ベルニーニ その2 (JZ)

ベルニーニのテラコッタのものの続きです。これは、かなり貴重なものです。今の名前は、知りませんが、レニングラードのエルミタージュ美術館所蔵の物です。1671年から1674年の最晩年の傑作です。完成作は、ローマのS.FRNCESCO A RIPA 教会にあります。1700年代にヴェネチアのフラセッティ家が、集めたコレクションが、流れた物です。最初のテラコッタは、1672年の物で本人の作です。枕のデザインなどに違いが、あります。もうひとつの物は、1673年頃に弟子によってオリジナルから写したものではなか?ということです。後、残っているスケッチに布の流れが、手の所で分かれることをスタディーしています。どちらも20x48x20センチ前後の物です。とにかく素晴らしいの一言です。
c0058954_22504835.jpg
c0058954_22511325.jpg
c0058954_22513129.jpg
c0058954_22515022.jpg

by zappapa | 2005-11-08 22:54 | 今日の思い付き | Comments(5)
Commented by kyps at 2005-11-09 20:16 x
テラコッタの作品は以前ローマで開催された展覧会で見ました。
カタログで確認したらサンクト・ペテルブルグ(元レーニングラード)のエルミタージュ美術館・蔵となっていました。カタログにはこのテラコッタ作品についての長文の解説が載っていますがイタリア語なのでチンプンカンプンです・・・とほほ
Commented by (JZ) at 2005-11-09 22:11 x
さすがは、KYPS さん。ご覧になられていましたか。2つ共ありましたか?それとも1つだけだったでしょうか?僕も見たいなあ。。。。。
Commented by kyps at 2005-11-10 00:23 x
ベルニーニ本人の作品の方だけだったように思います。
Commented by (JZ) at 2005-11-10 03:58 x
やっぱり。。。。。。。。
Commented by kyps at 2005-11-10 07:06 x
記憶にはありませんが、カタログを見るとGiovanni Battista Gaulliによるスケッチが展示されていたようです。
S.FRNCESCO A RIPA聖堂の作品を描いたもので、バックの額縁の断面ディテールなども描きこまれています。
<< リトルフィート (JZ) グッゲンハイム美術館 その2 ... >>