<   2011年 09月 ( 25 )   > この月の画像一覧

FZ / Feeding The Monkies At Ma Maison #2 (JZ)

ザッパ先生の新譜が、ようやく届きました。早速ご紹介させて頂きます。ジャケット写真は、広告で知っているつもりでしたが、表面が、プラスチックの凹凸で立体画像に映る豪華な仕上げです。カラフルなので効果としては成功です。ただ、イメージが、軽い印象は拭い去れません。両開き出来ないスリーブで丸く額縁状に穴が開いていてこの写真が、見える指向です。このプラスティックのカバー写真は、取り出し可能です。裏側は、黒っぽい背景に猿の人形が、蝋燭の燭台を両手に持った写真です。中にCDと解説が、半透明の袋に納まっています。ザッパ先生が、シンクラヴィア系の機器の所での写真とアップの写真です。解説は、かなり短めでゲイルとトッド・ウヴェーガー (発音が、定かでありません) です。トッドは、1989年から採譜師 (及び確かコンピューーター技師) としてザッパ先生のスタジオで働いています。ザッパ先生の特集号でもページをもらっていろいろ書いていますのでファンの間では、有名な一人です。短い内容には、今回の頭3曲が、ザッパ先生の編集によりLPで出す内容で出来ていたものにゲイルとジョーにより2曲追加でCD化されたこと。内容は、シンクラヴィアのもので1986年のアルバム、ジャズ・フロム・ヘル以前に出来上がっていたこと。などです。初めての方や晩年のザッパ先生のオフィシャルのシンクラヴィア・サウンドを知っている人には、驚きや喜びをもって迎えられる55分27秒です。実は、少し前になりますが、1986年頃のザッパ先生自身の手書きが入ったカセット・テープが、友人関連から出てきて、ブート音源として出たものが、あります。タイトルは、Resolver + Brutality です。これを聴いている人には、なじみのあるものです。このブート音源の1曲目、Resolver + Brutality ED. 19:57 は、今回の1曲目とほぼ同じ内容に思えます。ブート音源としたらいい音でしたが、今回のものは、とてもサウンド・クオリティーが、高いので聞こえ方は、違います。オフィシャルの今回の2,3曲目は、1994年に出た、Civilization Phaze III のロング・バージョンです。ゲイルたちによって追加された4,5曲ですが、4曲目は、イエロー・シャークのコンサート時にドイツでのみラジオなどで流れた曲のようです。5曲目は、初めて聴く印象です。86年以前ということが、必要以上に書かれている印象ですので、今後86年以降のシンクラヴィア・サウンドものが、出るのかなあ???との期待もあります。今回のシンクラヴィア・サウンドからザッパ先生が、84年から86年頃に更にいろんな方向に向かっていた姿が見えます。最後にこのアルバムは、ピエール・ブーレーズとエリオット・カーターとハロ・ザッパに捧げるとあります。ブーレーズ以外知りません。エリオットは、アメリカの作曲家のようです。最後は、息子アーメットの娘らしいです。
c0058954_2159453.jpg
c0058954_220036.jpg
c0058954_2202026.jpg
c0058954_2203642.jpg
c0058954_221075.jpg
c0058954_2211515.jpg
c0058954_221418.jpg
c0058954_2215956.jpg
c0058954_2222380.jpg
c0058954_2225393.jpg
c0058954_22421100.jpg

参考までに。
http://www.afka.net/resolver-brutality.htm
http://wiki.killuglyradio.com/wiki/Resolver_%26_Brutality
http://yaretoho.exblog.jp/16805135/
http://wiki.killuglyradio.com/wiki/Todd_Yvega
http://globalia.net/donlope/fz/lyrics/Jazz_From_Hell.html
http://globalia.net/donlope/fz/lyrics/Civilization_Phaze_III.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%AA%E3%82%AA%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC
by zappapa | 2011-09-30 22:09 | 今日の1枚 | Comments(0)

ローマの地下 #2 (JZ)

ローマの地下の続きです。番号表示の建物などの件です。1、コロセウム。2、ドムス・アウレア(ネロの黄金宮)(その下には、トライアヌスの浴場)。3、ルドス・マグナス。4、倉庫(後にサン・クレメンテ教会及び複合施設)。5、家(後にサント・ジョン・アンド・ポール教会及び複合施設。6、マキシムス競技施設のミスレアウム。7、ホリトリウム・フォーラム神殿。8、ドムス・テベリアーナ。9、ヴィーナスとローマ神殿。ということです。さすが、KYPS 氏のご指摘通りの名称ばかりです。4番は、前回投稿のCGの絵で出ていたサン・クレメンテ教会だったのですね。これら以外にも多くの建物がビッシリと並ぶ当時のローマ。凄いなあ。。。。。
c0058954_21321764.jpg
c0058954_21323571.jpg

by zappapa | 2011-09-29 21:33 | 今日の思い付き | Comments(3)

ローマの地下 (JZ)

ニューヨークの地下から変わってローマの地下になります。いまだに調査されていない場所は、数限りありません。NATIONAL GEOGRAPHIC の雑誌2006年7月号に載っていたものを見つけました。まだ解説内容まで目を通していませんが、多分黄金宮辺りの発掘が話題になった頃のもののように思われます。ズーム・インしてみるとモザイク画の壁面には、昔のハリウッド映画で再現されたぶどう酒を作る最初の仕事の足で潰す作業の風景が出ています。その踏みつけているプール状の箱の側面にパンダ風の顔が上手く描かれていて微笑ましい印象です。ディテールが、実に凝っています。本当にこのようにして作っていたのですね。興味深いです。
c0058954_21231469.jpg
c0058954_21234936.jpg
c0058954_21241454.jpg
c0058954_21242919.jpg

他にローマの街の昔と現代とを模型写真と航空写真での比較や建物が、いろんな時代の部分が積層して出来ているものをCGで分かりやすく表示されていました。
c0058954_21282124.jpg
c0058954_21283989.jpg
c0058954_21285681.jpg
c0058954_21291379.jpg
c0058954_21293256.jpg
c0058954_21294744.jpg

by zappapa | 2011-09-28 21:34 | 今日の思い付き | Comments(4)

NEW UNDERGROUND PARK (JZ)

マンハッタンの LOWER EAST SIDE に新しい地下のパークの計画のイメージが、発表されました。地下鉄と絡むスペースでしょうが、エコ指向や緑などで別世界になって生まれ変わるような話です。荒っぽいマンハッタンが、どんどん綺麗にされるのは、良いことです。期待したいです。
先ずは、現状況。
c0058954_21504719.jpg

提案のイメージ。
c0058954_21563515.jpg
c0058954_21565633.jpg
c0058954_21571098.jpg

by zappapa | 2011-09-27 21:57 | 今日のニューヨーク | Comments(0)

輝く日の宮 (JZ)

この本に出合えたことは有難い思いです。著者の丸谷才一氏は、著名な方ですが、今回が、初めての一冊でした。現代の物語の中に源氏物語の幻の帖の存在のことが出てきて凄い内容でした。内容もいろんな展開がユニークな印象で橋本治氏と繋がるような感じで読みました。源氏物語は、橋本治氏のものしか読んでいませんが、更に他の人たちのものにも手を出したいところです。装丁が、和田誠氏というのも素適です。
c0058954_222198.jpg
c0058954_22212719.jpg
c0058954_22214089.jpg
c0058954_22215488.jpg
c0058954_22221597.jpg
c0058954_2222324.jpg
c0058954_22225174.jpg

参考までに。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%B8%E8%B0%B7%E6%89%8D%E4%B8%80
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BC%9D%E3%81%8F%E6%97%A5%E3%81%AE%E5%AE%AE
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%92%8C%E7%94%B0%E8%AA%A0
by zappapa | 2011-09-26 22:26 | 今日の1册 | Comments(0)

ODEIPUS REX (JZ)

ストラビンスキーの ODEIPUS REX の入った1枚です。指揮は、彼の良き理解者の師弟ロバート・クラフトです。一部、中国風のような不思議なコーラスやメロディーが、出てきますが、ザッパ先生が、アンクル・ミートのアルバムで同じ様な中国風なメロディーが出てくるのは、こういった所から刺激を受けたのかなあ?などと想像してしまいます。解説の中に出ていたスケッチは、素晴らしいですが、作者の記載がありません。サインは、読みきれません。1947年でしょうか。ピカソやジャン・コクトーが描いたストラビンスキーのスケッチは、有名ですが、今回のものは特に印象的な横顔です。ストラビンスキー自身のスケッチも素晴らしいものがあります。
c0058954_2130238.jpg
c0058954_21304716.jpg
c0058954_21305963.jpg

参考までに。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%97%E3%82%B9%E7%8E%8B_(%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%BC)
by zappapa | 2011-09-23 21:35 | 今日の1枚 | Comments(0)

RAINBOW BRIDGE (JZ)

ジミ。ヘンドリックスのレインボウ・ブリッジの映画のDVD盤です。昔から名前は、知っていましたが、見る機会がありませんでした。今回初めてだったので楽しめました。ジミ・ヘンが、全てのドキュメンタリーの内容だと思っていたら違いました。黒人が中心で当時の若者の宗教的グループなどが出てくる不思議な内容でした。その中でジミ・ヘンのインタヴューと彼のそのグループの人たちが集う所での屋外コンサートで数曲演奏しています。場所は、ハワイのマウイ島です。YOU TUBU で一部は、公開されています。1970年7月30日だそうです。素晴らしい演奏です。てっきり69年のアルバート・ホールでのライブなども入ったドキュメントものだと思っていました。となるとアルバート・ホールの映像は、別の形でDVD化でもされているのでしょうか?こちらも今後調べたいです。YOU TUBE で一部見られますが、画像は、良くないですが、素晴らしい演奏です。
c0058954_21443713.jpg
c0058954_21445168.jpg
c0058954_2145686.jpg

参考までに。
http://en.wikipedia.org/wiki/Rainbow_Bridge_(film)
by zappapa | 2011-09-22 21:46 | 今日の1枚 | Comments(0)

”空海の風景”を旅する (JZ)

NHKから出た”空海の風景”を旅する、と言う本です。もう10年近く前に出たようです。TVの放映は、その1年前だったようです。元々は、司馬遼太郎氏の著書”空海の風景”(1975年) を元に取材し映像化されたようです。そして今、東京で空海と密教美術展が、開かれているようです。面白いタイミングで出会った一冊です。空海の書は、心して見たこともなかったので今回、幾つかですが、見れたことは、嬉しい思いです。どんなスタイルの文字も書けたそうで天才の凄さを聞き知った感じです。小さい曼荼羅の写真でしたが、大きい世界観を見せてくれました。
c0058954_2231336.jpg
c0058954_2232870.jpg
c0058954_223465.jpg
c0058954_224236.jpg
c0058954_2241676.jpg
c0058954_2244021.jpg
c0058954_2245253.jpg
c0058954_225583.jpg
c0058954_2252755.jpg
c0058954_225406.jpg
c0058954_2261177.jpg
c0058954_2262890.jpg
c0058954_2264286.jpg
c0058954_2265767.jpg
c0058954_227308.jpg
c0058954_2274473.jpg
c0058954_2281773.jpg
c0058954_2285977.jpg
c0058954_2291357.jpg

以前に読んだこの空海も面白かったです。
c0058954_2210524.jpg
c0058954_22102261.jpg

参考までに。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%B8%E9%A6%AC%E9%81%BC%E5%A4%AA%E9%83%8E
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A9%BA%E6%B5%B7
by zappapa | 2011-09-21 22:12 | 今日の1册 | Comments(0)

H. HANCOCK-THRUST (JZ)

ハービー・ハンコックの74年のアルバム、THRUST です。この時期前後のエレクトリック・サウンドは、面白いです。以前に紹介しましたお気に入りのフランス編集アルバムに入っていた同じ曲が、このオリジナルだと違ったミックスで仕上がっていて別テイクなのか?との印象でした。ベースは、お目当てのポール・ジャクソン。ジャケットもマイルス系で素適です。ウィキペディアでもアルバム紹介は、英語と仏語だけですね。
c0058954_21304580.jpg
c0058954_2131438.jpg
c0058954_21311969.jpg

参考までに。
http://yaretoho.exblog.jp/9441340/
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%B3%E3%83%83%E3%82%AF
http://en.wikipedia.org/wiki/Thrust_(album)
by zappapa | 2011-09-20 21:32 | 今日の1枚 | Comments(0)

現役もろもろ (JZ)

パール・ジャムが、20周年でドキュメント映画が、出来上がったようです。こういった企画が、他のバンドにも繋がると面白いですね。エイドリアン・ブリューは、クリムゾン時代のトニー・レヴィンとのコンサート。興味津々です。トニーは、確か少し前には、テリー・ボゥジオと演奏していたはずですからザッパ・スクールとは縁があります。ヴィニーは、スティングとやってるようですし、嬉しいです。懐かしい名前、HIROSHIMA です。現役なんですね。ジョニー・ウィンターも新譜アルバムに賭けたコンサート、立派です。レイ・ディヴィスも今年も健在です。ゴッドスペルのミュージカルが再演のようです。お馴染みのグラフィックですが、レンガの壁に描いた雰囲気は、また別の味わいでなかなか良いです。
c0058954_21464269.jpg
c0058954_21465753.jpg
c0058954_21471274.jpg
c0058954_2147306.jpg
c0058954_21474329.jpg
c0058954_2148068.jpg

参考までに。
http://ja.wikipedia.org/wiki/PJ20_%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%A0_%E3%83%88%E3%82%A5%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%A3
by zappapa | 2011-09-19 21:49 | 今日のニューヨーク | Comments(0)