金子國義 (JZ)

画家の金子國義氏が、お亡くなりになられました。ご冥福を願います。合掌。彼独特の少女的な女性や青年のポートレートは、いろんなところで目にすることがあります。日本の絵画、挿し絵などの歴史を追うとある流れがあるように思われますが、その中でしっかり足跡を残され貢献された方でしょう。いつまでも時間とは関係なく若い息吹を見せてくれているようです。個人的には、東洋のポール・デルボーのような印象もあります。
c0058954_21433296.jpg
c0058954_21442644.jpg
c0058954_21444135.jpg
c0058954_21434775.jpg
c0058954_21440675.jpg
c0058954_21450353.jpg
c0058954_21431218.jpg

by zappapa | 2015-03-20 21:47 | 号外 | Comments(2)
Commented by (Y) at 2015-03-22 11:54 x
ここのところ訃報が本当に続きました。
わずか一週間ぐらいの間にTOTOのマイク・ポーカロ、FREEのアンディー・フレイザーという2人の名ベーシスト、そして人間国宝の噺家・桂米朝さんに、この回に紹介の金子國義氏にJZ家のタンタン…。僕は僕で二十代から仕事でずっとお世話になっていた方が突然亡くなりました。
寂しさもひとしおの春ですが、それだけ我々も歳をとったということでしょうか。上記皆様に合掌。
Commented by zappapa at 2015-03-23 21:59
アンディ・フレイザーのことは知りませんでした。残念です。好きでした。それらの方々のご冥福を願います。合掌。 (JZ)
<< 現役もろもろ (JZ) TANTAN (JZ) >>