トニー・ウィリアムス (JZ)

エレクトリック・ジャズが、気になっている最近ですが、このCDを見つけ迷わず買った1枚です。彼は、マイルス・スクールでも若くして活躍した天才系のドラマーです。彼のソロアルバムなどは、全く聴いたことがなかったので、今がチャンスとの思いでした。ギターが、何とアラン・ホールワースでした。ザッパ先生も評価していた人です。また、アランの最近の活動では、ザッパバンドで活躍したチャッド・ワッカマンが、ドラマーとして彼と行動しています。ザッパバンドでの先輩ドラマーのテリー・ボッジオは、トニーからの影響が、多く、彼自身、初期の演奏を誉められても、トニーのコピーで恥ずかしいとのコメントでしたので、このCDに期待しました。内容は、ハイレベルで素敵です。2枚のLPを1枚のCDにしたので量も十分。ラストの曲は、正にテリーとの共通点が、多く興味深いものでした。それでも、個人的には、エレクトリック前のマイルスバンド時期のハテンパな超テクな印象が、強く、どうしても、そちらに軍配を上げたいです。
c0058954_21275629.jpg
c0058954_2128541.jpg

有名ジャズドラマーのバディー・リッチのメモリアルコンサートの広告を見つけました。この中にテリーも参加しているようです。ジャズの世界とつながり、良かったなあ。。。との印象です。
c0058954_21302814.jpg

by zappapa | 2008-10-15 21:35 | 今日の1枚 | Comments(0)
<< KIND OF BLUE (JZ) EUPALINO (JZ) >>