カテゴリ:号外( 114 )

ゲイル・ザッパ 2 (JZ)

ゲイル・ザッパさんの続きです。ザッパ・ファミリーのオフィシャル・サイトに彼女の悲報のニュースが、載りました。そこに写っていた若かりしゲイルの姿が、美しく魅力的です。勝手な個人的な解釈をここに載せさせていただきます。落ち葉掃きの道具を持ってのものです。もろもろの雑葉を掃くのでしょう。緑豊かな作品の中でも発表されず整理されずに枯れて雑葉となり落ちたものが山ほどあるでしょう。それらを彼女が掃き集めてちゃんとしたアルバムに仕上げる作業を行ってきました。頭の下がる思いです。正に任せて!!!っ手感じの1枚です。立派な作業に心から感謝の言葉をここに残します。ありがとう。また ZAPPA という名前ですが、イタリア語では、犂(すき)やつるはしなどの農機具という意味の単語です。似たような道具を持っている姿にそういった隠喩を感じて微笑ましい印象です。追悼で使われた曲は、 SOFA です。この曲を聴きながらこの写真を見ていると長い間ザッパ先生の音楽との思い出などが溢れてきました。週末からザッパ先生の音楽漬けです。KYPS 氏のご質問にあった写真と同じ時に取られたものも載せます。もうひとつは、ザッパ先生が自宅で大きく焼いたゲイルの写真を飾っていたものからです。
c0058954_21540767.jpg
c0058954_21563726.jpg
c0058954_21564257.jpg
c0058954_21544666.jpg

by zappapa | 2015-10-12 22:00 | 号外 | Comments(0)

ゲイル ザッパ (JZ)

今朝会社のフランクに教えてもらいました。ザッパ先生の愛妻ゲイル・ザッパさんが、10月7日にお亡くなりになられました。心からご冥福を願います。合掌。ザッパ先生のビジネス・パートナーとして活躍されてきました。一度 ZPZ コンサートがマジソン・スクエアーであった時に彼女とちょっと立ち話が出来たことが思い出されます。ネガティブな印象もあったのですが、会話の後全て考えが変わりました。チャーミングで美しい女性でした。今後は、ザッパ先生とともに天国でのツアーを続けてください。
c0058954_22112220.jpg
c0058954_22112947.jpg
c0058954_22113452.jpg
c0058954_22113753.jpg
c0058954_22114196.jpg

by zappapa | 2015-10-08 22:12 | 号外 | Comments(8)

ROXY / THE MOVIE (JZ)

ザッパ先生のヴィデオ、ロキシーが、遂に10月30日に発売と公に発表されました。2ヵ月後が楽しみです。このロキシーでのライブ盤、ROXY & ELSEWHERE が、1973年末から14年春に行われた公演が、実に41,2年後にヴィデオ映像で完結ということになります。実際は、4時間ぐらいある中から116分にまとめられているようです。ボーナス映像も2曲あるようです。ジャケットは、ウーム。。。。。。。何ともちゃちい印象です。古いB級シネマのポスターとブート・ジャケットを重ねたような印象です。元のアルバムにCHEEPNIS というタイトルの曲がありました。それがB級ホラー・ムーヴィーに関係があるのでその辺りからのイメージから生まれたのでしょうか???とにかく待ち遠しいです。
c0058954_21402344.jpg
c0058954_21402906.jpg
参考までに。
資料1


by zappapa | 2015-09-01 21:43 | 号外 | Comments(0)

シラ・ブラック (JZ)

イギリスの女性歌手シラ・ブラックが、亡くなりました。72歳でした。ご冥福を願います。合掌。彼女の歌声を知らずじまいで終わりましたが、ビートルズとよく写真に納まっていたことから良く知っている気分でいた人でした。大昔のミュージック・マガジン辺りでよく見かけました。美人というタイプの人ではないですが、個人的に魅力的な印象で好きでした。ウィキペディアによるとリバプール出身。ビートルズのマネージャーのブライアン・エプスタインが、同じくマネージしていたこと。ビートルズが、曲を提供と至れり尽くせり的な支えがあったんですね。本名では、なんとホワイト。記者の書き間違えでブラックと載ったのを気に入ってそのブラックになったような話も面白いです。どことなくサッチャー女史に似ている印象もありましたが、彼女とのツーショットもあり、勝手に変な納得をした思いです。以前にCD盤を見つけた時には、高かったので諦めましたが、次回は、何とかゲットしたいです。
c0058954_21281069.jpg
c0058954_21282345.jpg
c0058954_21283852.jpg
c0058954_21285236.jpg
c0058954_21285618.jpg
c0058954_21290155.jpg
c0058954_21290989.jpg

by zappapa | 2015-08-05 21:36 | 号外 | Comments(2)

Ornette Coleman

オーネット・コールマンが、亡くなられました。85歳。ご冥福を願います。合掌。特別なファンではありませんでしたが、アヴァンギャルドのジャズを突き進んでいた勇士として憧れがありました。幾つか彼の作品を投稿したこともありました。寂しくなります。参考までに。
資料1
資料2
c0058954_22063100.jpg
c0058954_22063700.jpg
c0058954_22064291.jpg


by zappapa | 2015-06-12 22:07 | 号外 | Comments(0)

B.B. KING (JZ)

B.B. KINGが亡くなりました。89歳。大往生です。ご冥福を願います。合掌。病気治療のために入院をしているニュースは、知っていいましたが、こんなに早く亡くなられるとは思っていませんでしたので驚きもあります。学生時代に買ったギターが、ギブソンの335モデルのコピーものでした。グレコでしたが、それでも6,7万円でした。ワインレッドのものです。当時クラプトンと B.B. KING の影響でこのスタイルのものを求めたものでした。当時雑誌の紹介でジャングルというアルバムを手に入れたのが最初の出会いでした。残念ながらそのアルバムでの影響はさほどでもありませんでした。その後も大して聞いたアーティストではありませんでしたが、インタヴューなどで素直に指でのビブラート奏法が、自分らしさである内容は印象的で好感を持ちました。Y さんが、SP 盤からデジタル化して下さった1枚が、最も気に入っているアルバムとなっています。彼の影響は、ロック界では大きいですが、ギターだけでなく歌唱の素晴らしさもあります。今夜は、Y 氏に頂いた1枚を聴いて楽しみたいです。
c0058954_22023159.jpg
c0058954_22024002.jpg
c0058954_22024566.jpg
c0058954_22024853.jpg
c0058954_22025270.jpg
最初に聴いたアルバム。
c0058954_22031342.jpg

by zappapa | 2015-05-15 22:04 | 号外 | Comments(3)

シンシア・レノン (JZ)

ジョンの前妻のシンシアがお亡くなりになりました。4月1日、75歳。ご冥福を願います。合掌。控えめな印象でしたが、ジュリアンが授かり、世界中から祝福された女性でした。ジョンのドキュメンタリー番組などにも出た姿を見た印象でも穏やかな人柄が、出ていました。離婚後、何度かの結婚をする運命となったようです。晩年も愛息ジュリアンと仲むつましい姿を見られたのも有難い思いでした。
c0058954_21393141.jpg
c0058954_21401296.jpg
c0058954_21402824.jpg
c0058954_21404134.jpg
c0058954_21405646.jpg
c0058954_21411048.jpg

by zappapa | 2015-04-03 21:42 | 号外 | Comments(0)

金子國義 (JZ)

画家の金子國義氏が、お亡くなりになられました。ご冥福を願います。合掌。彼独特の少女的な女性や青年のポートレートは、いろんなところで目にすることがあります。日本の絵画、挿し絵などの歴史を追うとある流れがあるように思われますが、その中でしっかり足跡を残され貢献された方でしょう。いつまでも時間とは関係なく若い息吹を見せてくれているようです。個人的には、東洋のポール・デルボーのような印象もあります。
c0058954_21433296.jpg
c0058954_21442644.jpg
c0058954_21444135.jpg
c0058954_21434775.jpg
c0058954_21440675.jpg
c0058954_21450353.jpg
c0058954_21431218.jpg

by zappapa | 2015-03-20 21:47 | 号外 | Comments(2)

TANTAN (JZ)

私事で恐縮すが、書かせて頂きます。長く一緒に暮らした我が家の愛犬 TANTAN が、天国に召されました。3月18日、午前1時17分。冥福を願います。合掌。14歳の誕生日を迎える前に終えました。最後は、少し痙攣のような発作がありましたが、ほとんど普通の生活を亡くなる前まで続けることが出来た幸せに心から感謝致します。これからは、我々家族の毎日を天国から暖かく見守って下さい。今まで通りタンタンのことを思いながら日々精進して行きたいと思います。14年間の楽しかった生活、思い出は、何にも変えられない宝物です。大切にしてゆきます。本当にありがとうタンタン!!!
c0058954_21252873.jpg

by zappapa | 2015-03-19 21:37 | 号外 | Comments(0)

Warren Cuccurullo & Sultan Khan (JZ)

プライベートの内容で恐縮ですが、Yさん、初孫誕生おめでとうございます。心からお喜び致します。それにふさわしいかどうか分かりませんが、1枚のアルバムを捧げたいと思います。Warren Cuccurullo & Sultan Khan の2人によるアルバム。ワーレンは、ザッパ・バンド卒業後デュラン・デュランのギターリストとして一気にトップ・アイドルとなって成功しました。彼は、その後もザッパ先生を師事し続ける立派で男気のあるツワモノです。その彼が、新たに尊敬し敬う師匠的な存在が、このスルタン・カーン氏だったようです。2011年、71歳でお亡くなりになりました。この人もザッパ先生と同じ1940年生まれであることも何かの因果であるようにも思えます。サーランギーというシタールなどの兄弟的な弦楽器の達人です。サーランギー自身余り知らなかったのですが、インド音楽以外でもそれ風のものは、シタールと同じように聞き慣れたサウンドのように思われます。この深遠で深い世界、音色とワーレンによる控えめなアコ-スティック・ギターや打楽器が、なかなか素敵です。ドラムでは、ドゥイーズルのバンドで活躍のジョー・トラヴァスも参加しています。彼は、以前にもデュラン・デュランのバンドに関わりがあるので、そういった繋がりからでしょうか。久々のインド音楽は、実に時間の流れを変えてくれるような強い印象でした。ワーレンによるザッパ先生への追悼曲があった記憶ですが、追悼のアルバムとして何かだして欲しい思いです。
c0058954_22513797.jpg
c0058954_22515375.jpg
c0058954_22521168.jpg
c0058954_22522751.jpg

参考までに。
資料1
資料2
by zappapa | 2015-01-21 22:55 | 号外 | Comments(0)