成毛さん、登場です。(K)

ギターといえば1970年代に青春をバンドで過ごした多くのおじさんは皆グレコのギターにお世話になったのでは。おまけに付いてた成毛滋のギター教則本のカセットとテキストは随分役たちました。ウーマントーンの出し方とかね。既にそのカセットも紛失しましたが成毛さんがロンドンで録音したシングル盤があります。これです。
c0058954_20361630.jpg

ボーカルがブライアンキースと言う人で、元ローリングストーンズのメンバーと解説に堂々と書いてありますが、???です。ブライアンジョーンズ+キースリチャーズですかね??
ところで、成毛滋さんはいかにも毛が一杯生えてそうな名前ですが、どこかで見た写真ではスッキリ、クリーンクリーンした頭髪でした。お世話になった成毛さん、ごめんなさい。
by zappapa | 2005-02-26 20:51 | 今日の1枚 | Comments(6)
Commented by (Y) at 2005-02-26 23:20 x
うおーっ! なつかしーっ! 僕もお世話になりました、グレコのカセット。グレコのギターを買うと付いてきましたね。僕は持っていなかったけど、友達から借りて聴きまくりました。ウーマントーンって言いえて妙ですが、ミッドバスをブースとしたような女の人の声って、聴きたくないなあ。
Commented by KAZ at 2005-02-28 21:11 x
うわぁ!成毛滋だあ~。グレコの教則本+テープ、持ってましたよぉ~!お手本で弾く曲は、やっぱり、Zepが多かったですが、このシングルって、どんな曲だったのでしょうか?やっぱり?
Commented by (Y) at 2005-02-28 21:47 x
KAZさんは今もこの教則本とカセットを持っているのですか? とするとなかなかに貴重品ですよね。今聴いたら、また印象も違うでしょうね。
Commented by KAZ at 2005-02-28 23:43 x
え~っと、記憶が定かじゃないのですが、たしか大学生の頃にギター講師をしていた際、教え子のひとりにあげてしまったような気が・・・。ただ、内容は、ほとんど覚えていますよ~!8ビートピッキングにはじまり、ブルーノートスケール、チョーキングのやり方、などなど、よく出来た内容でした!
Commented by K at 2005-03-01 08:11 x
ブリティシュロックばりばりのカッコいい音でした。
Commented by KAZ at 2005-03-01 09:28 x
へぇ~!そうだったんですか!今の日本人アーティストでは聴けない音ですねえ~。それにしても、ジャケットのデザインというか、写真は、どちらかというとフォークっぽいというか・・・、やはりDERAMレコードだから、あんな感じになってしまったのでしょうか・・・。もしかして、弾いているギターが消されているのは、当時のスポンサーのグレコじゃないからだったりして?
<< 僕のSP盤、その1(JZ) ロリーのストラト(K) >>