Frampton Comes Alive! (JZ)

サンクスギビングのホリディーをのんびり過ごし充電することが出来ました。さて、今日は、ライブ繋がりでピーター・フラプトンの代表作 Frampton Comes Alive! です。このアルバムも今回まで全く出会うことがありませんでした。彼は、ハンブル・パイのバンドを離れソロとなり、出したライブ盤がこれでした。コマーシャルな匂いを感じて避けて来ましたが、今回ちゃんと聴くとなかなかの力作で感心しました。いろんなギター・スタイルを学んでいるようで曲ごとにヴァラエティーのあるソロを聞かせてくれたり、メロディアスな曲作りなど才能を十分発揮しています。後年確か何かのインタヴューで趣味ではジャズを聴いているような話でヘェーって感じでしたが、納得出来る活動だったように思えます。デヴィッド・ボウイが、学校での先輩だったとかで後年ボウィのアルバムにも参加していたんですね。
c0058954_2240396.jpg
c0058954_22402025.jpg
c0058954_22403733.jpg
c0058954_22405550.jpg
c0058954_22411117.jpg
c0058954_22412631.jpg
c0058954_22414542.jpg

by zappapa | 2014-12-01 22:46 | 今日の1枚 | Comments(0)
<< ジュリアン・アサンジ自伝 (JZ) LIVE AT THE GRE... >>