カテゴリ:号外( 114 )

DON PARDO (JZ)

ドン・パルド氏が、96歳での大往生です。ご冥福を願います。合掌。彼のことは、76年のザッパ先生のニューヨーク・ライブ盤にて素晴らしいアナウンスのパフォーマンスで記憶しています。実に見事で魅力溢れるアナウンスでイリノイ・エネマ・バンディットの曲を紹介します。多分ですが、サタディ・ナイト・ライブの番組出演での出会いから繋がりでしょう。このライブ・コンサートは、1976年12月26日から29日にニューヨークのパラディアムにて行われました。その少し前、12月11日にサタディ・ナイト・ライブという人気のTV番組でザッパ先生が、演奏しています。この番組は、ブルース・ブラザースで有名なジョン・ベルーシー、ダン・エイクロイドなどによる楽しいコントと音楽を提供していた深夜番組です。この番組で一部のアナウンスでドン・パルド氏が、活躍して有名だったようです。今、その番組が、DVD盤にてシーズンごとのボックス・シリーズで出ています。この番組には、ザッパ先生は、2度出ています。76年が、最初の方です。この番組でのドン・パルドのアナウンスは、見事に同じスタイルで行っています。大変印象的なものなので人気があったのは納得です。ザッパ先生のこういう適材適所的な人の使い方は、徹底していますが、このパフォーマンスも見事でした。
c0058954_21522366.jpg
c0058954_21541843.jpg

ザッパ先生のライブ盤。
c0058954_21535111.jpg
c0058954_2154777.jpg
c0058954_21541947.jpg
c0058954_21543637.jpg
c0058954_21544640.jpg

サタディ・ナイト・ライブ。
c0058954_21593229.jpg
c0058954_220447.jpg
c0058954_2203868.jpg
c0058954_2205577.jpg
c0058954_2244690.jpg
c0058954_2213687.jpg
c0058954_222571.jpg
c0058954_2221971.jpg
c0058954_2223483.jpg

参考までに。
資料1
by zappapa | 2014-08-21 22:06 | 号外 | Comments(0)

ジョニー・ウィンター (JZ)

ジョニー・ウィンターが、亡くなりました。合掌。白子でブルースのギターリストと最初から異色中の異色の人でした。やはり最初に出たライブ盤が、余りにも強烈でした。独特のギター・スタイルで圧倒されっぱなし。ヴォーカルも魅力。細身で長髪の白髪も魅力的でした。最後までライブ活動を続けチューリッヒのホテルで亡くなったそうです。立派なブルース魂でした。晩年、僕の街にもやってきてコンサートをやってくれたことにも感謝です。週末は、彼の出たウッドストックのライブなどの映像で偲びたいです。写真では、ジミ・ヘン、ザッパ先生、ジャニス、マディー・ウォーターズ、ブルース・ブラザースなどと写ったものが印象的です。
c0058954_21101099.jpg
c0058954_21104574.jpg
c0058954_21105743.jpg
c0058954_21111222.jpg
c0058954_21114652.jpg
c0058954_2112230.jpg

最初のライブ盤。
c0058954_2116451.jpg

by zappapa | 2014-07-18 21:15 | 号外 | Comments(0)

ロリン・マゼール氏、悲報 (JZ)

指揮者のロリン・マゼール氏が、お亡くなりになりました。84歳。大往生でしょう。個人的に出会った幾つかの作品は、印象深いものでした。指揮者にふさわしい雰囲気、マスク、パフォーマンスでした。ご冥福を願います。合掌。
c0058954_21315455.jpg
c0058954_2132739.jpg

個人的に印象的な作品。
c0058954_21322174.jpg

c0058954_21325835.jpg

参考までに。
資料1
資料2
by zappapa | 2014-07-14 21:34 | 号外 | Comments(0)

ハンス・ホライン (JZ)

悲報が、続きます。オーストリーの建築家ハンス・ホライン氏が、亡くなりました。4月24日、80歳でした。長年患っていた病気の悪化ということです。ご冥福を願います。学生時代、磯崎さんの本から彼の作品と出合えました。その後もどんどん大きな建物を設計する大建築家となって行きました。随分前ですが、ニューヨークであるコンペの表彰式にレセプション時に彼を見つけ、ちょっとだけお話をさせて頂けたことは貴重な思い出です。当時既に老けた印象を持ってしまいましたが、まだ元気でした。初期のコラージュの作品、初期のお店にデザインなどタイムレスな輝きを持つものばかりです。ウィーンでそれらの作品を見た時には、既に完成から20年ほどたっているでしょうが、出来たばかりのような美しさ、ディテール、メインテナンスと敬服したことがありました。
c0058954_2272778.jpg
c0058954_2274823.jpg
c0058954_2232973.jpg
c0058954_2234748.jpg
c0058954_22455.jpg
c0058954_2210962.jpg
c0058954_2244551.jpg
c0058954_225339.jpg
c0058954_2252013.jpg
c0058954_2254798.jpg
c0058954_2261242.jpg
c0058954_2263291.jpg
c0058954_2264657.jpg
c0058954_227381.jpg
c0058954_228829.jpg

参考までに。
資料1
by zappapa | 2014-04-25 22:12 | 号外 | Comments(0)

鈴木博之氏 (JZ)

建築史家の鈴木博之氏が、肺炎により亡くなられました。68歳でした。ご冥福を願います。合掌。学生時代に彼による翻訳本、古典主義建築の系譜は、名著であり建築の学生のバイブル的な価値のある1冊でした。実際の原本は、ジョン・サマーソンによる一般向けの本という意向で書かれたものです。とは言っても、やはり内容は、ギリシャ・ローマ建築の概論なので建築に興味のある人たちへの入門書といった趣きです。日本では、当然、建築を目指す学生が、読むお勧め本ということでブレは、ないでしょう。鈴木氏は、イギリスで学んだこともありイギリスの著者の訳本やイギリス関連の著書が、多いようですが、その後は、どんどん現代の都市レベルの話にも関心を広めての活動だったようです。個人的には、早くこの1冊に出会えたことは、幸いでした。アメリカに来てから、オリジナルの英語版を入手しましたが、写真のクオリティが、良かったり以外では、内容に違いはありませんが、パンフレット的な装丁が、いかにも大衆向けの軽い装いです。日本のものは、ちゃんとしたハードカバーの装丁で見てくれからも立派な本という趣きのものでした。サマーソンは、ジョン・ソーン・ミュージアムのキュレーターだったようです。
c0058954_22392173.jpg

英語版。
c0058954_22394242.jpg

by zappapa | 2014-02-07 22:44 | 号外 | Comments(0)

FZ - Joe's Camouflage (JZ)

ザッパ先生の新しいCDが、発表されました。Joe's Camouflage です。ザッパ先生の息子のバンド ZPZ (ZAPPA PLAYS ZAPPA) のドラマーであり、ザッパ・ファミリーの音源編集に関わっているジョー・トラヴィスによるジョー・シリーズの第四弾のアルバムです。以前からこのタイトルで出る話がありまあひたが、ようやく実現しました。巷の情報では、1975年の初秋頃のものらしいです。メンバーでは、ドラムのテリー・ボゥジオ。ベースのロイ・エストラーダ。サックスと珍しいキーボードのナポレオン。スライド・ギターのデニー・ウォーレイ。他に、Novi Novog: viola and vocals 。Robert "Frog" Camarena: guitar and vocals 。のクレジットの時期のようです。ロバートは、ルービン・アンド・ジェッツの人。ノヴィは、ヴァイオリン奏者でドゥービー・ブラザースやプリンスなどのアルバムに参加している人のようです。その後キーボードは、アンドレィ・ルイスが、参加しますが、それ以前のようです。楽しみです。
c0058954_2310681.jpg
c0058954_23102814.jpg
c0058954_23105921.jpg
c0058954_4194929.jpg

Novi Novog。
c0058954_2311379.jpg

Robert "Frog" Camarena。
c0058954_23121921.jpg

ルービン・アンド・ジェッツ。
c0058954_2313163.jpg

参考までに。
資料1
資料2。
資料3。
by zappapa | 2014-01-31 23:17 | 号外 | Comments(0)

大瀧詠一 (JZ)

大瀧詠一氏が、12月30日にお亡くなりになられました。ご冥福を願います。合掌。大学のため東京に出て、おしゃれな東京の友人に教えてもらった日本のアーティストの一人が、はっぴいえんど出身の大瀧詠一氏でした。当時TVで三ツ矢サイダーのコマーシャルのサウンドでよく耳に入っていましたが、彼が作っていたことは知りませんでした。DJ放送も聞いたり見た記憶もあります。日本人でもビーチ-・ボーイズのようなコーラスが出てるんだ!!!と驚いた最初が、彼でした。その後、山下達郎氏によってよりポピュラーになってこういうサウンドが、広がって行きました。その後、A LONG VACATION のアルバムや曲が大ヒットし不動の存在となりました。初期のナイアガラ(大滝の訳)のグラフィックやサウンドが、僕にとっての強烈な大滝ワールドです。まだ若いのに残念です。合掌。
c0058954_23362726.jpg
c0058954_23364788.jpg
c0058954_2337526.jpg
c0058954_23372690.jpg
c0058954_23392270.jpg
c0058954_2340272.jpg
c0058954_23402168.jpg
c0058954_23404340.jpg
c0058954_23405643.jpg
c0058954_23413335.jpg
c0058954_2341552.jpg
c0058954_23421595.jpg

by zappapa | 2013-12-31 23:46 | 号外 | Comments(0)

JIM HALL (JZ)

ジャズ・ギターリストのジム・ホール氏が、亡くなりました。ご冥福を願います。合掌。ジョ・パスと共に頭が、禿げた巨匠という印象が強いですが、余り聞いてきませんでした。最近ピアノのビル・エヴァンスを聴くようになり彼との演奏でのジム・ホールを聴いていたくらいです。この演奏では、シンプルなソロのように聞こえるのですが、時にはビル以上に味わいのある聞き飽きない深い世界を見せてくれます。
c0058954_22323056.jpg
c0058954_22325629.jpg
c0058954_22331067.jpg
c0058954_22332284.jpg
c0058954_22333527.jpg
c0058954_22334644.jpg
c0058954_2234459.jpg

by zappapa | 2013-12-12 22:38 | 号外 | Comments(0)

島倉千代子 (JZ)

歌手の島倉千代子さんがお亡くなりになりました。ご冥福を願います。合掌。今朝のTVのニュースで知りました。同時に幾つかの代表曲を歌う姿も目にしました。その中で特に自分の思い出に残っているのが、”からたち日記”であることも分かりました。晩年は、トンでる感じの新たなキャラでしたが、大昔から知っている側としては、やはりしっとりとした昔の印象が強いです。幼い頃には儚げな歌声として響き、多分紅白で聞いたのでしょう、からたち日記が、僕の中での島倉千代子さんとなっているようです。日本にいたらシングル盤を探しに行くのになあ。。。。。。
c0058954_22204555.jpg
c0058954_22205946.jpg
c0058954_22215239.png

by zappapa | 2013-11-08 22:24 | 号外 | Comments(0)

ルー・リード (JZ)

ルー・リードが、10月27日に亡くなりました。71歳でした。ご冥福を願います。合掌。あまり多く聴く機会は、ありませんでしたが幾つか印象に残っています。最初は、アンディ・ウォーホールが、バックアップしたヴェルヴェット・アンダーグラウンドというバンドでのヴォーカル、ギター担当でした。この時のライヴ盤のSUNDAY MORNING は、理由なくですが、僕にとって一番好きな曲となり忘れられない1曲です。けだるい歌い方、穏やかな流れでありながら強く訴えてくる何かに震えました。次は、アルバム"ベルリン”です。ある静かな曲で赤ん坊に鳴き声が流れるのですが、後ろ髪を引かれるような力でこれまた圧倒され深く記憶に残っています。最後は、ザッパ先生が、ロックの殿堂入りを果たす時のプレゼンターが、彼でした。
c0058954_212432.jpg
c0058954_21242891.jpg
c0058954_21244288.jpg
c0058954_2125685.jpg
c0058954_21252255.jpg

参考までに。
資料1
by zappapa | 2013-10-28 21:30 | 号外 | Comments(0)