、どうもその前に Lady of the Night というタイトルのものがオランダのみで初期のモノが出ていたようです。とにかく、この LOVE TO LOVE YOU BABY 素適な内容です。1曲目は、LP の A 面全部使っての力作です。(16:50)。ベスト盤では、3:22とショート・ヴァージョンでした。B 面が、しっとりやさわやかなソウルフルな楽曲で彼女の実力が既に開花した素晴らしい内容です。このB 面のために買ったようなものでしたが、やはり、裏切られませんでした。ディスコ系になる前なので聴き易いです。
c0058954_22392887.jpg
c0058954_22401090.jpg
c0058954_22402491.jpg
c0058954_22403661.jpg

参考までに。
http://en.wikipedia.org/wiki/Love_to_Love_You_Baby
http://yaretoho.exblog.jp/16509194/
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%83%8A%E3%83%BB%E3%82%B5%E3%83%9E%E3%83%BC
by zappapa | 2011-11-17 22:42 | 今日の1枚 | Comments(0)

居眠り磐音 江戸双紙 (JZ)

居眠り磐音 江戸双紙 を読み続けています。現在9巻目に入りました。図書館で見つけたものですが、とにかく面白いの一言。もうひとつ彼の作品の古着屋総兵衛影始末 も何冊か読み、これまたハマッてますが、取り合えずは、こちらの主人公、坂口磐音に取り付かれてます。著者の佐伯泰英は、以前NHKの番組の ブックレヴューで本人が出ている時のものを見ました。不思議な経歴や品のいい雰囲気で記憶していました。このシリーズは、現在37巻まで続いているようで、今後もずっと楽しめそうで有難いです。既にドラマ化されていたんですね。是非、見てみたいです。と思った所、山本耕史と小松政夫が出ているものは見たことがあるので、知らずに一部は見ているのかもしれません。凄い本と出合ってしまいました。
c0058954_22552532.jpg

参考までに。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%85%E7%9C%A0%E3%82%8A%E7%A3%90%E9%9F%B3_%E6%B1%9F%E6%88%B8%E5%8F%8C%E7%B4%99
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%99%BD%E7%82%8E%E3%81%AE%E8%BE%BB%E3%80%9C%E5%B1%85%E7%9C%A0%E3%82%8A%E7%A3%90%E9%9F%B3_%E
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%90%E4%BC%AF%E6%B3%B0%E8%8B%B16%B1%9F%E6%88%B8%E5%8F%8C%E7%B4%99%E3%80%9C
by zappapa | 2011-11-16 22:56 | 今日の1册 | Comments(0)