HEJIRA (JZ)

ジョニー・ミッチェルのアルバム、HEJIRA です。1976年です。このアルバムでジャズ系のミュージシャンが参加し、フュージョン的な世界へと変身します。ジャコ・パスなど豪華です。その後のライブ・アルバムなどもこの辺の曲や演奏が元になっているようです。タイトルは、ヒジュラもしくは、ヘジラと呼び、日本では、逃避行とされています。宗教的な移住や旅行などと関係する言葉のようです。ジャケットは、モノクロ写真で綺麗な彼女と旅を連想させる道や風景とのコラージュになっています。解説の中の写真では、黒鳥の姿のジョニーがスケートをしていたりバレーのペアーが同じくスケート靴でポーズしていたりとシュールな世界が現れます。驚きは、ニール・ヤングとマックス・ベネットの参加でしょうか。マックス・ベネットは遡る1969年のザッパ先生のアルバム、ホット・ラッツでベースを担当しています。もう一人のベースがジャコですから凄いアルバムです。ニール・ヤングはハーモニカですからビーフハートの代わりが彼だったような印象でこれまた興味深いです。
c0058954_2242205.jpg
c0058954_22425220.jpg
c0058954_2243652.jpg
c0058954_22432538.jpg
c0058954_22434033.jpg
c0058954_22435871.jpg
c0058954_22441091.jpg

by zappapa | 2015-01-08 22:53 | 今日の1枚 | Comments(0)
<< DEMETRE CHIPARU... DEMETRE CHIPARU... >>