ボブ・ディラン、ノーベル賞 (JZ)

今年のノーベル文学賞にボブ・ディランが、受賞しました。現代の吟遊詩人的存在のディランの歌詞が、このように評価されたことは、意味深いです。文字弱い系の僕には、難しいですが、とにかく音楽の世界からの受賞は、驚きました。幾つかのアルバム、(バングラエシュのためのライブ、ライブ・アルバムのハード・レインHIGHWAY 61 REVISITED, BLOND ON BLOND 辺りです。)が、好きです。また、1982年12月22日にディランが、ザッパ先生宅を訪れ、彼の新しい曲を歌うことに協力したことが、印象的な話で記憶に残っています。ザッパ先生とディランとの写真は、見当たりませんが、ジョーン・バエズとのものが、間接的に繋げている気分でいます。最後に今日ザッパ先生の新譜のアルバム数枚が、発売予定でしたが、残念ながら3週間後の11月4日へと変更になったようです。とほほです。3週間の我慢が、始まりました。
c0058954_21504111.jpg
c0058954_21505678.jpg
c0058954_21511817.jpg

ザッパ先生と出会う1982年のディラン。
c0058954_2151564.jpg
c0058954_2153171.jpg

もうひとつジョーン・バエズと
c0058954_21533732.jpg

ザッパ先生とジョーン・バエズと。
c0058954_21541852.jpg
c0058954_21543483.jpg

参考までに。
資料1
資料2
資料3
資料4
資料5
資料6
by zappapa | 2016-10-14 22:02 | 号外 | Comments(2)
Commented by kyps at 2016-10-18 10:59 x
ザッパとディラン?
そんなコラボ曲があるのですか?

検索するとFrankie meets Bobbyという怪しいLPがヒットしましたが、これがそうですか?

オートバイかスクーターに乗っているジャケットです。
運転しているのがディランかと思ったのですが写真の感じでは別人のようですね。
Commented by zappapa at 2016-10-18 21:56
雨の降る真夜中にディランが、ザッパ邸前でウロウロしているので番人が、ザッパに伝え招き入れたようです。その時、ディランが、新曲を披露しザッパ先生が、ピアノ伴奏もしたようです。録音もされたそうですが、録音技師自身が、その音源が、外に持ち出されてしまいザッパ邸から消えたようです。ザッパ先生が、プロデュースする可能性もあったようですが、その日のディランは、憔悴した様子だったようでウヤムヤになったようです。その後、1983年にそれらのの曲をまとめて INFIDELS というアルバムとして発表されたようです。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%87%E3%83%AB
何時かその音源が現れることに期待したいです。FRANKIE MEETS BOBBY は、ドイツのブート盤のように思われます。日本製らしいバイクにディランが乗り、後ろにザッパ先生が、同乗しているあしらいですが、実際は、別の男性が、乗っているものです。60年代頃のものではないか?とあるファンサイトでの写真へのコメントがありました。内容は、A面が、ディラン曲でB面が、ザッパ先生の曲でまとめられていますが、2人に関連の音源ではないようです。(JZ)
<< TOOTS ZYNSKY #6... ゆえあってミャンマーに行ってき... >>