DAVID BOWIE (1967 ALBUM) (JZ)

今年は、デヴィッド・ボウィのファンにとって有難い1年でした。ロンドンでの大回顧展。ニュー・アルバム発売。豪華本発売。写真展、ヴィットンのコマーシャル出演などなど、凄いものでした。元気な姿は現役的存在感として嬉しいものでした。さて今回は、初期も初期、最初のアルバムです。タイトルもズバリ、DAVID BOWIE です。マシュルーム・カットで印象は違います。後年、ボーナス・トラックも含まれたもののジャケットは、フラワー・ムーヴメント的な仕上がりに変身してます。どちらもそれぞれに魅力あるアルバムとなっています。内容では、期待以上に洗練されたものも含まれていて彼の完成度に高い楽曲、歌唱力などなかなかのものです。静かな曲で好きなものが多いです。この時期は、パント・マイムなど衣裳や化粧のものもあります。その後、レオ・セイヤーなどが影響を受けたのかなあ?などと思います。
先ずは、オリジナル・アルバム。
c0058954_22342692.jpg
c0058954_2235584.jpg
c0058954_22351963.jpg
c0058954_223530100.jpg

次がボーナス・トラック入りの同じアルバム。
c0058954_22362032.jpg
c0058954_22363739.jpg
c0058954_22371469.jpg
c0058954_22372929.jpg
c0058954_22374430.jpg
c0058954_223858.jpg
c0058954_22382038.jpg
c0058954_22383431.jpg
c0058954_22384920.jpg
c0058954_2239266.jpg
c0058954_22395180.jpg
c0058954_22401088.jpg
c0058954_2240245.jpg

by zappapa | 2013-12-27 22:44 | 今日の1枚 | Comments(0)
<< ばらの騎士 (JZ) イサム・ノグチの椅子と彫刻 (JZ) >>