カテゴリ:今日の1枚( 1271 )

GIOVANNI MIGLIARA (JZ)

ミラノのドゥオモの絵をもうひとつ紹介します。同じ時期の画家ジョヴァンニ・ミリアーラの作品です。1813年頃のもので昨日紹介したものより20年ほど遡ります。この絵は、彼もしくは、彼のグループのものらしいです。正当な7,3からの眺めです。左側には、未だガッレリアがありません。面白いです。
c0058954_21352395.jpg
c0058954_21352945.jpg
c0058954_21353420.jpg
c0058954_21354111.jpg
参考までに。




by zappapa | 2017-08-16 21:37 | 今日の1枚 | Comments(0)

GIUSEPPE CANELLA (JZ)

オークション・カタログからです。イタリアのジュゼッペ・カネッラによるミラノのドゥオーモを描いたものです。1834年の作。イタリア独立が、1861年ですからそれ以前のものです。通り向こうに大きな大聖堂が、見える素晴らしい世界です。。人々や馬車など華やかに賑わっています。以前にもこの大聖堂を紹介しましたが、離れた場所からの美しさも素晴らしいです。
c0058954_21362900.jpg
c0058954_21371599.jpg
c0058954_21372328.jpg
c0058954_21372942.jpg
c0058954_21373428.jpg
c0058954_21373991.jpg
c0058954_21374463.jpg
参考までに。







by zappapa | 2017-08-14 21:42 | 今日の1枚 | Comments(0)

Voltaïc (JZ)

ビョークのアルバム、Voltaïc を入手しました。CD2枚とDVD1枚セットのものです。2007年のスタジオ録音のCD1枚、2008年のライブ録音のCDとDVDが1枚ずつの内様です。ウィキペディアだといろんな構成での別のセットのものも存在するようです。最初にDVD盤で2008年のライブを楽しみました。想像以上に凝った演奏、演出、歌唱力の凄さ、エネルギーに圧倒されっぱなしの内様で大いに満足しました。その後CD盤でスタジオ、ライブと聴きました。どちらもド迫力で凄いです。DVDでは、大好きなヴェスパタインのアルバムから1曲歌っていたと思います。嬉しい驚きでした。とにかく凄いというのが精一杯です。
c0058954_21425417.jpg
c0058954_21430320.jpg
c0058954_21432134.jpg
c0058954_21432704.jpg
c0058954_21433667.jpg
c0058954_21434278.jpg
c0058954_21434757.jpg
c0058954_21435205.jpg
参考までに。






by zappapa | 2017-08-11 21:47 | 今日の1枚 | Comments(0)

オットー・ワグナーのレンダリング (JZ)

オークション・カタログからです。オットー・ワグナーの美しいレンダリングを見つけました。以前に彼の照明器具を紹介した時に作品集の表紙を載せましたが、同じイメージがあります。モノクロームで繊細に描かれた新しい都市の姿です。近代的な橋。モニュメンタルな柱。川沿いに整備された公園。アクセントに白色のタッチ・アップが独特です。橋か実現したようです。(計2つ)。柱は、残念ながら完成はしなかったようですが、美しい計画の中で生き続けています。
c0058954_21485802.jpg
c0058954_21491262.jpg
c0058954_21491883.jpg
c0058954_21492386.jpg
c0058954_21492960.jpg
c0058954_21495024.jpg
c0058954_21495735.jpg
実際の橋。
c0058954_21500903.jpg
c0058954_21501533.jpg
c0058954_21502021.jpg
参考までに。




by zappapa | 2017-08-03 21:52 | 今日の1枚 | Comments(0)

ドンファンのじゃじゃ馬娘 (JZ)

ジョニ・ミッチェルのアルバム、ドンファンのじゃじゃ馬娘です。昨日のサム・シェパードと同年同月。2日違いと限りなく近いです。このアルバムは、以前に聴いたことはありましたが、当時は、自分に響かず忘れてしまっていました。久々の出会いで聴いてみると、今回は、バッチリと受け止めることが出来ました。この時期辺りでどんどんフォーク系から軽いロック系へと移った後にいよいよジャズ系に進みます。特にこの辺り前後からのノリの良いリズム感が冴えていて、引き込まれます。
c0058954_21375180.jpg
c0058954_21375795.jpg
c0058954_21380228.jpg
c0058954_21380651.jpg
c0058954_21381309.jpg
c0058954_21381703.jpg
c0058954_21382336.jpg
c0058954_21382796.jpg
c0058954_21383227.jpg
参考までに。




by zappapa | 2017-08-02 21:41 | 今日の1枚 | Comments(0)

Candida Höfer (JZ)

オークション・カタログからです。ヴァイキングの船を展示したミュージアムの空間を真正面から向き合い撮影された1枚です。このシンプルでありながら堂々と対象と向き合うこの写真家の素直さとその納める空間の切り取りの見事さに惹かれます。ケルン出身の女性写真家の Candida Höfer です。よくよく彼女の他の作品を見ると先日紹介したパラディオのテアトロ・オリンピコの紹介写真の4番目のものが、彼女の作品でした。他にも劇場やホテルなどクラシカルな建物のインテリアを真正面から撮る方法で沢山撮影しています。素晴らしいものばかりです。
c0058954_21450915.jpg
c0058954_21451749.jpg
c0058954_21452394.jpg
c0058954_21453056.jpg
c0058954_21453564.jpg
パラディオのテアトロ・オリンピコ。
c0058954_21454499.jpg
その他。
c0058954_21455002.jpg
c0058954_21455587.jpg
c0058954_21460345.jpg
参考までに。





by zappapa | 2017-07-31 21:49 | 今日の1枚 | Comments(0)

JULIAN BREAM (JZ)

ジュリアン・ブリームのギターのCD盤です。この演奏家のことは、知りませんでしたが、有名な人のようです。スペイン以外の演奏家で独自の解釈で古典を演奏し高い評価を得ているようです。たまたま好きなアルベニスのもののギター演奏が嬉しくて入手しました。僕の知ってるギター演奏のものとはかなりスタイルが違い戸惑いの方が先に立ちました。それでも今まで余り興味になかったグラナドスの作曲内様にも心引かれるものがありました。この演奏家は、リュートも演奏するようですからむしろそちらのものを聴いてみたいです。
c0058954_21381856.jpg
c0058954_21382358.jpg
c0058954_21382788.jpg
参考までに。



by zappapa | 2017-07-28 21:39 | 今日の1枚 | Comments(0)

BERNARD-JOHANNES ROMEIN #2 (JZ)

BERNARD-JOHANNES ROMEIN の続きです。今日の作品も同じスタイルですが、同じくダイナミックな空間を表現しています。何か古い飛行機雲を見上げているような不思議な感じです。

c0058954_21285828.jpg
c0058954_21290314.jpg
参考までに。



by zappapa | 2017-07-27 21:30 | 今日の1枚 | Comments(0)

BERNARD-JOHANNES ROMEIN (JZ)

オークション・カタログからです。全く知らない作家です。BERNARD-JOHANNES ROMEIN というオランダの作家です。1894-1957年ですからモンドリアンから19年後、リシツキーから4年後の生まれとなります。活躍時期としては、同じか少し後ということになるのではないでしょうか?名前を挙げた2人は、デ・スティールや構成主義の大家です。何らかの関係や影響があったのではないかと思います。残念ながら資料がなくて分からず仕舞いです。作品の印象としては、デ・スティールよりリシツキーのプロウンのアーバン系のように見えます。ザハ・ハディッドのグラフィック・イメージが、その発展系のような印象です。早い時期このような自由な発想で大きな広がりのある空間を構成していることに驚きます。
c0058954_21424445.jpg
c0058954_21424967.jpg
参考までに。






by zappapa | 2017-07-26 21:44 | 今日の1枚 | Comments(0)

SANDY SKOGLUND (JZ)

オークション・カタログからです。写真家 SANDY SKOGLUND の作品です。以前からユニークな写真なので関心がありましたが、作家名まで記憶していませんでした。補色がぶつかり合う独特のコントラストは、驚きです。不思議な世界に人の肌が、ますます不思議さを強調している印象です。シュールです。また女性作家という個性もあるのでしょう。小さい写真しかみたことがないですが、作品は大きいので本物の前では圧倒されそうです。
c0058954_21443749.jpg
c0058954_21442448.jpg
c0058954_21445070.jpg
c0058954_21445631.jpg
c0058954_21450923.jpg
c0058954_21451828.jpg
彼女の他の作品です。
c0058954_21452868.jpg
c0058954_21453369.jpg
参考までに。




by zappapa | 2017-07-25 21:47 | 今日の1枚 | Comments(0)