カテゴリ:今日のお人形( 85 )

DEMETRE CHIPARUS #28 (JZ)

DEMETRE CHIPARUS の作品です。今回もアイボリーを使ってないメタルのものです。今回のものは、立像でなく横たわるクレオパトラです。以前にもエジプト風の要素が、モチーフが出てきました。顔は、デコ風の表情のようです。縄目や幾つかのテクスチュアー・パターンでデザインを統一しています。ベッドは、考古学的な考察がされているか定かではありませんが、フィットしています。台座は、ブロンズの彫刻に相応しい緑の蛇紋岩です。エジプトの石の印象とは違いますが、しっかりした弾状の形状です。1925年頃の制作と今回も曖昧です。
c0058954_21412413.jpg
c0058954_21414083.jpg
c0058954_21414629.jpg
c0058954_21415755.jpg
c0058954_21420388.jpg
c0058954_21420733.jpg
c0058954_21422519.jpg

by zappapa | 2015-06-26 21:44 | 今日のお人形 | Comments(0)

DEMETRE CHIPARUS #27 (JZ)

DEMETRE CHIPARUS の作品です。今回の作品もアイボリーを使ってないものです。前回の作品と似通っています。仕上げは、シルバーです。大きさもそこそこ大きいです。タイトルは、”目覚め”のようです。ちょっと伸びをしている感じがそのようなタイトルとなったのでしょうか。1925年ということもあってか、台座は、デコに良く使われるラインの入った黒い石で素敵です。
c0058954_21443537.jpg
c0058954_21444348.jpg
c0058954_21444864.jpg
c0058954_21445311.jpg
c0058954_21445831.jpg

by zappapa | 2015-06-23 21:45 | 今日のお人形 | Comments(0)

DEMETRE CHIPARUS #26 (JZ)

DEMETRE CHIPARUSの作品です。彼の馴染みのあるアイボリーのものでないので、彼の作品と思いませんでした。1930年頃の制作のようです。金色仕上げのメタルの像です。タイトルは、ヤシの葉を持つ女性です。サイズも66cm と、そこそこ大きいものです。遠目からの姿からは、グリコのマークを思い出してしまいました。いろんな作品を手がけていたんですね。ちょっと驚きでしら。
c0058954_21402333.jpg
c0058954_21403831.jpg
c0058954_21404972.jpg
c0058954_21405766.jpg
c0058954_21410121.jpg
c0058954_21410745.jpg
c0058954_21220813.jpg


by zappapa | 2015-06-17 21:52 | 今日のお人形 | Comments(0)

DEMETRE CHIPARUS #25 (JZ)

DEMETRE CHIPARUSの作品です。今回もアイボリーを使った作品で彼の定番的なものです。ちょっとプロポーションが、崩されて腕などが長めの印象ですが、かえって現代のフィギュアへの先駆的なアプローチのようにも思えます。彼の作品は、ほとんど1925年辺りとなっていますが、実際の年代が定かでないから25年としておけば、外れていないだろうという印象を受けます。簡素な台座からも分かるように小品です。
c0058954_21261429.jpg
c0058954_21264425.jpg
c0058954_21265473.jpg
c0058954_21270177.jpg
c0058954_21271349.jpg
c0058954_21271918.jpg
c0058954_21272580.jpg


by zappapa | 2015-06-10 21:28 | 今日のお人形 | Comments(0)

DEMETRE CHIPARUS #24 (JZ)

久々の Demetre Chiparus の作品です。オークション・カタログからですが、資料が、限られていますので恐縮です。女性は、何時ものデコ・スタイルですが、道化師が加わり動きなどもあり、違った趣です。男性は、厳つい感じを出しているのが良いです。
c0058954_21235720.jpg
c0058954_21241064.jpg
c0058954_21241720.jpg
c0058954_21242204.jpg
c0058954_21242697.jpg

by zappapa | 2015-06-05 21:25 | 今日のお人形 | Comments(0)

DEMETRE CHIPARUS #23 (JZ)

DEMETRE CHIPARUS の作品です。女優というタイトルです。スカートのスリットラインの広がりが、印象的な作品です。シンメトリーな姿にすることでこのスカートの美しさを更に強調しています。台座の石の表情が実に素晴らしいです。中央が少し尖がった形状がまた上部の立像とピッタリのデコ調で決まっています。上部の簡素さが、現代のフィギュアのような印象も面白いです。同じモチーフでテーブル・ランプ・ヴァージョンのあるようです。
c0058954_2243449.jpg
c0058954_22432717.jpg
c0058954_22445027.jpg
c0058954_2245377.jpg
c0058954_22452023.jpg

テーブル・ランプ・ヴァージョン。
c0058954_22463312.jpg
c0058954_22465386.jpg
c0058954_22471427.jpg

by zappapa | 2015-01-09 22:48 | 今日のお人形 | Comments(0)

DEMETRE CHIPARUS #22 (JZ)

久々の DEMETRE CHIPARUS です。パルミラの踊り子となっています。ローマ建築が残るシリアの都市です。特に台座にそのようなローマ的な要素はありません。尖がり帽子と後ろが眺めのスカートのような衣装がエキゾチックな感じでしょうか。アイボリーの美しさが肌を浮かび上げています。片足でバランスを取る微妙な動きもなかなか大胆です。
c0058954_22443494.jpg
c0058954_22445349.jpg
c0058954_22459100.jpg
c0058954_22452337.jpg

パルミラの風景。
c0058954_22474286.jpg

平山郁夫氏のパルミラ。
c0058954_22524667.jpg

by zappapa | 2015-01-07 22:48 | 今日のお人形 | Comments(0)

DEMETRE CHIPARUS #21 (JZ)

DEMETRE CHIPARUS の作品です。冬の装いです。ロシアの農夫のダンサーというタイトルです。黒っぽい衣装がなかなかモダンです。片足を上げた立ちポーズは素敵です。顔の表情が乏しい印象です。デコの雰囲気の台座の大理石がピッタリ合っています。
c0058954_224702.jpg
c0058954_22471832.jpg
c0058954_22473784.jpg
c0058954_22475995.jpg
c0058954_22481720.jpg
c0058954_22483379.jpg

by zappapa | 2014-12-18 22:49 | 今日のお人形 | Comments(0)

Claire Jeanne Roberte Colinet #6 (JZ)

Claire Jeanne Roberte Colinet の続きです。今回の作品は、同じ内容で2種類あるようです。サイズが、2倍ほど違いますが、クオリティは、小さいものも立派なものです。岩の上を走る馬に跨る女性像です。岩のヴォリュームが、限られているせいかかえって雲の上を飛ぶ馬と女性のようにも見えます。女性の衣装から戦いに関わるもののようです。馬の足の3足が、岩に降立っているので走っている流れを表現するのにはもうひとつ工夫が必要だった印象です。それでも女性の不安定な騎乗の姿は、なかなかのものです。真直ぐ前を向く勝利の女神といった雰囲気は出ています。
先ずは小さい方。
c0058954_2238188.jpg
c0058954_22384011.jpg
c0058954_22385762.jpg
c0058954_22391128.jpg

大きい方です。
c0058954_22393597.jpg
c0058954_22401176.jpg
c0058954_22402942.jpg
c0058954_22404412.jpg
c0058954_22415100.jpg

by zappapa | 2014-11-10 22:42 | 今日のお人形 | Comments(0)

Claire Jeanne Roberte Colinet #5 (JZ)

Claire Jeanne Roberte Colinet の続きです。今回のものも動きのある。タイトルは、カルタゴのダンサーです。ちょうど塩野さんのローマの話でのハンニバルの時期を読み終わりカルタゴが滅んだ悲劇を知った時なので偶然ですが、驚きました。その存在したカルタゴの時代を想定したものでしょうか?女性に蛇が絡んだ姿です。衣装の下部は、波打った布の表現が美しいですが、目だったアール・ヌーヴォー風は見当たりません。象牙が、使われていないので印象が、より人形より彫刻に見えます。台座の楕円のプレートもあくまで床の一部であり大げさな台ではないのが、より彫刻のみの雰囲気です。斜めに流れる体のラインは美しいものです。
c0058954_21423556.jpg
c0058954_2143185.jpg
c0058954_21431783.jpg
c0058954_21434083.jpg

by zappapa | 2014-10-02 21:44 | 今日のお人形 | Comments(0)