ジョン・ウェットン (JZ)

ベーシストのジョン・ウェットンが亡くなりました。大腸癌だったようです。ご冥福を願います。合掌。僕には、キング・クリムゾンのジョン・ウェットンという風に考えていますが、その後 UK、エイジアなどいろんなバンドで活躍しています。彼のヴォーカルが、やはり第一の魅力でした。決して美しい歌声のタイプではありませんが、堂々と歌う声の見せられました。ベースも動きのある第二期のクリムゾンのラジカルでパワフルなライブ・バンドで本領発揮でした。一期が、グレッグ・レイクの歌声。二期が、ジョン・ウェットン。(ボズは省略)。三期が、エイドリアン・ブリューと素晴らしいヴォーカリストの恵まれたバンドです。
c0058954_23063473.jpg
c0058954_23072704.jpg
c0058954_23064319.jpg
c0058954_23065269.jpg
c0058954_23070327.jpg
c0058954_23071007.jpg
c0058954_23073408.jpg
参考までに。




by zappapa | 2017-02-01 23:11 | 号外 | Comments(2)
Commented by (Y) at 2017-02-02 00:21 x
このところやたらと訃報が続きますね。先日もオールマンのドラマー、ブッチ・トラックスの自殺の報に驚いたばかりなのに…。しかしクリス・スクワイヤーといいグレグ・レイクといいプログレ系のベーシストがバタバタと倒れているという感じです。色んなものが過去になりますね。合掌。
Commented by zappapa at 2017-02-02 04:24
ブッチ・トラッスが、拳銃自殺だったのを知りませんでした。ご冥福を願います。合掌。本当に寂しいです。(JZ)
<< バルーン・ベンチ (JZ) オットー・ワグナーの椅子 #2... >>