Bye Bye Blackbird (JZ)

昨日の午後(3月1日)から雪が降り出し夜までに15センチにもなってしまい驚きました。夜の雪掻きは、参りましたが、その後は、降らずホッとしました。まだまだ春は、遠いようです。とほほ。。。。さて、今日は、気分を変えてです。キース・ジャレットのアルバム Bye Bye Blackbird を見つけました。こんなアルバムがあったらいいなあと思っていたら本当にあった!!!と言った感じでした。偉大なるマイルスが亡くなった1991年28日の約2週間後にメモリアルの思いで録音されたものだそうです。ジャケットも良いです。何時もの ECM からのものですが、何故か珍しく紙ジャケットです。メモリアルの意味と関係するのでしょうか?内容は、2曲が、マイルスに捧げられたオリジナル曲。それ以外も何らかの関連での曲のようです。高ぶった感じでの1曲目から静かめですが、ハイテンションで演奏されています。キースとジャックは、正しくマイルス・スクールのメンバーです。オリジナルの2曲ではことのほかその思いが、現れているソロのように思えます。録音から1年半もの後にようやく出たようです。マイルス・スクールを出た他の人たちは、どのような形でメモリアルを残したのか?気になるところです。
c0058954_2239135.jpg
c0058954_22391265.jpg
c0058954_22393276.jpg
c0058954_22394273.jpg

by zappapa | 2015-03-02 22:39 | 今日の1枚 | Comments(4)
Commented by kyps at 2015-03-03 09:45 x
bye bye blackbirdはジャズのスタンダードなので有名どころがたくさん演奏を残していますね。
私はボーカルのバージョンが好きで、ブラックバードって何だろうと思って調べたことがあります。
どうやら売春客を意味するスラングらしいと分かって驚きました。
Commented by zappapa at 2015-03-03 22:27
そいう意味があるんですか。この曲のウィキペディアでいろんな人がカヴァーしていました。変わりどころでは、リンゴ・スターもありました。バイバイとブラックの単語から単純にマイルス先生、さようなら。と言う風にとらえていました。最後の曲にタイトルは、そのアルバム・タイトル及びスタンダード曲のタイトルをマイルス先生用に入れ替えて "Blackbird, Bye Bye" としたんだろうぐらいに思っていました。 (JZ)
Commented by kyps at 2015-03-03 23:29 x
なるほど、面白い解釈ですね。

この曲はマイルスの名盤「ラウンド・アバウト・ミッドナイト」の1曲でマイルスもライヴでよく演奏してようなので、オマージュのような扱いだと思います。

bye bye blackbirdの歌詞は売春から足を洗って故郷に帰る女なの心情を歌った曲で、ボーカルでも女性ボーカリストが歌うほうがピッタリです。
私が大学生の頃にジュリー・ロンドンが来日しましたが、テレビでこの曲を歌っていたのが印象的でした。
Commented by zappapa at 2015-03-04 22:26
マイルスのラウッド・アバウト・ミッドナイトのアルバムは、聴いていましたが、この曲のタイトルを知らない間抜けさでした。週末に聴きたいです。 (JZ)
<< 人型の椅子 (JZ) 浮いた照明器具 (JZ) >>