<   2008年 12月 ( 28 )   > この月の画像一覧

BLUE WILD ANGEL (JZ)

今年最後のアルバム紹介です。ややこしいタイトルですが、要は、ワイト島のライブです。LPより多くの音源が、入ったものです。ジャケットも全く違います。内容は、言うまでもなくメモリアルなジミーの演奏です。マーシャルアンプにあるジミーのロゴが、いいです。
c0058954_22404219.jpg
c0058954_22405637.jpg
c0058954_2241510.jpg
c0058954_22411457.jpg
c0058954_22412280.jpg

by zappapa | 2008-12-31 22:53 | 今日の1枚 | Comments(0)

ゆく年来る年 (Y)

 あっという間に時間は過ぎ、新年を迎えます。2008から2009、干支で言うなら子から丑へ。そんなわけでベタネタですが、ここはピンクフロイドという話もありますが、やっぱり我々はこちらでしょう。
c0058954_1352856.jpg
 それでは良いお年をお迎えください。2008年一年ありがとうございました。2009年も変わらずよろしくお願いいたします。
by zappapa | 2008-12-31 13:22 | 今日の思い付き | Comments(7)

PLUTO (JZ)

井上 雄彦氏のリアルは、面白いです。それと比べられませんが、このPLUTOも素晴らしいです。ずっと、3冊ぐらい読んで、滞っていましたが、6巻まで無事に届き、最初から読み返しながら進むと、面白さは、倍増され、今年一番の印象です。今後の展開に期待します。
c0058954_22594067.jpg

by zappapa | 2008-12-30 23:01 | 今日の1册 | Comments(0)

上原和氏の聖徳太子 (JZ)

この本でいろいろい法隆寺の再建話の解説など、なかなか面白いものでした。669年天智天皇の時に焼け落ち、持統天皇の頃に再建されたのでは?とのことです。若草伽藍のことも図面でリアルです。玉虫厨子のことも詳しく、感じ入っていたところ、ちょうど玉虫厨子を平成の技で復刻版を制作した過程が、ドキュメント映画になったことを知りました。ナレーターは、三国連太郎氏だそうです。見てみたいです。
c0058954_22311017.jpg
c0058954_2231299.jpg
c0058954_22314581.jpg
c0058954_22315763.jpg
c0058954_2232967.jpg
c0058954_22322177.jpg
c0058954_22333556.jpg
c0058954_22334794.jpg

参考までに
http://heiseimaster.com/tamamushi/
http://www.burat.jp/public/campaign/tamamushi/index.html
by zappapa | 2008-12-29 22:42 | 今日の1册 | Comments(1)

スコット・ウォーカー (JZ)

こんな映画が、こちらで上映されています。2006年に出来たもののようです。ディット・ボゥイが、プロデュースだそうです。その他イーノまでからんでいるようです。彼らは、スコット・ウォーカーから影響を受けたそうです。僕は、彼が、まだウォーカー・ブラザースで日本に来ていて、TVに出て、歌ったのを見た記憶が、あります。寺尾聡氏が、まだフォークグループ3人組かで一緒に出ていた?かの頃ですから大昔です。てっきりイギリスのバンドだと思っていたらアメリカだったのに驚きました。ティン・ビート誌から彼の大きな似顔絵を描いた記憶も鮮明に残ってます。今頃、彼の名を見つけるとは思ってもいませんでした。素晴らしい歌声の持ち主です。当時流行ったIN MY ROOM が、一番印象に残っています。
c0058954_2364594.jpg
c0058954_2365858.jpg

by zappapa | 2008-12-24 23:10 | 今日のニューヨーク | Comments(3)

EPITAPH (JZ)

年末になっていろいろ嬉しいCDを見つけた最後でしょうか、素晴らしいアルバムをゲットしました。クリムゾンのエピタフ 1969年のオリジナルメンバーによるライブです。10年ほど前に出たらしいのですが、初めて見つけました。内容は、音源のレベルは、決してよくないですが、熱い演奏、グレッグの声でのエピタフや21世紀のスッキドゥ・サッド・マンなどやはり最初からのファンとしては、涙モノです。5つ星です。最初は、今の耳で聴いた印象で???という感じでしたが、何度も聴くと耳や思いが、タイムトラベルし、当時の頃に戻っていて胸元が、熱く騒いだ感じとでもいうのでしょうか。。。。初恋の人に出くわしたような懐かしさです。メロトロンを当時ライブで使った時の苦労やいまだに、フィリップとマグドナルドの確執など、いろいろ詳しい解説にも熱いものがあります。ジャケットを描いた人は、シンフィールドの友人でローディの作業員で画家でないことや70年に既に他界していたことなど驚く内容でした。当時、ライブでもレベルの高い演奏に感服します。このライブは、69年のオリジナルメンバーによる最初の録音と最後の12月のフィルモア・ウェストのものです。その後マグドナルド、ジャイルスが抜け、グレッグも抜け、フィリップのみとなってしまいます。このシリーズでVOL.3&4として69年の8,9月のライブ盤も出ているようです。マイルスのビッチェズ・ブリューもザッパ先生のHOT RATS も69年。他にもこの前後、素晴らしいアルバムが、多くあります。ロックのハイ・ルネサンス期とでも言うといいのでしょうか。
c0058954_22523467.jpg
c0058954_22524863.jpg
c0058954_2253058.jpg
c0058954_2253969.jpg
c0058954_22532026.jpg
c0058954_22534748.jpg

by zappapa | 2008-12-23 23:02 | 今日の1枚 | Comments(0)

FREEZING (JZ)

ラスベガスでも先週、雪のニュースでしたが、ニューヨークも金曜日から降り出し、20センチ。土曜日は止んで日曜日に再度10センチ。今日、月曜日は零下10度ぐらいでガチガチの氷の世界となっています。ここまで寒いと、お手上げ状態です。降服状態です。
c0058954_22511534.jpg

by zappapa | 2008-12-22 22:51 | 今日の思い付き | Comments(2)

リクエストに応えて (Y)

 常連の林檎@さんよりかねてからリクエストのあった1枚です。ズー・ニー・ヴー(♪白い〜珊瑚礁〜!)の「ひとりの悲しみ」(1970)です。
c0058954_10595296.jpg
 えっ? どんな曲かって? イントロを聴いてビックリ! なんと1971年に日本レコード大賞と日本歌謡大賞をダブル受賞したあの尾崎紀世彦の名曲「また会う日まで」と全く一緒です。♪タッタッ タラ〜ラ ラ (ドン)と言う奴ですね。おいおい、と言う感じで聴いて行くと、歌詞は違いますがまったく同じ曲です。どちらも作詞は阿久悠、作曲は筒美京平ですが、ズー・ニー・ヴーによる「ひとりの悲しみ」とは歌詞が違います。ちょっと調べたら、この曲はもともと筒美京平/作曲・やなせたかし/作詞・槇みちる/唄 で三洋電機のルームエアコン「健康」のCMソングの候補曲として作られたものでしたが、どうやらボツになり陽の目を見なかったようです。というわけで、結構時間がかかりましたが、見つけ出せて何よりでした。
by zappapa | 2008-12-21 11:02 | 今日の歌謡曲 | Comments(3)

FIRST RAYS OF THE NEW RISING SUN (JZ)

買うまで内容は、よく分かってませんでしたが、昔にCRY OF LOVE という未完成で出たアルバムがありましたが、このような形でまとめていた時に亡くなってしまったのでしょう。ライブとはまた違った当時最後の彼のスタジオ・ワークです。中の写真などのデザインは、4枚組み豪華ボックスのものに似ています。
c0058954_22265734.jpg
c0058954_22271155.jpg
c0058954_22272453.jpg
c0058954_22273697.jpg

参考までに。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%82%BA%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%83%96%E3%83%BB%E3%82%B6%E3%83%BB%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%B8%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%BB%E3%82%B5%E3%83%B3
by zappapa | 2008-12-19 22:29 | 今日の1枚 | Comments(0)

Rのつながりです。 (JZ)

ROCK から ROMA です。先日、イタリアの現代の画家モランディの回顧展が、メトロポリタン美術館であり、見てきました。静物画ばかりを描いたユニークな存在ですが、昔から好きな作家だったので嬉しい思いでした。特に1930年代頃の作品に艶、少し強めの色彩があり、魅力的でした。その後に少し前にリノベーションが、完了したギリシャ・ローマの展示場を鑑賞。予想以上の仕上がり、展示に満足でした。ローマ時代のフレスコ画の2つの小部屋も印象深いものでした。
c0058954_22284970.jpg
c0058954_2229121.jpg
c0058954_22292950.jpg
c0058954_22294217.jpg

参考までに。
http://www.metmuseum.org/special/giorgio_morandi/more.asp
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%AB%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%BB%E3%83%A2%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%87%E3%82%A3
by zappapa | 2008-12-18 22:32 | 今日の思い付き | Comments(0)