No Pussyfooting (JZ)

イーノのアルバム ”No Pussyfooting” です。ずっと気になっていましたが、出会いがなかったものです。1973年の発売です。彼のソロ・アルバムとしたら一番古いものになるようです。ロック系もの含めたソロ・アルバムの前にアンビエントの原型的な実験サウンドが、出ていたことに脱帽します。このアルバムの流れで1975年の EVENING STARDISCREET MUSIC のアルバムが、生まれたように思われます。ロバート・フィリップも完成されたスタイルで貢献しています。ジャケットが、鏡の間という設えです。強烈な印象でした。2001年宇宙の旅的な絶対的な完成度が、表現されているような印象です。またマッド・サイエンティストのラボラトリー的な印象もありミステリアスです。たまたま昨日、本屋で Brian Eno: Visual Music というタイトル本を見たのもご縁があるようです。こちらは、彼の学生時代から(60年代中頃)アートやヴィジュアル更には音楽に絡んだ抽象的な世界への表現から始まり後年の音楽と映像が一体化したアートまでが綴られています。初期の作品などは、初めてみるものが多く興味深いものです。特に抽象的な表現は、レベルが高く強い印象を受けました。さすがイーノの世界は、この時点からブレがありません。初期のデジタル・アブストラクト・アートのようなものをタイプライターやマニュアルで既に高いレベルで作品化されているのには驚きます。
c0058954_21501866.jpg
c0058954_21503761.jpg
c0058954_21505587.jpg
c0058954_2151973.jpg

by zappapa | 2013-10-30 21:54 | 今日の1枚 | Comments(0)
<< ハーロゥイーン (JZ) 理想都市 (JZ) >>