'Cupole d'Italia' #6 (JZ)

フォルナセッティのお皿の続きです。今回のものは、新しいクーポラです。ミラノのガッレリアです。1877年頃に完成しているようです。アーケード街の先駆けでガラスのヴォールトとクーポラが、スティールを使い近代的な技術で出来上がっています。装飾的な要素が、残っているのは、かえって街に溶け込み成功しています。この皿のシリーズで唯一教会でなく、商業施設であるように思われます。新しいアイテムにも寛容です。また肉眼や写真では収まらないヴォリュームをしかも丸の中に収めている辺りもスゴ技です。
c0058954_21502082.jpg
c0058954_21503922.jpg
c0058954_21505451.jpg
c0058954_21511630.jpg
c0058954_21513231.jpg
c0058954_21514794.jpg
c0058954_2152359.jpg

by zappapa | 2016-05-04 21:52 | 今日の1枚 | Comments(0)
<< DIG (JZ) 'Cupole d&#... >>