<   2009年 09月 ( 31 )   > この月の画像一覧

久しぶりの小唄特集 (Y)

 日本髪・芸者歌謡はちょっとお休みして、久々の小唄特集です。こちらはワイドバリエーション、順不同・敬称略でドドドーッと行きますよ。では。
c0058954_23224272.jpg
c0058954_23225411.jpg
 あれ? 前にも出てたぞ、と思った方もいるでしょう。でもこの「まつのき小唄」は初版のジャケットで、普通のはこちらです。多分珍しいのでは? 「温泉小唄」のジャケットのイラストの手ぬぐい掛けと逆さクラゲの手ぬぐいが、なんとも楽しいですね。
c0058954_23272298.jpg
c0058954_23273367.jpg
 良く似たテイスト、デザインのジャケットです。そしてこれまた良く似た曲調です。でもお恵ちゃんの声はよく通る良い声です。
c0058954_23292931.jpg
 
c0058954_2330455.jpg
 まあ、お姉ちゃんと瓜二つだこと! 若い頃はほんとそっくりですが、歳とともに個性が出てきましたよね。でもお姉ちゃんの方がやっぱり可愛いです。
c0058954_23314649.jpg
c0058954_23314523.jpg
 さあ、なかなか評価が難しい人が出てきました。声もハスキーというほどではないが、艶っぽいというよりは、やっぱりちょっと乾燥した感じがします。だけどじゃあカサついているかというと、時折色っぽいところもあり、うーん…。
c0058954_23481980.jpg
 実は大ファンなんです。え? 大月みやこさんよりも男声じゃないかって? うーん、だから好みというのは難しい(笑)。この人の声は、というか歌い方はナタでぶった切るみたいなところがあるでしょ? あれが良いんですよね。だいたい任侠映画に出てくるような女性のイメージが強いですが、まあ実際そんなところも有るのかなあ、なんて思わせる事件も有りましたが、そんな男っぽさに色気を感じてしまうのですよ。それにこのジャケットでは珍しく笑っていますね。

 そんなわけで、久々の小唄特集でした。それにしても皆さん和服です。それだけでも大切にしたいジャンルですね。
by zappapa | 2009-09-30 23:57 | 今日の歌謡曲 | Comments(3)

漫画に愛を叫んだ男たち (JZ)

長谷邦夫氏の”漫画に愛を叫んだ男たち”という一冊を読みました。手塚氏との話や赤塚不二夫氏の出会いから最後の別れまでの長い人生の内容。漫画家からの話ですから興味深い話ばかりでした。タモリを赤塚氏に紹介したのは、彼だったんですね。”はせ”でなく”ながたに”と読むのもしりませんでした。
c0058954_2135306.jpg
c0058954_21354339.jpg

c0058954_2137819.jpg
c0058954_21372399.jpg
c0058954_21373899.jpg
c0058954_21375012.jpg

参考までに。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%95%B7%E8%B0%B7%E9%82%A6%E5%A4%AB
by zappapa | 2009-09-30 21:40 | 今日の1册 | Comments(1)

小唄から端唄、そしてさのさ…(Y)

 どこまで行くのか、我が家のシングル盤は小唄シリーズから端唄に突入しました。小唄シリーズは小唄と言っても「○○小唄」というタイトルがついた歌謡曲でしたが、端唄はさすがに「端唄」です。三味線と鳴物で歌い上げます。というわけで、kyps大兄リクエストにお答えして…。
c0058954_23291212.jpg
 市丸姐さんです。なんとも色っぽいですねえ。お若い頃はさぞや、と思わせるジャケット写真ですが、残念ながら一番活躍されていた時期はSP盤の時代なので、シングル盤は当然再発ということで、どのジャケット写真も似たり寄ったりなのが残念です。我々世代が良く聴いたのはせいぜい「三味線ブギウギ」ぐらいですから、詳しくはkyps大兄にご講釈いただくとします(笑)。

 つづきましては榎本美佐江さんです。榎本美佐江さんというと元巨人軍の金田正一さんの最初の奥さんだったというようなどうでも良い記憶の方が先に出てきます。
c0058954_23404886.jpg
 市丸姐さんの後輩という年代になるのでしょうか。昔は良く懐メロ番組に出られていましたっけ。ところで、この「お別れさのさ」のB面、「泣いて、泣いて、泣いて」の歌詞が凄いので、少しだけ紹介いたします。

吉川静夫作詞 吉田 正作曲 「泣いて、泣いて、泣いて」

 泣いて 泣いて 泣いて
 泣いて悶えて あきらめて
 あかの他人に なれるなら
 こんな苦労は ないものを
 一生も二生も わすれない
 女ごころは 未練でしょうか


 着てはもらえぬセーターを編み続けることは、女心の未練ゆえだと歌ったのは都はるみでしたが、「一生も二生も わすれない」と言っておきながら「女ごころは 未練でしょうか」と問い掛ける凄みにはちょっと(かなり)たじろいでしまいますねえ。

 (30日追加分です)
 ところでさのさと言えば忘れちゃいけないのが江利チエミさんの存在です。10代のデビュー当時は洋楽、特にジャズで一世を風靡されましたが、後に民謡や日本歌謡に大きく傾倒されて行きました。個人的にはジャズの時代のレコードはけっこう聴いていたのですが、このたび聴き直しています。そんなわけで一枚で芸者歌謡とさのさが楽しめるこの一枚をご紹介いたしましょう。
c0058954_13174924.jpg
「芸者音頭」/「新さのさ」です。しかしこの人も亡くなるのが早すぎました。かえすがえすも残念です。
 ちなみにこのシリーズはまだまだ続きます(笑)。
by zappapa | 2009-09-29 23:50 | 今日のEP | Comments(4)

ちょっぴりおセンチ気分(Y)

 秋ですねえ。もうすぐ10月です。そんなわけで秋になるとちょっぴりおセンチな気分になります。今日は突然この曲が聴きたくなりました。
c0058954_22434146.jpg
 西島三重子さんの名曲「池上線」です。僕は学生時代、西武新宿線沿線の生活だったので池上線に乗ることは稀でしたが、それでも緑色の小さな車両が民家のすぐそばを走る様は、今も記憶に鮮明に残っています。
 思えば田舎から東京に出て来た学生にとっては、大抵の場合は私鉄沿線がその生活の思い出と密着していますから、こういう曲を今聴くと止めどもなく思い出が頭の中に溢れてきます。お金もない、やることもない、だけど時間だけは有り余るほど合った(気がした)あの時代が懐かしくなるほど、自分も歳をとってしまいました。自分自身は「池上線」を聴いていた頃と何も変わっていないつもりなのに…。
by zappapa | 2009-09-29 22:52 | 今日の1曲 | Comments(7)

HARD RAIN (JZ)

この1枚もずっと探していたものです。LPでよく聴きこんだものです。個人的には、このアルバムとバングラデシュ救済ライブの2つか、ディランのベスト盤です。とにかく熱いライブです。バックの演奏が、また素晴らしいです。この後メンバーが、変わって日本公演のライブアルバムが、ありますが、印象が、全く違います。
c0058954_21171076.jpg
c0058954_21172160.jpg
c0058954_21173327.jpg

参考までに。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BF%80%E3%81%97%E3%81%84%E9%9B%A8
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%87%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%88
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%A6%E9%81%93%E9%A4%A8_(%E3%83%9C%E3%83%96%E3%83%BB%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%A9%E3%83%B3)
by zappapa | 2009-09-29 21:22 | 今日の1枚 | Comments(0)

THIS IS IT (JZ)

世界同時公開だそうですが、いよいよ宣伝が、でました。新曲が、出るとか、オークションに出品されるとか話題が、一杯です。
c0058954_21435826.jpg

c0058954_21451492.jpg

c0058954_21445559.jpg

by zappapa | 2009-09-28 21:45 | 今日の思い付き | Comments(0)

死刑台のエレベーター (JZ)

ずっと探していてようやく見つけました。LPでよく聴きこんだ1枚でした。CDでは、アウトテイクも入ってのコンプリート盤とのこと。アウトテイクを聴いて分かりましたが、録音時には、エコーが入っていなく、LPでのオフィシャル音源と違った印象です。最終の編集時にトランペットにエコーをかけたのでしょう。やはりムードたっぷりのエコー・サウンドが、魅力です。
c0058954_21492758.jpg
c0058954_21494094.jpg
c0058954_21495138.jpg

参考までに。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%BB%E5%88%91%E5%8F%B0%E3%81%AE%E3%82%A8%E3%83%AC%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC
http://en.wikipedia.org/wiki/Ascenseur_pour_l%27%C3%A9chafaud_(soundtrack)
by zappapa | 2009-09-25 21:54 | 今日の1枚 | Comments(0)

こんな時代も有りました (Y)

 日本髪の芸者歌謡シリーズを追いかける合間も、セーラー服シリーズにも気が抜けません。しかし良い年をして何をやっているんだか(笑)。そんなわけで、けっこう長い間探していた一枚が手に入ったので、お披露目いたします。
c0058954_221656.jpg
「レッツ・ゴー! 高校レモン娘」ですよ。雑誌平凡連載小説の募集歌で同名の松竹映画の主題歌です。1967年ということは今からすでに42年も昔のレコードです。それにしても由美かおるさんも息が長いですね。やはり気功が体に良いのかしら? 僕はレガールズの中では断然原田糸子さんが好きだったのですが…。おっと、この話題は昔もしましたっけね(笑)。
by zappapa | 2009-09-24 02:08 | 今日の美人ボーカル | Comments(6)

現役もろもろ (JZ)

現役モノです。イアン・アンダーソンが、ソロ活動で頑張っているようです。アルバムなどでも制作旺盛です。また、ミュージカルものでMEMPHIS という惹かれるタイトルを見つけました。なんでもBON JOVI のキーボード奏者の David Bryan が、ストーリー、音楽総て、彼のものらしいです。ニュージャージー出身なので応援の気持ちダイです。
c0058954_21375026.jpg
c0058954_2138328.jpg

参考までに。
http://www.memphisthemusical.com/
http://en.wikipedia.org/wiki/Memphis_(musical)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%B3
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC%E3%82%BD%E3%83%B3
by zappapa | 2009-09-23 21:39 | 今日のニューヨーク | Comments(0)

FREE LIVE 70 (JZ)

このCDを以前探した時は見つからなかったのに、最近フイッと現れるような感じで対面。即入手しました。LPは、よく聴き、よくコピーをして楽しみました。高校生ぐらいでもそこそこコピー出来るし、内容もカッコいいしで、お世話になった1枚です。ボーナストラックが、LP1枚分ぐらいに増えてビッグ・サーヴィスです。ブックレットも充実しています。あまり期待していなかった音もよくなっていて驚きました。LPでは、決して良い音質ではなかったです。それでも熱いライブ感が伝わる思い出深い1枚。満足しました。
c0058954_21505817.jpg
c0058954_21511386.jpg
c0058954_2151213.jpg
c0058954_21513093.jpg
c0058954_21514112.jpg

参考までに。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%AA%E3%83%BC_(%E3%83%90%E3%83%B3%E3%83%89)
http://en.wikipedia.org/wiki/Free_Live!
by zappapa | 2009-09-22 21:53 | 今日の1枚 | Comments(0)