ジャック・ブルース (JZ)

ジャック・ブルースが、25日に亡くなりました。71歳でした。ご冥福を願います。合掌。何といってもスーパー・トリオにクリームのベーシストとして60年代に黄金時代を創りました。作曲でも名曲を残しています。その当時まで地味なベースしか知らなかった時代にギターとバトルするくらい激しい演奏に出会ったのは彼が最初だったと思います。ヴォーカルでも常にメインで活躍していました。それでも写真などでのイメージでは、クラプトンに勝ることはなかったような印象です。その後ザッパ先生のアポストロフィーのアルバムでタイトルと同名の曲のアポストロフィーで見事な演奏を残してくれました。この曲は、ザッパ先生のバンドでは、ほとんどライブで演奏されていませんが、トリビュート・バンドのものでは、何時もベースの人が、嬉しそうに演奏する凄い曲です。ライブでの盛り上がりを体感した経験から曲によってライブの方が格段に素晴らしい曲というものがあることを知った貴重な曲でもあります。録音は、ニューヨークのエレクトリック・レディ・スタジオで1972年11月7日です。その後75年辺りの彼自身のバンドでは、ストーンズから流れてきたミック・ティラー、ジャズ畑のカーラ・ブレイなどびっくりする組み合わせのスーパー・バンドを作ったりマウンテンのレスリー・ウエストと組んだり、トニー・ウィリアム、ビリー・コブハム、ジョン・マクラクリーンと演奏したりと今回調べて驚くことが多かったです。クリーム以降はほとんど知らなかったので機会があったら聴いてみたいです。
c0058954_2154502.jpg
c0058954_21432843.jpg
c0058954_21435464.jpg
c0058954_2144643.jpg
c0058954_21441643.jpg
c0058954_21444945.jpg
c0058954_2145449.jpg
c0058954_2145175.jpg

参考までに。
資料1
by zappapa | 2014-10-27 21:54 | 号外 | Comments(0)
<< AFGHANISTAN #3 ... LIKE A ROLLING ... >>