カテゴリ:今日の楽器( 13 )

最近こんなのも、そして1992回目の投稿! (Y)

 このblogも始めてから何年経ったでしょう? ちょこっと調べたら、なんともうすぐ2000回目になることが判明しました。早いものですねー。3人のzappaファンのお父さんが集まって始めたこのblog、3人の個人的な関心事だけ思い思いに投稿して来たので、毎日のつながりがあまりなく、初めてご覧になった方は、その日々の統一性の無さに驚かれたことでしょう。で、今日から2000回に向けてカウントダウンすることにしました。

 さてさて、今日ご紹介するのは、最近僕がハマっているギターです。今年の夏に思い切って手に入れたものです。
c0058954_21425962.jpg
 Republicと言うメーカーのいわゆるリゾネーターと言われる種類のギターです。ボディはスティール製でボディ内部に弦の振動に共鳴する振動板が仕込まれているため、デカイ音、複雑な倍音成分のような音がします。主にスライド・バーを使って演奏しますが、普通に弾くことも勿論出来ます。音楽のジャンルはブルースやハワイアン、というところでしょうか。別にこれで何を弾いてもいいですが、やっぱり個人的にはブルースですね。
 ボディに仕掛けがある分、重量バランスがエンドよりです。ストラップつけて立って弾くのは不可。ちなみにかなり古そうに見えますが、エイジド加工された新品です。こういうアコースティックなギターに目が向くようになったのは、年齢のせいでしょうか?(笑)

    【2000回まであと8回】
by zappapa | 2009-11-25 21:33 | 今日の楽器 | Comments(6)

久々のアコギ (Y)

 暇だとろくなことがありません。ギターを買ってしまいました(笑)。といっても普通のギターじゃなくて、ジャンゴ・ラインハルトで有名なジプシー・スイング・ジャズで使用するギターです。ひょんなことからジプシー・スイング・ジャズの専門店を見つけて、訪問したのが運の尽き、です。中古ではありますが、めちゃめちゃ程度の良いものを手に入れました。こういうのは一期一会です。フランス製でGITANE(ジタン)といいます。
c0058954_102552.jpg
現行商品ですが、古いセルマー・ギターのレプリカです。音は爆音で、あの詰まったような独特のジプシーギターの音がします。久々のアコギですが、時間を見つけてはシャカシャカやっています。ほんと、楽しい!
c0058954_112762.jpg
 ご覧のようにバックもサイドもバーズアイ・メイプルです。木目フェチの人にはたまらないことでしょう。そしてもう軽いのなんの。それにしても今まで体験したことの無い種類のギターです。
by zappapa | 2009-05-24 01:03 | 今日の楽器 | Comments(5)

御歳55歳! (Y)

 いろいろあってかなりビンテージのアンプを手に入れました。実は最近知り合った人のところでFender Champというすごく古い小型アンプでストラトを弾いたところ、レイラとまったく同じ音がしたので、それに影響を受けて欲しくなり、探し求めたものです。
c0058954_1018790.jpg

c0058954_10183340.jpg

 1953年に製造されたFender Champion 600 tweed(5B1)というものです。もちろんプリもパワーも真空管、手配線で箱も単板です。なんと、御歳55歳! 本当にちゃんと音が出るかと心配しましたが、見事にノイズ一つせず渋い音を出してくれます。念のためとビンテージギターアンプの専門家に見てもらったところ、抵抗一つ交換してあっただけの、フル・オリジナルと行って差し支えのないもので、55年も経っているのにコンデンサーの容量も抜けておらず、非常に状態が良い状態の個体と言うお墨付きを貰いました。これは博物館ものなので、大事にこの状態を維持しなければなりません。さすがに真空管は消耗品ですから、これからスペアを確保して行かなければなりません。せっかくですので内部の様子も見て頂きましょう。
c0058954_10215952.jpg

by zappapa | 2008-08-31 10:22 | 今日の楽器 | Comments(2)

何だか良く分からない (Y)

 (JZ)さんの投稿を受けまして、色々と探してみました。アルフィーの高見沢氏もさっそく購入したようです。
c0058954_23521441.jpg
c0058954_23523148.jpg
c0058954_23525160.jpg
c0058954_23531297.jpg
c0058954_23533043.jpg
c0058954_2353449.jpg
c0058954_2354161.jpg
 「ギブソンからエレキギターの歴史に新たな1ページを刻む革新的ギター”Robot Guitar”が登場!ボタン操作だけで簡単にプリセットされた6つのチューニングを選択、使用することができます。マスター・コントロール・ノブ(MCK)で、計11ヶ所に搭載された様々な機能を操作、コントロールすることができます。パワーヘッド・ロッキング・チューナーは、軽量の合金で作られているので、通常のチューニング・キーと比較しても特に重いことはありません。またパワーヘッドには、高性能ギアボックスがついており、ヘッドストック裏に搭載されたネックCPUからのシグナルによってコントロールされています。チューン・コントロール・ブリッジ、チューン・コア・コントローラー、データ・トランスミッティング・テイルピース、そしてネックCPU、これらが「ギブソン・ロボットギター」の司令塔として機能するものです。各弦がデータ・トランスミッティング・テイルピースからコントロール・シグナル、電力をネックCPUへ伝達、ネックCPUはその情報を基にしてパワーヘッド・ロッキング・チューナーを駆動します。「ギブソン・ロボットギター」は、ロボット工学を活用した初の楽器製品であり、ギブソン・ギターの歴史に新たな1ページを刻む画期的なアイテムです!」(解説より)

 良く分かりませんが、テイルピースからペグに情報をフィードバックすると言うことらしいです。変則チューニングやオープンチューニングに瞬時にして対応すると言うのが、プロにはいいかも。アームのついたギターだとどうなるのでしょう? やっぱりだめかなあ。それともアーミングした時には情報は解除、でブリッジが元の位置に戻ったら自動でチューニングをする、なんてことが出来るのかな? でも2秒じゃ遅いなあ。どうなんだろ、そのへんのとこ。ねえKZさん?
by zappapa | 2008-01-05 00:09 | 今日の楽器 | Comments(5)

お馬鹿なギター (Y)

 本家Gibsonからこんなギターが世界限定400本で出ていますよ。誰か買いませんか? リバースのフライングVです。目立つけど弾きにくいことは保証付きです。
c0058954_1855086.jpg
 ほんと、誰が買うんでしょう?
by zappapa | 2007-09-10 18:06 | 今日の楽器 | Comments(12)

私のギター・2 (Y)

 (JZ)さんのリクエストにお応えして、ストラトの背中をお見せしましょう。
c0058954_9533211.jpg
 (JZ)さん、お気に召しました? なかなか奇麗な背中でしょ? ところで改造というほどではないですが、スプリング・カバーの端を切り落としてあります。本来は弦を通す穴が6つ空いているのですが、交換の時に面倒なのでカットしましたが、みんな良くやっていると思います。

 次はKAZ.Nさんからのリクエストで、そのカバーを外してみました。
c0058954_9564281.jpg
c0058954_10185546.jpg
 ありゃりゃ、スプリングが平行になってますね。自分では八の字にセットしたつもりだったのですが、随分前のことなので忘れてしまっています。本来は5本ですが、2本間引きました。5本だとちょっときつすぎますね。やはり昔は太いゲージの弦が普通だったからでしょうか。僕は009か010スタートのセットなので(ghs)3本で十分です。

 ついでに表返しました。(K)さん、トグルスイッチがついているでしょ?
c0058954_101257.jpg
c0058954_1013043.jpg
 ブリッジは鉄板の折り曲げではなく、アルミ・ダイキャスト(?)のブロック型のものです。これが良くないのか、今ひとつ響きが…、という感じです。交換しようかなあ。こんど専門のリペア・ショップに持ち込んで、ドックに入れようと思っています。ネジ類が汗で錆び付いてボロボロで、調整が利かないので、手を入れてもらう予定です。

 ところで、このギターを弾きにくくしているのがネックのラウンドです。ちょっと見て下さい。こんなアールがついています。
c0058954_1043624.jpg
 ホールド感はバッチリなのですが、弦高が調整しにくいのですよ、ラウンドがきついと。まあ、僕は30年以上も弾いているので馴れましたが、他人のギターの弾きやすいこと! それもこれもこのネックのお陰です。太い、丸っこい。でもねえ、これがストラトって言う感じがするのですよ。僕にとっては弾きにくいのがストラト! でもストラトが大好き!
by zappapa | 2007-09-08 10:19 | 今日の楽器 | Comments(7)

本当の私のギター(Y)

 先日紹介したストラトですが、ちょっと引っ張り出して来ました。ギターケースはオリジナルのフェンダーの匂いがします。ということで。
c0058954_122545.jpg
 ね、まったく同じモデルだったでしょ?! ただね、ちょっと改造しているのですよ。分かる人には分かりますが、分からない人には分からないだろうなあ。30数年のつきあいです。
by zappapa | 2007-09-05 01:25 | 今日の楽器 | Comments(10)

私のギター(Y)

 ネットをいろいろと見ていてびっくり! 私の持っているストラトと全く同じ仕様・年代のものを発見しました。
c0058954_224449.jpg
 トラスロッドがへッド側に突き出たラージヘッド、メイプルのネック、ホワイト・アッシュのナチュラルボディ。おそらく1973年の下四半期か1974年の上四半期のCBSに移ってからのものだと思いますが、カリフォルニア・ジャムあたりのリッチー・ブラックモアも同じようなストラトを弾いていたような記憶があります。しかし、このギターが鳴らない! アームで調弦は狂いまくる。ネックは太くてラウンドがきつく(もちろん21フレット仕様)で弦高が下げられない。本当に強くピッキングしないと音が出ません。カラカラに乾いた音がします。このギターでリードを弾こうと思うと、とにかく音が伸びないので、必死になって強くピッキングしてもアタックが強くなるばかり。本当に苦労させられたギターでした。しかしえらいもので、そんなストラトですが、学生時代からそれなりに飼いならし飼いならされ、おかげで他のどんなギターを弾いても弾きやすくは思うものの、どのギターもしっくりは来なくなってしまいました。けっきょく新品で手元に来て以来、思えばすでに30年以上が経っています。一本気で頑固者のストラトです。
by zappapa | 2007-09-01 22:16 | 今日の楽器 | Comments(5)

怖い話題から避けたくて (Y)

 下の方で怖い話題で持ち切りですが、僕もお岩さんは恐れ多いです。子どもの頃には良く夏になると舞台中継や、映画がありましたが、戸板返しやその他諸々のシーンが怖くて、見ることが出来ませんでしたので、明るい話題に切り替えます。
 29年を隔てて似たような写真ですが、この違いが分かるのは(K)さん位かなあ。
c0058954_015196.jpg
c0058954_0153769.jpg
 上は1977年の高中正義の2ndアルバムジャケット。下はつい最近のFenderの広告写真。もちろん時間の隔たりだけの変化がありますが、実は大きな違いがあります。さあ、分かった人はコメントをお願いします。
by zappapa | 2006-12-07 00:18 | 今日の楽器 | Comments(4)

240万円は高い? 安い? (Y)

 たまたま入った楽器店で見ました。クラプトンのブラッキーを完全にコピーしたトリビュート・モデルです。
c0058954_1425967.jpg
 こんな風に打痕や例のヘッドのタバコの焼けこげなんかも、不自然なぐらいに再現してありました。ひとりの若いお兄ちゃんが、食い入るように見ている姿が印象的でした。お値段は? 希望小売価格24000ドルとのことですが、そのお店では240万円でした。まるで程度の良いビンテージギターの価格ですね。皆さんどう思います? 僕はデュアンのレスポールなら、欲しいなあ(笑)。
by zappapa | 2006-12-06 01:46 | 今日の楽器 | Comments(2)