カテゴリ:今日の1枚( 1226 )

マグリットの目の作品 (JZ)

以前にリヒテンシュタインの作品を紹介した時に参考資料で載せたマグリットの目の作品と同じ内容のものです。ただ、前回に載せたものは、1936年の油絵のようです。今回のものは、エッチングで1969年のものです。マグリットは、67年に亡くなっていますからその後に制作されたものということでしょう。外側の黒の背景のサイズも油絵では、正方形で大きいものでしたが、エッチングでは、小さくカットされています。色合いも油絵の方が、赤味があり暖かい印象に比べエッチングの方は、印刷的な色合いのようです。
c0058954_21394905.jpg
c0058954_21395638.jpg
c0058954_21400256.jpg
参考までに。




by zappapa | 2017-03-29 21:41 | 今日の1枚 | Comments(0)

THE PRETENDER (JZ)

ジャクソン・ブラウンのアルバム、THE PRETENDER です。彼のヒット曲にひとつが、気に入っているので、取り合えず入手してみました。残念ながらお目当ての曲には、出会えませんでした。それでもちょっと驚きが、ありました。1曲ですが、ドラムが、ジム・ゴードン。ギターが、ロウエル・ジョージ。オルガンが、ビル・ペインです。皆ザッパ・ファミリー関連で嬉しいです。他にデビッド・クロスビー、グラハム・ナッシュの名もあります。驚くような演奏ではありませんが、1976年頃ですが、こんなセッションに出会えて有難いです。
c0058954_21365179.jpg
c0058954_21365839.jpg
c0058954_21370453.jpg
c0058954_21370980.jpg
c0058954_21371433.jpg
c0058954_21371911.jpg
参考までに。





by zappapa | 2017-03-28 21:47 | 今日の1枚 | Comments(0)

接吻 (JZ)

雨で月曜の朝。心配通り、マンハッタンの郵便局は、地獄で自分の番まで1時間掛かりトホホでした。さて、オークション・カタログからです。建築家ピーター・ベーレンスのポスターもしくは、グラフィック作品です。学生時代から近代建築の巨匠たち、ミースやクルビジェ、グロピウスなどが、彼のアトリエで修行していたということだけで、どんなに凄い人かは想像が付きます。それでも限られた作品しか紹介されてなく全容を理解するに至ってはいません。更にグラフィックの作品となると白黒の小さな写真ぐらいでしか見たことがないので接吻というタイトル以外は分からない次第です。それでもその白黒写真の時から心惹かれる魅力的な絵柄に感じ入っていました。1898年ですから30歳の時の作品です。アール・ヌーヴォーの時期です。髪の扱いがメドゥーサのような感じで素敵です。
c0058954_22221676.jpg
c0058954_22222389.jpg
参考までに。



by zappapa | 2017-03-27 22:25 | 今日の1枚 | Comments(0)

BENTON SPRUANCE (JZ)

オークション・カタログからです。BENTON SPRUANCE の版画です。1933年の作品です。29歳、一番創作エネルギーが高まっている頃です。アメリカの作家らしくアメリカン・フット・ボールを題材に選んでいるのも素直です。人の動き、流れ、ぶつかったり、倒れたりと激しいスポーツの印象が、上手く現れています。他にも幾つか同じ題材で描いているようです。
c0058954_21421565.jpg
c0058954_21421981.jpg
c0058954_21422544.jpg
c0058954_21422956.jpg
他の作品。
c0058954_21424202.jpg
c0058954_21424792.jpg
c0058954_21425272.jpg
c0058954_21425756.jpg
参考までに。



by zappapa | 2017-03-23 21:44 | 今日の1枚 | Comments(0)

PAUL LANDACRE #5 (JZ)

オークション・カタログからです。以前に紹介した作家 PAUL LANDACRE の版画です。今回も女性2人は、一人の前後を重ね合わせたシルエットのものです。版画紙一杯に描かれたダイナミックな迫力に感激えす。白黒のコントラストの可能性溢れる美しい作品です。
c0058954_21302479.jpg
c0058954_21303195.jpg
c0058954_21303838.jpg
参考までに。







by zappapa | 2017-03-22 21:33 | 今日の1枚 | Comments(0)

MIAMI POP FESTIVAL (JZ)

ジミ・ヘンのマイアミ・ポップ・フェスティヴァルのライブ盤です。以前にこのコンサートの一部のオフィシャル・ヴィデオが、YOU TUBE に載った時に(2013年)イッシューされたようですが、その時探したのですが、アトランタ・ポップのCDしか見つけられず、何でだろうと思っていました。やっぱり出ていたんですね。内容は、良いです。満足度の高い1枚です。写真資料からどうやらステージは、トレーラーのような車に作ったもののようです。昔クリームも同じように車ステージでの写真があったのを思い出します。映像でジミ・ヘンが現地に到着(ヘリコプター)後ステージ近くを歩いているシーンにこのフェスに参加のザッパ先生のバンド・メンバーのドン・プレストン(キーボード)が、一緒に映っていて驚きましたが、写真資料にもちゃんとこの時のザッパ先生の演奏もヴィデオで短いですが、YOU TUBE で見られます。正式なDVD映画でも出て欲しいですね。
c0058954_21401481.jpg
c0058954_21402045.jpg
c0058954_21402638.jpg
c0058954_21403357.jpg
c0058954_21403870.jpg
c0058954_21404147.jpg
c0058954_21405542.jpg
c0058954_21410054.jpg
c0058954_21410646.jpg
c0058954_21411126.jpg
c0058954_21411604.jpg
c0058954_21412006.jpg
右側の黄色いシャツの人が、ドン・プレストン。
c0058954_21412644.jpg
c0058954_21413261.jpg
c0058954_21414042.jpg
c0058954_21414545.jpg
c0058954_21415095.jpg
c0058954_21415695.jpg
c0058954_21420494.jpg
c0058954_21421031.jpg
c0058954_21421514.jpg
c0058954_21422622.jpg
c0058954_21423229.jpg
c0058954_21424045.jpg
c0058954_21424462.jpg
c0058954_21424972.jpg
c0058954_21425468.jpg
参考までに。




by zappapa | 2017-03-13 21:47 | 今日の1枚 | Comments(0)

Bill Evans at the Montreux Jazz Festival (JZ)

ビル・エヴァンスのアルバム、Bill Evans at the Montreux Jazz Festival です。この時のメンバーのドラマーのジャック・ディジョネットです。キース・ジャレットとの演奏が長いですが、この時期1968年は、ビル・エヴァンスだったんですね。その後、マイルスのバンドで活動中にキースがマイルスの所に入ってくる訳ですね。興味深いです。ポール・モチアンも同じようのキースとの競演前のビル・エヴァンスとやっています。勿論ベースのゲイリー・ピーコックもキースの前にビルとやっています。こういったメンバーは、この2人の演奏をどのように思っているのかインタヴューがあれば聞いてみたいです。このアルバムは、グラミー賞を取っているようです。内容は、良いですし、これらの思いを持って聴くと楽しさが倍増します。
c0058954_22314624.jpg
c0058954_22320643.jpg
c0058954_22321780.jpg
c0058954_22322215.jpg
c0058954_22323327.jpg
参考までに。









by zappapa | 2017-03-07 22:36 | 今日の1枚 | Comments(0)

I MIGHT BE WRONG (JZ)

レディオヘッドのライブ盤を入手しました。2001年のライブで同年のリリースです。初めて知った1枚です。個人的にアルバム AMNESIAC との出会いが、最初だったこともあり、この頃のサウンドが気に入っています。特に好きな曲目がなかったのはちょっと残念でしたが。。。。ジャケットのデザインは、何時もの彼ららしいものですが、その中に見た記憶のあるものを発見しました。チェックするとやはりそうでした。取り壊しで揉めたホテル・オオクラのロビーにあった照明器具です。形状が特徴的だったので覚えていました。調べると何と古墳時代の水晶の装飾品の形状(切子玉)からのデザインだったようです。実際オリジナルの水晶切子玉を見てみると素晴らしい装飾品であり高い技術で仕上げたものであることに驚きます。
c0058954_22373661.jpg
c0058954_22374147.jpg
c0058954_22374728.jpg
c0058954_22375180.jpg
c0058954_22380760.jpg
c0058954_22381342.jpg
ホテル・オークラのロビー
c0058954_22383008.jpg
c0058954_22383693.jpg
c0058954_22384139.jpg
古墳時代の切子玉
c0058954_22384691.jpg
c0058954_22385265.jpg
c0058954_22385634.jpg
c0058954_22390206.jpg
参考までに。






by zappapa | 2017-02-28 22:47 | 今日の1枚 | Comments(0)

MACHINGUN (JZ)

ジミ・ヘンのアルバム、マシンガンを紹介します。少し前ですが、KYPS 氏に教えてもらいこのアルバムの存在を知り急ぎ入手しました。フィルモア・イーストでの4公演(12/31/1969 から 1/1/1970) の初回のコンサート丸ごとのアルバムです。既にBAND OF GYPSIES や LIVE AT THE FILLMORE EAST で有名なコンサートの良い所は、既に発表されています。初回のコンサートも数曲は、既に知ってるものでした。後半になるほど盛り上がって行くようです。全体としては、既に慣れた耳には、ウォーミング・アップ的な印象でしたのでもうひとつ興奮するものではなかったですが、いいです。
c0058954_22424159.jpg
c0058954_22424803.jpg
c0058954_22425386.jpg


c0058954_22430083.jpg
c0058954_22430646.jpg
c0058954_22431322.jpg
c0058954_22432125.jpg
c0058954_22432975.jpg
c0058954_22433518.jpg
c0058954_22434142.jpg
c0058954_22434635.jpg
c0058954_22435492.jpg
c0058954_22440032.jpg
c0058954_22440512.jpg
c0058954_22442330.jpg
c0058954_22441278.jpg
c0058954_22443163.jpg
c0058954_22443789.jpg
c0058954_22444209.jpg
c0058954_22444875.jpg
c0058954_22445350.jpg
c0058954_22450098.jpg
c0058954_22451304.jpg
c0058954_22451970.jpg
参考までに。





by zappapa | 2017-02-23 22:49 | 今日の1枚 | Comments(0)

MILES DAVIS FILLMORE EAST 3-7-1970

マイルスのフィルモア・イーストでのライブ盤を入手しました。最近いろいろフィルモアものが出てきていますが、これもそのひとつのようです。2枚組みです。オフィシャル前のデモ盤ですでジャケットも簡単な仕上げです。内容は、もう圧倒的なパワーで脱帽。素晴らしいの一言です。チック・コリアが飛び跳ねてる感じで凄いです。デヴィッド・ホーランドのベースは、アコースティックとエレクトリックと両方のようです。彼のリズムが、最高です。ドラムのジャック・ディジョネットは、キース・ジャレットと未だ出会っていないことになります。パワフルです。
c0058954_22585710.jpg
c0058954_22590360.jpg
c0058954_22590834.jpg
c0058954_22591333.jpg
オフィシャル盤のジャケットは。
c0058954_23000203.jpg
参考までに。



by zappapa | 2017-02-15 23:01 | 今日の1枚 | Comments(0)