YARDBIRDS BBC SESSIONS (JZ)

ヤードバーズのアルバムを入手しました。BBC セッションズというタイトルです。今まで他のグループの BBC のものとジャケットの表現が異なるのはレーベルが違うからでしょうか?ワーナーのアルカイブス・シリーズというカテゴリーのようです。さてジャケットでは、彼らの名前に使われるロゴ・スタイルをベースに幻惑的なラリった感じを表現しています。内容ですが、ジェフ・ベックの時期が、20曲、ジミー・ペイジ時期から6曲の構成です。1曲目から聴かせてくれるのは嬉しいです。たまに凝り過ぎた曲でストーンズと和製ロックのミックス調がどうも不思議?です。ジミー・ペイジ期は、もうギターは、レッド・ツエッペリン調でイケてます。BBC のアナウンサーの解説やインタヴュー的な会話も入っています。ジミー・ペイジの頃のものは、最初、女性が語っているようで、何でなの?なんて思っていたら、どうもジミー自身の声が、女性のような声と話し方だったようで驚きました。
c0058954_21331571.jpg
c0058954_21332177.jpg
c0058954_21332809.jpg
c0058954_21333309.jpg
c0058954_21335486.jpg
c0058954_21340383.jpg
c0058954_21341070.jpg
c0058954_21341868.jpg

by zappapa | 2015-05-28 21:36 | 今日の1枚 | Comments(4)
Commented by kyps at 2015-05-28 21:59 x
ありゃ、確かに不思議なジャケットデザインですね。
ヤードバーズのBBCセッションのCDは何タイプか出ているようで、コンプリート版は30曲くらい入っていたと思います。
私が持ってるのは27曲入りで、JZさんのお持ちのCDより1曲だけ多いです。
内容を確認するとShapes of Thingsの別バージョンが収録されていて、あとはまったく同じでした。
Commented by zappapa at 2015-05-29 21:17
そういうことですか。有名バンドですから幾つか出ていてもおかしくないですよね。1曲多いと2枚組みだったりとか?(JZ)
Commented by kyps at 2015-05-29 22:02 x
2枚組みではありません。1枚です。
日本盤ですが、1曲多いのがボーナストラックという訳でも無さそうだし、どうなっているのでしょうね?
ジャケットはセピア色っぽいモノクロームで、メンバー5人が写ってるありきたりのデザインです。
ジェフベックは居ますがクラプトンもペイジも写ってないので65年ごろの写真でしょう。
JZさんがお持ちのほうがサイケぽくて面白味があります。
Commented by zappapa at 2015-05-31 00:18
1枚ものでしたか。曲のリース関連などの理由でしょうか?それともやはりよくある日本盤のみのボーナス曲的なサービスでしょうか?いずれにしてもいろんなものがでているんでしょうね。(JZ)
<< アドルフ・ロースの楕円テーブル... ミラノのドゥオーモ その2 (JZ) >>