<   2010年 06月 ( 20 )   > この月の画像一覧

蒼井優展 うそっ。(JZ)

W杯で惜しくもPK戦で負けた日本。うそっ。残念!!!。冬ソナで人気のパク・ヨンハ氏が、自殺。うそっ。信じられないです。大好きな冬ソナのサンヒョクが。。。合掌。ご冥福を祈ります。いろいろショックですが、それらをを乗り切るためにというのも変ですが、この内容を投稿し元気を取り戻したいです。この展覧会に行けました。展覧会の期間が、里帰り中の間と重なり感謝でした。久々のシブヤは、建物、人、ファッション、グラフィックなどさすがに刺激的でした。パルコの小さいスペースでしたが、3Dのメガネをかけての企画。彼女のデザインのケーキは、1階のカフェで食べられました。最新の彼女の映画、本などの情報も入手出来て満足でした。有楽町駅で大きな彼女のポスターを見つけましたが、資生堂のシャンプーの広告だったようです。白黒写真で2種類。3,40年前ぐらいの時代設定のような感じで素敵なものでした。帰ってきてからマンハッタンのある交差点付近で何故か彼女の台湾で撮影した写真本をひらいました。こんなことがあるんでしょうか???といったようなことでした。神様に感謝。
c0058954_2213941.jpg
c0058954_2224248.jpg
c0058954_2231373.jpg
c0058954_2233768.jpg
c0058954_224761.jpg
c0058954_2242253.jpg

映画関連。
c0058954_2255475.jpg
c0058954_226626.jpg

買った本。
c0058954_2263845.jpg

6月17日にマンハッタンで、ひらった本。
c0058954_2273016.jpg
c0058954_2274093.jpg

by zappapa | 2010-06-30 22:10 | 今日の思い付き | Comments(0)

法隆寺宝物殿 (JZ)

里帰りで東京にて芸大の野口教授に大学を丁寧にご案内して頂いた後、お昼をこの法隆寺宝物殿の美術館にあるレストランで頂きました。ここは、ホテル・オークラが、出しているそうで、場所といい、味といい、大変満足感の高いスポットでした。庭があり、外でのんびり頂きました。建物は、勿論有名な谷口吉生氏による素晴らしいものです。MOMA などの作品と共通の庇のようなフレーム、細い柱。フレームの奥が、インテリアでは、スカイライトを取り、浮遊感のある空間を作り出しています。微妙なグレー色での統一。エントランスの池も実に見事。吉田五十八氏の新数奇屋を更にモダンにしたような繊細さです。毎年、芸大の卒業制作が、学生の手で一冊の素晴らしい本(空間)としてまとめられるそうですが、その1、2冊もご紹介させて頂きます。谷口氏は、客員教授だったり、特別講義が、あったりで芸大と関わりが、あるようです。更に、芸大生が、行った新しい茶の湯のパフォーマン ( CHA CHA CHA ) のものからひとつ。浮々庵という名前とピッタリの軽くて清潔で新しい茶の湯の場所が、ユニークです。
c0058954_21422461.jpg
c0058954_21423977.jpg
c0058954_21425376.jpg
c0058954_21455049.jpg

本の空間より。
c0058954_21471316.jpg
c0058954_21472553.jpg
c0058954_21473949.jpg
c0058954_21475185.jpg
c0058954_2148165.jpg
c0058954_21481316.jpg
c0058954_21482818.jpg

CHA CHA CHA より。
c0058954_2151150.jpg
c0058954_21511043.jpg
c0058954_21512414.jpg
c0058954_21513633.jpg

参考までに。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B0%B7%E5%8F%A3%E5%90%89%E7%94%9F
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%89%E7%94%B0%E4%BA%94%E5%8D%81%E5%85%AB
http://www.tnm.jp/jp/guide/map/horyujiHomotsukan.html
by zappapa | 2010-06-29 22:00 | 今日の思い付き | Comments(3)

現役 もろもろ (JZ)

先ずは、日本で見かけた宣伝から。CARNATION 。昨年 3月29日にZPZ の前哨戦のような形でのトークのコーナーが、ディスク・ユニオンでありました。この時、大山さんと、このカーネーションのギターの直枝さん(写真右)の対談でした。彼らの音楽は、聴いていませんが、ザッパ先生を好きなだけで応援したいです。次は、ライブハウス IRIDIUM のものです。ジェフ・ベックが、出たのは、レス・ポールへの追悼での出演だったようです。終わった後でもこのようなお礼の表示が、出ていました。さて、いよいよジャズの季節です。キース・ジャレット、ハービー・ハンコック、ジョン・ゾーンなど。ロック系では、ルー・リードの名も。ライオネル・リッチーも元気なようです。ハンコックは、ジャズのフリー誌の表紙にも登場。70歳でしょうか?いつまでも若々しいです。10年以上前ですが、チリのサンチャゴで会えたのが、懐かしいです。ニール・ヤングのGREENDALE というグラフィック・ノベル(コミック)が、出たようです。元気そのものです。
c0058954_22202073.jpg
c0058954_2585662.jpg
c0058954_22205273.jpg
c0058954_22211540.jpg
c0058954_22214331.jpg
c0058954_22221226.jpg

参考までに。
http://blog.sustainablog.org/graphic-novel-neil-young-greendale/
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%8D%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3_(%E3%83%90%E3%83%B3%E3%83%89)
http://yaretoho.exblog.jp/11217268
http://yaretoho.exblog.jp/11290710
by zappapa | 2010-06-28 22:27 | 今日のニューヨーク | Comments(0)

京都散歩ー2 (JZ)

京都での最後は、ここ MOTHRS (マザーズ)です。他に ZAPPA というレストランが、長年あったそうですが、残念ながら閉じてしまったそうです。このMOTHERS は、バーです。O さんと早めに食事を終えて、7時オープンに間に合うように出かけました。インテリアもすっきりして素敵です。暗い店内にカウンター奥に縦長の窓が、ひとつ外部とつながっています。ここからの眺めは、隣のホテルの広告ネオンが見えるのですが、映画か舞台のワンシーンのように上手くフィットしています。ライトブルーの太めのチューブが、カウンター後ろに広がって見えますが、空調でなく何と特注のスピーカーシステムでした。沖縄の方のシステムだったかです。音は、クリアーで重くなく軽くなくさわやかなサウンドでした。入って早々聴こえてきたサウンドがザッパ先生のギターソロ (80年頃)です。記憶と重ならないのでブート音源かな?と伺うと何と2007年に出た BUFFALO からでした。最近のものは、聴き込んでいない自分に大いに反省でした。その後は、話に夢中になり何を聴いたか?定かではありませんが、 JAZZ FROM HELL が、耳に残っています。カウンター上にフード状になってる所にLPジャケットが、丁寧にラッピングされて展示されています。これも素敵です。奥の壁にもザッパ先生の顔を大きく描いた絵が飾られています。これも素晴らしいものです。お客様では、海外組も多いようです。まだオープン2年目ということで、知名度は、これからでしょうか。とにかく、素敵なバーです。オーナーの古賀さんが、素敵な方でコアなザッパ・ファンです。彼は、76年のザッパ先生のコンサートは、O さんと同じく、大阪、京都と見られた方でした。今後ともお付き合いさせて頂きたい思いです。次回も訪れたい場所となりました。帰り際にトイレの壁に飾られたポスターの裏側にサインやコメントが、付いている紙が、ありました。何と2008年に亡くなったジミィー・カール・ブラック(オリジナルザッパ・バンドのドラマー)のメッセージでした。亡くなる三ヶ月前にユージン・チャドバーン(ギターリスト)とでここに訪れた時のものだったそうです。当夜、彼らからこのバーに行きたいとの連絡後、待っていても来ないため、諦めて、店を閉めて家に戻ったそうですが、明け方でしょうか?連絡があり、バーの前にいるとかでしたが、時間が合わずでお仕舞となったのですが、メッセージがしっかり残っていた訳です。IT CAN'T HAPPEN HERE など初期のマザーズのアルバムの歌詞などをアレンジした凄い、長い、熱いメッセージでした。写真を撮るのを忘れてしまい残念な思いです。若い人にもザッパ先生の音楽を伝えて行きたい思いは、古賀さんもドゥイーズルも同じです。共感します。長く居たかったのですが、新幹線の終電に乗るために8時20分頃、お別れでした。
この日でJAPAN RAIL PASS も終了。
c0058954_2231117.jpg
c0058954_2232761.jpg
c0058954_2234540.jpg
c0058954_2245739.jpg
c0058954_2251291.jpg
c0058954_2252623.jpg

c0058954_22111478.jpg

c0058954_22112792.jpg

参考までに。
http://www.kyotocf.com/contents/otomati/2008/
この中にアナタと酒と、街の音の欄の MOTHERS をクリックして下さい。
http://en.wikipedia.org/wiki/Jimmy_Carl_Black
http://yaretoho.exblog.jp/5876749
http://yaretoho.exblog.jp/11855273
by zappapa | 2010-06-25 22:12 | 今日の思い付き | Comments(0)

京都散歩 (JZ)

京都でOさんにいろいろ連れていってもらいました。感謝。最初は、京都駅上の伊勢丹美術館で写真家、植田正治展。鳥取の境港出身ということで、水木しげるさんと同じエリア。一回り上の世代。おしゃれでシュールなタッチと砂丘と家族という素朴な素材で豊かな世界を見せてくれました。彼の美術館は、建築家、高松伸の作品のようです。その後、石峰寺(せきほうじ)に伊藤若冲のお墓、及び五百羅漢の彫刻群を見学に行きました。彼も歩いた辺りの散歩は有難いものでした。素晴らしい粗彫りの石の存在感、群としての大きなまとまり、自然との調和など、思うところ大でした。ゆったりとした世界で有難い気持ちにしてくれます。今後これらの重要な彫刻群の保存問題をどうするか真剣に考えないといけません。いろんな人たち、市や府、及び国に力を入れて欲しいところです。次も若冲所縁の相国寺へ行きました。ここで、若冲の床の間に描かれた絵2点を観覧しました。こちらは、金閣寺、銀閣寺を持つお金持ちなので美術館も保存も豪華。作品も既に重要文化財ですので、保存には、十分力が入っています。途中で伏見稲荷で休憩。この延々と続く鳥居か驚嘆の世界でした!!!素晴らしいの一言。山を越えるぐらいに続いているようで感嘆の思いでした。狛犬の代わりにここでは、狐が対で向かい合っています。ここで有名な大きな狐のお面のせんべいをお土産に買いました。形だけ狐の顔のものから焼きで絵で言う輪郭線や目鼻立ちを現したものまでいろいろありました。この側にある伏見人形の老舗大西重太郎さんのお店に寄りました。多くの人形と共にひっそりと静まっていました。いまでは、ここぐらいしか残っていないそうで寂しい限りです。立派な人形たちでした。
c0058954_2202528.jpg
c0058954_2203851.jpg

c0058954_22204761.jpg

c0058954_22211360.jpg

c0058954_2222088.jpg

石峰寺。若冲の墓。
c0058954_22231810.jpg

c0058954_22233725.jpg
c0058954_222381.jpg

五百羅漢。
c0058954_2232398.jpg
c0058954_2235516.jpg
c0058954_2241129.jpg
c0058954_2242952.jpg
c0058954_224444.jpg

相国寺にある承天閣美術館の若冲作品。
c0058954_2295192.jpg
c0058954_2210472.jpg

伏見稲荷。
c0058954_22111626.jpg
c0058954_22112739.jpg

大西重太郎さんの伏見人形の店。
c0058954_22123087.jpg
c0058954_22132796.jpg

狐の面のせんべい。
c0058954_22144794.jpg
c0058954_22145932.jpg

参考までに。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A4%8D%E7%94%B0%E6%AD%A3%E6%B2%BB
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%8A%E8%97%A4%E8%8B%A5%E5%86%B2
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9F%B3%E5%B3%AF%E5%AF%BA_(%E4%BA%AC%E9%83%BD%E5%B8%82)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9B%B8%E5%9B%BD%E5%AF%BA
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%89%BF%E5%A4%A9%E9%96%A3%E7%BE%8E%E8%A1%93%E9%A4%A8
by zappapa | 2010-06-24 22:25 | 今日の思い付き | Comments(0)

金沢散歩 (JZ)

里帰り時に金沢散歩が出来ました。昔、結婚式をさせて頂いた尾山神社。百万石祭りの朝だったので露天のお店は、未だ準備中。ステンドガラス風の輝きが懐かしいです。その足で21世紀美術館。建築雑誌だけでは分からない建物でした。素晴らしいです。内部の通路の軸が見えるところが素敵です。内部の抽象化されたボックスが、屋外に立ち上る所も存在感が十分。外壁のガラス上部の屋根との薄く収まるディテールも成功。瀬島さんの代表作のひとつですね。この辺りと旧市庁舎(現在建物を保存し後ろにガラスで出来たギャラリーに改装に成功)を大きくグリーンで結んだことにより、それらと更に兼六園、お城とを一体となる新しいランドスケープが誕生しました。観光の点で大いに評価できる試みです。その日、金沢駅からお城まで大名行列が、行われましたが、宍戸開さん、小林綾子さんによる華やかな利家、お松でした。お城も昔の金沢大学を移転し、元の城の一部を再現したのが、成功した印象です。この一等地からの四方の眺めは、掛け替えのないものとなりました。兼六園は、早朝で静かな世界。この日は、無料拝観。せせらぎから大きな池、流れのある水など多種の見せ場に感心。当時の水の引き回しの技術に改めて感服しました。
c0058954_2146687.jpg
c0058954_21461796.jpg
c0058954_21462655.jpg
c0058954_21463735.jpg
c0058954_21465413.jpg
c0058954_21473456.jpg
c0058954_2148174.jpg
c0058954_21483023.jpg
c0058954_2148401.jpg
c0058954_2149037.jpg
c0058954_2149148.jpg
c0058954_21492998.jpg
c0058954_21501739.jpg
c0058954_21503056.jpg
c0058954_2150431.jpg
c0058954_21505395.jpg
c0058954_2151587.jpg

参考までに。
http://yaretoho.exblog.jp/10849072
http://yaretoho.exblog.jp/10849179
by zappapa | 2010-06-23 21:58 | 今日の思い付き | Comments(0)

金沢 おでん赤玉本店にて (JZ)

里帰りで金沢に。同級生たちと中心街の片町赤玉本店(老舗)にて会う。ここのマネージャーが、何と同級生でした。お世話になりました。場所良しで、リーズナブルな値段で金沢の伝統の味を堪能させてくれました。特におふは、僕には懐かしいものでした。感謝です。人によっては、40年ぶり?なんて感じで、いろいろ感慨深いものがありました。インテリア、特に2階のアクリル床板で床下から照明を入れた(バックリット)ものはなかなかシュールな世界を創っていました。集まったみんなから熱い元気をもらいました。感謝!!!
c0058954_21285733.jpg
c0058954_2129927.jpg
c0058954_21291886.jpg

c0058954_21361783.jpg
c0058954_21294850.jpg


参考までに。
http://www.oden-akadama.com/
by zappapa | 2010-06-22 21:38 | 今日の思い付き | Comments(0)

TRA (JZ)

里帰り時に工作舎の I さんたちと深大寺の鬼太郎茶屋前で合流。最近出た工作舎の本 TRA を頂く。感謝。このタイガー立石氏のことは、以前にも触れましたが、日本、イタリアと活動し、マンガからポップ・アート。さらには、エットーレ・ソットサス Jr. とのコラボレーションでの多くの建築的グラフィックなどでこれからも注目されて、再評価されていく作家です。今回の本では、彼のマンガ、及びマンガとからんだポップなアートや自画像など多くの作品が、集められています。凄い一冊です。祖父江さんの装丁もしっかりした正統なスタイルのものです。とにかく内容は、エネルギーに満ちています。マンガのものでは鉛筆での下書きと最終のカラー版との比較が出来るものも興味深い作り方です。先ずは、名前にちなんだタイガーのアレンジなどどうぞ。
c0058954_2245920.jpg
c0058954_2205119.jpg
c0058954_221681.jpg
c0058954_2212093.jpg
c0058954_221334.jpg
c0058954_2214592.jpg

参考までに。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%82%AC%E3%83%BC%E7%AB%8B%E7%9F%B3
http://www.kousakusha.co.jp/BOOK/ISBN978-4-87502-425-5.html
by zappapa | 2010-06-21 22:08 | 今日の思い付き | Comments(0)

ANDREA BOCELLI (JZ)

里帰りからマンハッタンに戻って直ぐ日本からの友人とホテルで過ごせた2日間は、貴重な思い出となりました。感謝。その時にたまたま TV で ANDREA BOCELLI (アンドレア・ボチェッリ)のライブコンサートの番組を見ることが出来ました。素晴らしい歌声、内容に満足しました。競演でイタリア系アメリカ人のトランペット奏者のクリス・ボッティが、華麗で甘い音色の演奏で花を添えていました。その ANDREA BOCELLI のオペラの名曲ものの1枚です。聴かせてくれます。素晴らしい歌唱力の持ち主に成長しました。こういう有名な曲は、他の歌い手のものと聴き比べになる感じですが、素晴らしい、立派なものです。感心しました。
c0058954_21463336.jpg
c0058954_21464348.jpg

参考までに。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AC%E3%82%A2%E3%83%BB%E3%83%9C%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%83%E3%83%AA
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%9C%E3%83%83%E3%83%86%E3%82%A3
by zappapa | 2010-06-18 21:53 | 今日の1枚 | Comments(0)

水木しげる氏 (JZ)

里帰りの中でも出来る限る楽しく見ていた朝の連ドラマ”ゲゲゲの女房”。実際あった話であるため、リアリティが、あります。早く生活が、楽になっていくシーンが、見たいものです。視聴率も20パーセントになったとか。今回、深大寺にも行って鬼太郎茶屋も見てきました。さて、水木さんの本は、数冊しか持っていませんが、強烈な世界ですので、小さい頃からの記憶は消えません。凄い点描の迫力や画面一杯に描いた大きな絵なども強烈に覚えています。持ってるものから幾つかご紹介させて頂きます。
c0058954_21351425.jpg
c0058954_21352789.jpg
c0058954_21355320.jpg
c0058954_21362231.jpg

関係はありませんが、最近こちらで見つけたはがきの絵です。
c0058954_21372148.jpg

参考までに。
http://www9.nhk.or.jp/gegege/
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B4%E6%9C%A8%E3%81%97%E3%81%92%E3%82%8B
by zappapa | 2010-06-17 21:42 | 今日の思い付き | Comments(2)