カテゴリ:今日の1册( 395 )

古書のフィレンツエ市庁舎前の広場 (JZ)

昨日に続き古書を取り上げます。オークション・カタログからです。ミケランジェロが、生まれ活躍したこの街の市庁舎前の広場、PIAZZA SIGNORIA を紹介したものです。出版は、1583年です。ミケランジェロ没後19年です。この広場は、彫刻、噴水と素晴らしい姿を現在も保っています。当時の姿を版画で見られるのは有難いです。現在の写真と比べるとほぼ同じ印象ですが、細かい部分での違いも見つけられ興味深いです。
c0058954_21563632.jpg
c0058954_21573247.jpg
c0058954_21574354.jpg
c0058954_21575836.jpg
c0058954_21580483.jpg
c0058954_21580999.jpg
c0058954_21581980.jpg
c0058954_21583190.jpg
c0058954_21590400.jpg
c0058954_21583955.jpg
c0058954_21584918.jpg
18世紀の絵画。
c0058954_22020237.jpg
現在の姿。
c0058954_22021505.jpg
c0058954_22022078.jpg
c0058954_22022561.jpg
c0058954_22022952.jpg
参考までに。



by zappapa | 2017-08-09 22:04 | 今日の1册 | Comments(0)

ミケランジェロの本 (JZ)

オークション・カタログからです。ミケェランジェロのシステーナ礼拝堂の作品を紹介した古書です。どうやらミケランジェロが生きていた時に出ているようです。1540年から50年の時期のようです。ミケランジェロが、最終的に完成させたのが、1541年10月のようですから、直ぐにこの本の準備に入り10年後にでも仕上がったのでしょうか?この本自身は、1612年のもののようです。内表紙の絵柄が、バロック的で印象的です。彫刻的な絵ですが、システーナ礼拝堂の天井フレスコ画の中の一人のようです。それにしても当時のルネサンス後期にこのような本が出ていたんですね。感動的です。
c0058954_21405431.jpg
c0058954_21410399.jpg
c0058954_21410757.jpg
c0058954_21411396.jpg
c0058954_21411846.jpg
c0058954_21412318.jpg
c0058954_21412812.jpg
c0058954_21431200.jpg
c0058954_21433525.jpg
参考までに。



by zappapa | 2017-08-08 21:50 | 今日の1册 | Comments(0)

道祖土家の猿嫁 (JZ)

たまたま出会った1冊の本ですが、紹介させて頂きます。坂東真砂子さんの道祖土家の猿嫁という本です。結構分厚い文庫本でした。以前に傀儡(くぐつ)を紹介しましたが、今回のものは、個人的に最も面白く彼女の才能の深さを味わうことが出来ました。彼女の郷土の明治辺りから昭和までの長い間のある1家族の歴史を廻る物語です。ここでも空間的な風景や建物の描写も面白いものでした。
c0058954_22492350.jpg
c0058954_22492973.jpg
c0058954_22493470.jpg
参考までに。



by zappapa | 2017-02-17 22:50 | 今日の1册 | Comments(0)

本 / フランク・ザッパを聴く #3 (JZ)

大山氏によるザッパ先生の本の続きです。100枚というヴォリュームは、圧巻です。現在約7割ほど読み進んでいます。アルバムが、昔のもので約40分、後半でCDとなり、約80分。しかも2枚組みが多く、トータルでいったいどれくらいの時間になるのか? 単純計算など出来ません。その膨大なる量のアルバムを丁寧に解説した今回の企画は、壮大なるザッパ・ユニヴァースを多くの人々に知ってもらう貴重な一冊となりました。感謝あるのみです。
c0058954_23310141.jpg
c0058954_23310538.jpg
c0058954_23304287.jpg
c0058954_23311807.jpg
c0058954_23312302.jpg
c0058954_23312710.jpg
c0058954_23313105.jpg
c0058954_23313976.jpg
c0058954_23314349.jpg
c0058954_23314850.jpg
c0058954_23322923.jpg
c0058954_23323201.jpg
c0058954_23321450.jpg


by zappapa | 2016-01-05 23:35 | 今日の1册 | Comments(0)

本 / フランク・ザッパを聴く #2 (JZ)

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。さて以前に紹介した大山氏の新しい本、フランク・ザッパを聴くが、年末に届きました。大山氏からのクリスマス・プレゼントでしたので感謝感激。心からお礼申しあげます。美しく仕上がった表紙、及び帯。大きさ、厚さと手ごろなサイズです。ザッパ先生の100枚のアルバムを全て丁寧かつ詳細に評しながら大きなザッパ物語を創り上げています。
c0058954_22502669.jpg
c0058954_22503419.jpg
c0058954_22504745.jpg
c0058954_22511264.jpg
c0058954_22505408.jpg
c0058954_22505816.jpg
c0058954_22511613.jpg
c0058954_22514473.jpg
c0058954_22514843.jpg

by zappapa | 2016-01-04 22:52 | 今日の1册 | Comments(0)

FACE TO FACE (JZ)

キンクスのアルバム FACE TO FACE です。このアルバムは、CDが出始めた頃にアメリカでLP盤をようやく入手しました。スペイン盤での再販ものでした。見開き出来ない最小限のジャケットだったので表と裏だけの素朴なものでした。今回CD盤を手に入れました。解説や写真資料及びボーナス・トラック有りと有難い内容でした。資料だといろんな国で出たジャケットが載っています。当時は、それぞれ独自にジャケットを仕上げられる自由で素朴な時代だったようです。ビートルズのシングル盤なども同様です。お目当てのサニー・アフタヌーンは、有難いです。ベスト盤で音源は持っているものの、やはりオリジナル・アルバム構成で聴けるのは満足度が高いです。初期のロック色からメッセージ性や穏やかでひねりのあるバラエティある曲の組み合わせは、このアルバムからだったようです。全曲レイの作曲です。どれも強烈で面白いです。ちょっとビートルズ系、ストーンズ系など上手くいろんな味付けが出来る器用なタレント性も目立ちます。
c0058954_21344712.jpg
c0058954_21345402.jpg
c0058954_21345820.jpg
c0058954_21350261.jpg
c0058954_21350685.jpg
c0058954_21351082.jpg
c0058954_21351520.jpg
c0058954_21353458.jpg
c0058954_21353931.jpg
c0058954_21354656.jpg
c0058954_21355037.jpg
c0058954_21360127.jpg
c0058954_21360630.jpg
c0058954_21361039.jpg
c0058954_21361577.jpg
c0058954_21362473.jpg
c0058954_21362882.jpg


by zappapa | 2015-09-23 21:39 | 今日の1册 | Comments(2)

棟方志功 (JZ)

オークション・カタログからです。日本の作品も出ているのを見つけると嬉しいです。特に棟方作品と出会えるのはことのほか有難いです。五色の色合い、添えた詩、歌い、踊り、奏でる天女の自由奔放な姿。見事です。
c0058954_21370852.jpg
c0058954_21371244.jpg
c0058954_21371782.jpg
c0058954_21372151.jpg

by zappapa | 2015-09-16 21:38 | 今日の1册 | Comments(0)

PROG #57 (JZ)

以前に紹介したイギリスの音楽雑誌 PROG の最新号 #57 号は、ザッパ先生の特集ということです。3週間ほど前に出たらしいのですが、先週末ようやくこちらの売り場に並びました。前回の時は、販売網が完備していなく KYPS 氏にお願いして東京で入手という手間を掛けてしまいました。ようやく今回は、そういったご迷惑をかけずに何とかなってやれやれです。今回も外袋に雑誌が入った状態でのものでした。ちょっとお宝入手的な気分は味わえます。内容は、1975年のビーフハートと共にコンサートをおこなった辺りに焦点を充てたものと最新作 DANCE ME THIS のことに触れたことぐらいです。まあ写真が目当てで満足するといった感じです。外袋と雑誌の表紙は、NORMAN SEEFF によるものです。彼の作品は、ジョニ・ミッチェルの THE HISSING OF SUMMER LAWNS のアルバム写真でもお馴染みです。
c0058954_21555801.jpg
c0058954_21560608.jpg
c0058954_21561123.jpg
c0058954_21562154.jpg
c0058954_21562751.jpg
c0058954_21563580.jpg
c0058954_21564121.jpg
c0058954_21564517.jpg
c0058954_21565118.jpg
c0058954_21565831.jpg
c0058954_21570284.jpg
c0058954_21570779.jpg
c0058954_21571147.jpg
c0058954_21571527.jpg
c0058954_21572207.jpg
c0058954_21572978.jpg
c0058954_21573404.jpg
c0058954_21573864.jpg


by zappapa | 2015-08-03 22:01 | 今日の1册 | Comments(0)

プリニウス #2 (JZ)

プリニウスの続きです。プリニウスの博物誌が、残されたことは、人類の貴重な遺産として有難いことです。その博物誌からヤマザキさんが、選ばれたものにみつばちが、あります。すべての昆虫の中で一番賞賛されるものとして書かれているようです。古代ギリシャ時代から尊い昆虫だったのでしょう。古代のギリシャ・コインにも絵柄として登場します。話は、飛びますが、バロックの建築家ボッロミーニの建物によくみつばちが、装飾の飾りえおして登場します。余り気にかけなかったのですが、今回ちょっと気になり調べることにしました。どうもローマにて彼の手がけた建物が、バルベリーニ家に関わる仕事だったようです。バルベリーニ家の家紋が、蜜蜂です。フィレンツェに始まるこのファミリーが、ローマにて教皇を出す由緒ある貴族ファミリーとして力を持つことになります。多分この蜜蜂の由来には、歴史的な引用なりが隠されていることでしょう。また、廻りからも自然とその意味を同じように理解して受け入れていたのではないでしょうか。この蜜蜂を見事に3Dの彫刻的な装飾にしたボッロミーニ及びイタリアの人々に憧れや尊敬の念を持ちます。ボッロミーニの蜜蜂の頭から二番目の脚が、最前列の脚と同じ前に開いていたり横に開いたりしています。ギリシャ・コインとバルベリーニ家紋では、2番目のものは、後ろに向かって出ています。これは、あくまでボッロミーニによる美的な解釈によりその場所に相応しくアレンジされたのでしょう。華麗な曲線や曲面の大家ですから、常にこうあるべきという形に収めたのではないでしょうか。最後にヤマザキさんによるみつばちの絵画的な表現が、素晴らしいのも印象的です。毎回博物誌から何かを紹介されたらいいなあ。。。。。
c0058954_2245565.jpg
c0058954_2245239.jpg

バルベリーニ家の家紋。
c0058954_22455489.jpg
c0058954_22461363.jpg
c0058954_22463290.jpg

ギリシャ・コイン。
c0058954_22494087.jpg
c0058954_224951100.jpg

ボッロミーニの作品でのみつばち。
c0058954_22503840.jpg
c0058954_22505013.jpg
c0058954_2251864.jpg
c0058954_22512782.jpg
c0058954_22514125.jpg
c0058954_2252011.jpg
c0058954_22521735.jpg
c0058954_22523246.jpg

by zappapa | 2015-01-23 22:57 | 今日の1册 | Comments(0)

プリニウス (JZ)

ヤマザキ・マリさんのプリニウスです。少し前に読みました。テルマロマエの後、スティーブ・ジョブの漫画とこのプリニウスの漫画と大活躍です。お体の方が、大丈夫なのか?そっちを心配してしまいます。今回の作品は、とり・みき氏との共同作となっています。背景の建築や原書での記述のみのものをシボリックに形に表す試みなどで大いに助っ人役をこなされていらっしゃるようです。漫画の途中で2人の対談があり、この作品への思いやこだわり、及び進め方などが話されています。壮大なる世界をヴィジュアル化し、丁寧で絵画的な作品は面白いだけではすまない素晴らしいものです。今後の展開が待たれます。出版社のサイトでは、既に2巻目の予定や1冊目のネットでの公開、とり・みき氏が、撮ったポンペイ取材の映像(ヤマザキさんも登場します)など、熱の入れようが伝わってきます。大プリニウス自身が、目撃したポンペイでのヴェスィオス噴火の話は、甥の小プリニウスによって残されたことは、大変貴重な資料であります。この件は、金子史朗著のポンペイの滅んだ日を以前に読んで興奮した記憶しかないので再読したい思いです。
c0058954_2251468.jpg
c0058954_2252980.jpg
c0058954_22522751.jpg
c0058954_22524238.jpg
c0058954_22531173.jpg
c0058954_2253302.jpg
c0058954_22535598.jpg
c0058954_22543517.jpg
c0058954_22545758.jpg
c0058954_22551277.jpg

金子史郎著、ポンペイの滅んだ日。
c0058954_22561446.jpg
c0058954_22562639.jpg
c0058954_22564083.jpg

参考までに。
資料1
by zappapa | 2015-01-22 23:01 | 今日の1册 | Comments(0)