BLUE COUNTRY HEART (JZ)

台風18号の被害が、広がっています。なんとか皆さんの無事と早い復興を願っています。最近手にしたCDの中では、何度も聴いてしまうこのアルバム、 BLUE COUNTRY HEART を紹介します。ジェファーソン・エアープレインやホット・ツナのギター、ヨーマ・コーコネンのもうひとつ別のソロ活動のものです。ジャケットの彼は、既に初老です。昔は、セックス・シンボルのように言われた彼もいいおじさんです。いつものグルース系のスタイルよりちょっとカントリー側に向かったような世界ですが、これがなかなか中毒になるような心地よさを持って迎えてくれます。声も以前より太く渋くなった印象です。雰囲気は、レオン・ラッセルがギターで歌っている感じといった風です。テンポが、先ず乗り易いのでしょう。どんどん引っ張られます。他人の曲やトラディショナルの曲を歌っているのも聴きやすいことのひとつなんでしょうか。
c0058954_2146478.jpg
c0058954_21483347.jpg
c0058954_21491922.jpg
c0058954_21495390.jpg
c0058954_21502796.jpg
c0058954_21504966.jpg
c0058954_21512495.jpg
c0058954_21515482.jpg
c0058954_21522054.jpg
c0058954_21524928.jpg
c0058954_21532930.jpg
c0058954_2154996.jpg
c0058954_21544090.jpg
c0058954_21551240.jpg

by zappapa | 2013-09-16 21:55 | 今日の1枚 | Comments(0)
<< A WEEK AT THE F... A WEEK AT THE F... >>