THE IMPULSE STORY (JZ)

キース・ジャレットのアルバム THE IMPULSE STORY を見つけました。ECM盤しかほとんど知らないのでIMPULSE レーベルでどのような活動や契約をしていたのか興味をもって聴いてみました。ウィキペディアだと1973年から1976年頃のようです。既に ECM との活動は行われています。またIMPULSE 以前にCOLUMBIA やATLANTIC からも何枚か出ているようです。インパルスのものは、AMERICAN QUARTET と4人組でのグループものとしての内容のようです。今回のものは、そのベスト盤のようです。サウンドは、結構フュージョンと言いましょうか。ロックとジャズが接近していた雰囲気を伝えてくれています。今から聴くと、ちょっと実験的だったり、のんびりダラダラ的だったりと売れ筋とのズレや違いなどが見え隠れして、懐の広い面白い時代だった雰囲気を体験出来ました。メンバーは、ドゥエイ レッドマン、チャーリー・ヘイデン、ポール・モチアン、ジュリヘーム フランコ辺りです。以前に紹介したハンブルグ・ライブのメンバーとはその後も続いていたんですね。
c0058954_21453241.jpg
c0058954_21455028.jpg
c0058954_21463865.jpg
c0058954_21472816.jpg
c0058954_2148439.jpg
c0058954_21491074.jpg
c0058954_21495625.jpg
c0058954_21502362.jpg
c0058954_21504983.jpg
c0058954_2151104.jpg
c0058954_21512577.jpg
c0058954_21514382.jpg
c0058954_2151587.jpg
c0058954_21521646.jpg
c0058954_21523275.jpg

by zappapa | 2016-08-26 21:52 | 今日の1枚 | Comments(0)
<< MIMMO ROTELLA #... MIMMO ROTELLA (JZ) >>