A HARD ROAD (JZ)

ジョン・メーオールのアルバム A HARD ROAD です。全く知らないものでした。ジャケットが印象的で味のある絵です。メンバーが豪華でビックリです。ピーター・グリーンがギター。エリック・クラプトンの後釜です。ベースが、ジョン・マクヴィー。フリートウッド・マックのベースで有名です。そしてドラムが、エンズレー・ダンバーです。ザッパ・バンドで大活躍した人です。内容は、ヴァラエティに富んだブルース曲でその後ロック・バンドでもいろいろ演奏される曲も多いです。相当影響を与える刺激的なアルバムだったのではないでしょうか。ドラムはあくまで抑えた演奏ですのでその後の派手なスタイルは見えませんが、嬉しいです。ピーター・グリーンもヴァラエティのあるものを上手く演奏しています。とにかく知らない世界に出会えたことに感謝でした。
c0058954_21381181.jpg
c0058954_21383675.jpg
c0058954_21385855.jpg
c0058954_21391544.jpg
c0058954_21393339.jpg

by zappapa | 2016-04-28 21:39 | 今日の1枚 | Comments(4)
Commented by kyps at 2016-04-29 07:37 x
うゎ!BLUSBREAKERS時代のアルバムですね。なんとまぁ懐かしい・・・
私は大学生の頃に聴いてました。
この前にクラプトンとのLPが、このあとには
ミック・テイラーが参加したLPも出してます。
大阪での初来日公演を観に行きましたが、ドラム無しの小さなトリオで、アンプなんかも手にぶら下げてステージに現れてました。
45年も前の話ですね。
Commented by zappapa at 2016-05-04 21:54
僕は、兄が持っていたミック・テーラーの時代のシングル盤を愛聴していました。エンズレーのものは、ただただ嬉しかったです。(JZ)
Commented by kyps at 2016-05-04 23:50 x
ミック・テイラーが参加したシングル盤ですか。
恐らくLP「CRUSADE」からシングルカットされたものだと思いますが曲は何ですか?
Oh! Pretty Womanでしょうか?
後年、ストーンズに移籍しますがこの時代のミック・テイラーは結構ノリノリの演奏を聞かせてくれましたね。
メイオールはミック・テイラーの脱退後は嫌気がさしてBLUESBREAKERSを解散しました。
Commented by zappapa at 2016-05-05 21:43
今、チェックして分かりました。アイ・ニード・ユア・ラブと白い森のシングル盤でした。懐かしいです。 (JZ)
<< 'Cupole d&#... 'Cupole d&#... >>