新たにカラヴァッジョ作品発見?

カラヴァッジョの作品がフランスの住宅の屋根裏から発見されたそうです。価値は、150億円との話です。以前にもカラヴァッジョの作品の発見がありましたが、今回のものは大作です。限りなくカラヴァッジョ・スタイルが見つけられるのですが、幾つかの点が、ちっと彼らしくないのでは?との印象もあります。それでも有難い発見です。コンディションもいいようです。
c0058954_21411113.jpg
c0058954_21412632.jpg
c0058954_21413866.jpg

by zappapa | 2016-04-15 21:41 | 今日の1品 | Comments(2)
Commented by desire_san at 2016-05-13 05:41
こんにちは。フランスの民家の屋根裏からもう1枚のカラヴァッジョの「ホロフェルネスの首を斬るユディト」が見つかったという話は驚きですね。本物を見ていないのでわかりませんが、今まで知られている作品の画像と比較する限りでは、従来「ホロフェルネスの首を斬るユディト」として知られていた作品の方がカラヴァッジョ独殿美意識を感じ、新しく見つかった絵はカラヴァッジェスキの作品のようにも感じますが、カラヴァッジョの作品にも多様性があり興味深いところですね。

私は今回のカラヴァッジョ展を見た体験も含めて、カラヴァッジョの絵画の魅力と、なぜカラヴァッジョが美術史を塗り替えるほどの影響力を持ったのかを考察してみました。その考察から画像だけ見ると発見されたカラヴァッジョの作品はカラヴァッジェスキの作品のように感じたのですが、私の考察の真偽も含めて読んでいただけると嬉しいです。ご意見・ご感想などコメントをいただけると感謝いたします。
Commented by zappapa at 2016-05-13 21:27
desire_san、コメントを頂き、ありがとうございます。そちらのブログのカラヴァッジョの記事を読ませて頂きました。丁寧に紹介されている内容で素敵です。彼のことを語ると切がないです。(JZ)
<< リートフェルトの椅子 #3 (JZ) リートフェルトの椅子 #2 (JZ) >>