<   2011年 04月 ( 19 )   > この月の画像一覧

STAND UP (JZ)

ロイヤル・ウェディングが、こちらの朝の TV 放送でライブ中継されていました。イギリス以外でも明るいニュースは有難いです。全く関係ありませんが、せめとイギリスにちなんでとこの一枚を紹介します。彼らのデビュー盤で大いに刺激され待望の2枚目でますます期待が高まった時でした。ギターは、クラプトン的ブルース系の素適なサウンドやソロで好きです。このアルバムの後、退団したのが残念でした。ウッドストックの映画の中で主催者がインタヴューに答えているときにバックで流れていたのはこのアルバムだったか1枚目のアルバムで印象的でした。ワイト島のライブの映画で初めてイアン・アンダーソンのフラミンゴ演奏(片足を上げ、フルートを演奏)を見て嬉しかった思いがありました。その後のアルバムは、もうひとつ聴かなくなってしまいました。このアルバムに入っているバッハの曲のアレンジしたモノも好きでした。イラストも凝っています。樹の雰囲気は、ウイリアム・モリス系を更に濃くしたような印象もあります。
c0058954_2127152.jpg
c0058954_21271872.jpg
c0058954_21273519.jpg
c0058954_21275068.jpg
c0058954_2128451.jpg

参考までに。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%82%B9%E3%83%AD%E3%83%BB%E3%82%BF%E3%83%AB
http://en.wikipedia.org/wiki/Stand_Up_(Jethro_Tull_album)
by zappapa | 2011-04-29 21:32 | 今日の1枚 | Comments(0)

SURREALISTIC PILLOW (JZ)

ジェファーソン・エアプレインの1枚目です。懐かしい一枚です。当時よく聴きました。"Somebody to Love" は、ラジオでもよく流れました。何度聴いてもギター・ソロの出だしは、素晴らしいです。この曲は、グレース・スリックが、以前に参加していたフォーク・バンドでも歌っていましたが、やはりこちらのロック・ヴァージョンで花開いた感じです。当時のサンフランシスコの憧れた影響は、このアルバムだったかもしれません。
c0058954_21341228.jpg
c0058954_21343340.jpg

参考までに。
http://en.wikipedia.org/wiki/Surrealistic_Pillow
http://en.wikipedia.org/wiki/Somebody_to_Love_(Jefferson_Airplane_song)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%BC%E3%82%BD%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%82%A2%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%B3
by zappapa | 2011-04-28 21:35 | 今日の1枚 | Comments(0)

ABITARE - ROMA (JZ)

2001年の7-8月号です。ローマ特集でした。内容は、21世紀の新しいローマのプロジェクトを扱っています。今では既に完成した、リチャード・マイヤーやザハ・ハディなどの作品の計画が出ていました。他で面白く思えたのは、EUR の紹介で大好きなジョヴァンニ・ムッツィオの作品の模型の写真でした。この作品は、昔、訪れスケッチしたものなので思い入れがありまして嬉しい1枚です。先ずは、表紙。ローマらしく良いですねえ。
c0058954_215314.jpg

パンテオンもいいです。
c0058954_2194344.jpg

ムッツィオの作品の模型。Palazzo dell'INPS。
c0058954_21113434.jpg

c0058954_2111498.jpg
c0058954_2112250.jpg
c0058954_21121797.jpg

訪れた時のスケッチ。
c0058954_21125041.jpg

c0058954_21132269.jpg

建物のロゴのフロッタージュのディテール。
c0058954_21142796.jpg

EURのサイト・プラン。
c0058954_21151970.jpg

楕円の広場廻りの4つの建物が、この作品です。上部の正方形の建物が、四角のコロッセオと呼ばれる建物です。
c0058954_21163854.jpg

作品の写真。(1939年頃の作品)
c0058954_21173198.jpg
c0058954_211746100.jpg
c0058954_21181278.jpg
c0058954_21184441.jpg

参考までに。
http://www.romeartlover.it/Eur.html
http://wiki.worldflicks.org/le_esedre_dellina_e_dellinps.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%82%A6%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%91
http://en.wikipedia.org/wiki/Giovanni_Muzio
http://yaretoho.exblog.jp/15257140
by zappapa | 2011-04-27 21:25 | 今日の1册 | Comments(0)

FILLMORE-THE LAST DAYS DVD (JZ)

FILLMORE-THE LAST DAYS の DVD 盤です。大昔に映画館で一度観ただけだったので、もう一度観たい思いが膨らんでいました。印象は、自分の記憶のいい加減さに驚くばかり。多分ですが、最初に映画を観て、その後3枚組みのLPを聴き込んだのだろうとの結論です。正直LPは、映画以上に優れた音源が集まっています。LPの音源の映像が見れると期待していた幾つかのアーティストのものは、違う曲でした。特に思い入れがあったものは、コールド・ブラッド、ホット・ツナ、ボズ・スキャッグスでした。今回の確認でコールド・ブラッドの I JUST WANT TO MAKE LOVE TO YOU とホット・ツナの KEEP YOUR LAMPS TRIMMED & BURNING が、LPのみの音源であることが分かりました。この映像が見てみたかったのでちょっと残念です。それとボズ・スキャッグスですが、DVD盤では、完全に外されていました。何かの契約上のことででしょうか?全く残念です。当時の彼は、ブルース系でポップで人気が出る以前の貴重なものだったので残念です。あと、エルビン・ビショップもLPにあった凄い曲は、映画にはありませんでした。思った以上にオーナーのビル・グラハムが描かれていました。当然というば当然なのですが、当時、英語もよく分からず音楽ばかりに興味があったからでしょうか、ほとんど記憶にありませんでした。最後にサンタナがトリで登場ですが、この時の記憶では、2番目のギターリストのニール・ショーン(当時17歳)の演奏にノックアウトされました。ということでサンタナもパッとしないな。と思ったものでした。今回の印象では、サンタナは、さすがにトリを仕切るだけの存在感ある指揮と演奏で圧倒的でした。思いのニール・ショーンは、素晴らしいですが、ほんのちょっとのギター・ソロでした。こんな短い演奏なのに強烈な印象だったのは、それなりの理由がありそうです。当時のロックのギター・ソロにない新しいものでスティ・ヴ・ヴァイが演奏したような感じで10年先のソロを観てしまったといった感想で納得しました。その後彼は、ジャーニーというバンドで有名になります。いずれにしても長年、喉の奥に詰まっていた骨が、ようやく取れた感じですっきりしました。サンタナの IN A SILENT WAY ってマイルスの曲でしょうか?よく分かりませんが、素晴らしいです。
c0058954_2149553.jpg
c0058954_21501080.jpg
c0058954_21502825.jpg
c0058954_21504859.jpg
c0058954_2151739.jpg
c0058954_21512288.jpg
c0058954_2151397.jpg
c0058954_21515843.jpg

参考までに。
http://en.wikipedia.org/wiki/Fillmore_(film)
http://www.allmusic.com/album/fillmore-the-last-days-r53802
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%83%B3
by zappapa | 2011-04-26 21:59 | 今日の1枚 | Comments(0)

現役もろもろ (JZ)

現役関連です。アル・フォスター。健在です。マイルス・スクール出身。同じくジャズでビル・フリーゼル。コンスタントに活動されてます。メラニーって昔いた彼女でしょうか?今でも頑張っているなら凄いです。ウィッシュボン・アッシュ。再結成でしょうか?凄い、いました。ジョン・メイオール。ジョン・アンダーソン。彼らもマイペースで元気に活動しています。UFO? って昔あったバンドのUFO でしょうね。驚きます。ポスター・オークションの絵が素適なので、これも一緒に。
c0058954_2140498.jpg
c0058954_21401998.jpg
c0058954_21403155.jpg
c0058954_22561321.jpg

by zappapa | 2011-04-25 21:41 | 今日のニューヨーク | Comments(0)

被災支援 (JZ)

キャンディーズのスーちゃんのご冥福を願います。寂しい話題です。また、原発事故の処理もはかどらず、心配ばかりです。以前に紹介しました友人の画家の道原氏、塚本氏も作品で協力しています。道原さん及びイタリア在住の芸術家の方々はイタリアの芸術家と共にこの震災復興の協力を積極的になさっています。塚本氏も展覧会での売上金からの協力をなさっています。皆ご活躍、立派です。政府の対応の遅さなどでイライラもありますが、少しでも早く安全な復興を心より望んでいます。
道原さんの作品より。
c0058954_21265899.jpg

塚本氏の作品より。
c0058954_21273531.jpg

参考までに。
http://www.vieusseux.fi.it/culturali/astagiappone20aprile.pdf
http://www.solidarietagiappone.org/
http://www.nirvana-newyork.jp/index.php
http://www.tomoya-tsukamoto.com/sintosu.html
http://yaretoho.exblog.jp/15167059
by zappapa | 2011-04-22 21:30 | 今日の思い付き | Comments(0)

訃報はつらいです…(Y)

 びっくりしました。寝耳に水とはこのことです。元キャンディーズのスーちゃんこと、田中好子さんが乳がんで亡くなったそうです。今日、テレビでそうめん「揖保の糸」のCMを見ていたらスーちゃんが出ていました。まさかこんなことになるも知らずに…。またひとり我らの世代の象徴的存在が、鬼籍に入りました。悲しい限りです。言葉もありません。享年55歳。どうぞ安らかに、という言葉ももどかしいです。若過ぎますね…。どんどん昭和が遠くなります。合掌。

 キャンディーズは欄ちゃんがセンターになってからヒットが続きましたが、個人的にはスーちゃんがセンターだった時代の曲に愛着があります。ということで、追悼の一曲は「あなたに夢中」です。本当に三人は愛らしいですね。
c0058954_1173948.jpg

by zappapa | 2011-04-22 01:18 | 今日の美人ボーカル | Comments(6)

AWAIKENED (JZ)

始皇帝陵と兵馬俑関連の本です。2001年のもので以前の紹介したものの追加になります。等身大の彫刻の着色部分の残っているものがよく分かります。また、これらの彫刻が置かれている床のタイルも良く見えるのが有難いです。ヒゲは、ザッパ・ヒゲ以外も多種多様です。以前は、発掘されたエリアの平面図でしたが、未発掘エリアも含めた平面図で全貌も分かります。ここで発掘していて着色されたたくさんの彫刻と出会う時の思いはどんなものでしょうか?複雑な感じです。
c0058954_21442674.jpg

c0058954_21451282.jpg
c0058954_2145234.jpg
c0058954_21454942.jpg
c0058954_2146285.jpg
c0058954_21461385.jpg
c0058954_21463183.jpg
c0058954_21464576.jpg
c0058954_21465742.jpg
c0058954_21472363.jpg
c0058954_21473511.jpg
c0058954_21474969.jpg
c0058954_2148286.jpg

c0058954_22592448.jpg

c0058954_22594033.jpg
参考までに。
http://yaretoho.exblog.jp/11465868
http://yaretoho.exblog.jp/12303046
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A7%A6%E5%A7%8B%E7%9A%87%E5%B8%9D%E9%99%B5%E5%8F%8A%E3%81%B3%E5%85%B5%E9%A6%AC%E4%BF%91%E5%9D%91
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%B5%E9%A6%AC%E4%BF%91
by zappapa | 2011-04-21 21:50 | 今日の1册 | Comments(0)

EVERY PICTURE TELLS THE STORY (JZ)

兄が大好きだったアルバムの EVERY PICTURE TELLS THE STORY です。ロッド・スチュアートの初期のヒット・アルバムです。当時は、それほど好きなものではありませんでしたが、今回、聴いてみると、以外に音も良く、多彩な曲に溢れる魅力に刺激されました。ジェフ・ベック・グループ時代の野性味から洗練されてきた途中といった時期でしょうか。ロン・ウッドも大いに貢献しています。先日、YOU TUBE でジェフ・ベックのライブを幾つか見ていたら、People Get Ready の一曲だけ突然ロッドが、登場し、ベックも知らなかったらしくビックリしながら、演奏している姿が印象的でした。現在も現役で新しい赤ちゃんを授かったりと話題も一杯です。ジャケットは、今思うに、結構アール・デコ風でまとめています。
c0058954_2126375.jpg
c0058954_21265597.jpg
c0058954_21271037.jpg
c0058954_21272552.jpg

参考までに。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%B4%E3%83%AA%E3%83%BB%E3%83%94%E3%82%AF%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%86%E3%83%AB%E3%82%BA%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%BC
http://en.wikipedia.org/wiki/People_Get_Ready_(song)
http://en.wikipedia.org/wiki/Flash_(Jeff_Beck_album)
by zappapa | 2011-04-19 21:31 | 今日の1枚 | Comments(0)

MERIDIANI (JZ)

MERIDIANI と言うイタリアの雑誌でミラノの特集号を見つけました。1990年12月号ですからかなり古いです。当時のセンスと今では余り変化がないようで、新しいものも素直に新しいもののように思える熟した美しさばかりです。さてその中でブレラ美術館の作品が紹介されているものの中で、ヴェネチアのジョヴァンニ・ベッリーニの作品に目が行きました。1504-07年。記憶にある作品ですが、ディテールまでは覚えていませんでした。タイトルが、Sermon of St Mark in Alexandria 。この名はには、異国の風景を上手く表現するために効果を上げている中にジグラッドがあります。先日、紹介したオベリスクと重なり興味が湧きました。ラクダも印象的です。また異教徒の白いヴェールや帽子が、美しいですが、確かフェリーニのアメルコルドに出てくる異教徒の女性団体が、同じ様な衣装です。これらもこの絵が、何か一つのヒントのようで面白いです。これと類似の作品で兄のジェンティーレ・ベッリーニの Procession in Piazza San Marco (1496年) と Miracle of the Cross at the Bridge of San Lorenzo (1500年)いう作品があります。
c0058954_2134728.jpg

c0058954_2134322.jpg
c0058954_21344614.jpg
c0058954_2135556.jpg
c0058954_21351725.jpg

フェッリーニのアマルコルド。
c0058954_21492975.jpg
c0058954_21494128.jpg

Procession in Piazza San Marco
c0058954_21361176.jpg

Miracle of the Cross at the Bridge of San Lorenzo
c0058954_2138175.jpg

参考までに。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%83%8B%E3%83%BB%E3%83%99%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%8B
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%AC%E3%83%BB%E3%83%99%E3%83%83%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%8B
http://yaretoho.exblog.jp/15786737
http://yaretoho.exblog.jp/15791253
by zappapa | 2011-04-18 21:50 | 今日の1册 | Comments(0)