クリーム復活!(K)

クリームの再結成、見ました。といってもビデオですが。演奏はコンパクトにまとまった感じがしました。1曲がそんなに長くないのは、皆さん歳のせいでしょうか。
c0058954_2347142.jpg
往年の名曲の数々をたっぷり披露してくれました。ジャックブルースはそれなりに気合いの入ったロックミュージシャンぽい服装でしたが、ジンジャーは黒のクリームのプリントされた
Tシャツにスラックス、クラプトンもサラリーマンの日曜日のファッションのようで視覚的に溶けかかったクリームだなあと感じたのは私だけ?若い頃から老け顔のジンジャーはいったい何歳なんでしょうね?それでも5分以上のドラムソロは気合いたっぷりでソロの後の笑顔が素敵でした。
by zappapa | 2005-10-15 23:56 | 今日の1枚 | Comments(10)
Commented by (Y) at 2005-10-16 00:34 x
「昔の名前〜で、出て〜い〜ま〜す〜」ってかあ。音楽業界は人材不足なのか、あるいはやり尽くしたのか。ホワイトルームだのポリティシャンだのを今演奏されてもなあ…。35年以上前のホワイトルームのインパクトったらなかったのにねえ。歪みきったジャック・ブルースのベースもインパクトがあった! クラプトンのウーマントーンも、ジンジャー・ベイカーのダブル・バスドラも、何もかもが新しい時代をもたらしてくれたのに、チャンジイになって懐メロアワーもないだろうに。って思うんだけど、やっぱりこのDVD買うんだろうな。でもきっと見ないんだろうな。自分が60歳位になったら見るかも?
Commented by kyps at 2005-10-16 01:14 x
ジミヘンも復活してくれないかなぁ~(無理)
Commented by (JZ) at 2005-10-16 03:53 x
僕もいろいろ迷ったけど中古盤店で新品が、半額だったので買ってしまいました。未だ半分しか聴いてませんが。。。。内容は、盛りだくさん。サービス過剰気味。(2枚のCDで全部聴けるため、嬉しいようなつらいような。。。)プロのサーヴィスに感謝しなきゃいけないなあといろいろ考える感じです。DVDは、見たいなあ。ミーハーですから。演奏は、ハードではないし荒削りさは、ないけど、クラプトンが、思った異常にアカデミックに健闘していますよ。素直に上手さが、出ています。音色、フレーズでオールマン風な所が、あったりで長年の思いが、コモッテル感じです。クリーム以降全く聴いていなかった(アンプラグドは、一応持ってる程度)のでちょっと、嬉しいです。ベース、ドラムは、むしろおとなしい印象ですが、3人が、揃ってるのは、どう考えても、貴重なドキュメントです。僕も歳ですから、むしろそういう有難さを思ってしまいます。映像が、見てみたいなあ。。。ジミヘンは、もし見れたら、サイコー。。。願ってます。。。
Commented by (Y) at 2005-10-17 02:02 x
ジミヘンの再結成はありませんが(笑)、ELPが今日本に来ています。新宿・厚生年金会館でコンサートをしたようです。キースも60歳ですって。うーん、ELP見たいかなあ…。なんでもグレグ・レイクが昔のキーでは歌えなくて、全部キーを下げてアレンジし直したらしいです。いずれにせよ、やっぱり素晴らしき60年代、70年代のロックなのでしょうね。
Commented by kyps at 2005-10-17 03:06 x
60年代英ロックではビートルズは別格としてヤードバーズ、スモール・フェイセス、キンクス、プリティ・シングス、ジミヘンドリックス・エクスペリエンスなどがお気に入りでしたが、その気になればオリジナルメンバーで再編可能なバンドはプリティシングスだけです。さびしいことです・・・
70年代はロックに興味を失ってクラシックばかり聴いていました。
ということで私にとっては、素晴らしきは60年代ロックです。
Commented by (Y) at 2005-10-17 23:35 x
残念ながらプリティ・シングスは聴いた事がありません。60年代と70年代を分けたのは、ブリティッシュとアメリカンの様な気がします。僕の70年代はなんといってもオールマン。というか、デュアン。デュアン以前、デュアン以降で僕は分けています。僕の私的代表的70年代ロックアルバムは「at Fillmore」と「レイラ」です。それだけ。この2枚あれば、僕の70年代は十分。十分すぎて、もう聴く気もしません(笑)。
Commented by (JZ) at 2005-10-18 00:56 x
そんな事言っていいんですか?BLOW BY BLOW や WIRED は???
Commented by (Y) at 2005-10-18 01:29 x
いや、その、ジェフ・ベックは僕の中ではロックと言うジャンルじゃないんですよね。BBAも大好きだし、第一期も第二期もジェフ・ベック・グループは好きなんだけど、トータルでベックは好きで、なんと言うか時代と結びつかないんですよ。BLOW BY BLOWが70年代を代表するアルバムではないんですよね。ロックで70年代と言えば、あのモノクロのat Fillmore。だってZAPPA大先生は60年代でも70年代でも80年代でも90年代でも(しつこい!)ないでしょ? もしもあとどうしても70年代と言われたら、ジャニスとドアーズです。でも60年代とかぶっているしなあ…。
Commented by (JZ) at 2005-10-18 03:29 x
ANYWAY THE WIND BLOWS.
Commented by kyps at 2005-10-18 17:29 x
う~ん、Pretty Thingsはやはりマイナーなんですね。
66年ごろ2ndアルバムを初めて聴きましたが、ぶっ飛びましたよ。
不良ガレージ・パンクここに極まり、という恐ろしくワイルドな演奏で!
最近2枚組BBCライヴが出たけど一般的に評価の高い後期(70年代)のものより前期(60年代)の荒っぽいブルースバンド時代のほうが和みました。

わたしの分類ではビートルズ登場以前が一くくりで、その後がビートルズ~ウッドストックまででロック遍歴はおしまい。だからウッドストック以後にデビューした連中はみんな同じに聴こえます。70年代でも聴いていたのはグラムロックとパンクくらいかな。
書き忘れたけどTHEMも好きだったなぁ・・・
<< はまりにはまっています。 ムッソリーニ関連 その2 (JZ) >>