'Cupole d'Italia' #7 (JZ)

フォルナセッティのお皿の続きです。今日のものは、フィレンツエのドゥオーモ、ブルネレスキが、ルネッサンスの幕開けとして完成させた大きなクーポラです。外観が、特にランドマークとして有名ですが、この中のクーポラのデザインは、余り見かけません。確かに外と違い、もうひとつ強い魅力がありません。ただ、外も完全なる円形でないので内側は、当然ですが、8角形のエレメントに支配されています。それでもそれを打ち消すためか、リング状の層となった絵画で埋め尽くされ、大きなクーポラの一体感を創っているようです。
c0058954_21483541.jpg
c0058954_21485230.jpg
c0058954_21491061.jpg
c0058954_21492593.jpg

by zappapa | 2016-05-06 21:49 | 今日の1枚 | Comments(0)
<< 富田勲 (JZ) DIG (JZ) >>