藤圭子 (JZ)

藤圭子さんんがお亡くなりになりました。ご冥福を願います。合掌。”夢は夜ひらく”の歌は僕でも記憶に残っています。歌詞がほとんど入ってこない自分でもこの曲の一部、15,16,17と 私の人生暗かった。は、しっかり覚えています。ブルース・コード的な流れと暗い雰囲気と綺麗で若い彼女と不思議なミスマッチでした。娘さんが、宇多田ヒカルさんというとんでもなく凄い贈り物を届けてくれたことにも感謝です。
c0058954_2118443.jpg
c0058954_2119083.png

参考までに。
資料1
by zappapa | 2013-08-22 21:20 | 号外 | Comments(2)
Commented by 林檎@同世代ですが at 2013-08-26 13:30 x
前川清と藤圭子は同世代カップルでしたが、圭子の夢は夜開くは、最初からピンと来ませんでした。幸いにも、私の人生は、こんなに屈折していなかったからかもしれません。園マリの方がどちらかと言えば好きでしたから。前川清も別れて良かったのかもしれません。ただし、ステージでは、宇多田ヒカルが自分の子だったら、今頃こんなところで歌っていませんと笑わしてました。
Commented by (Y) at 2013-08-27 23:10 x
うわーっ! ここで林檎さんの名前を見るのは何年ぶりでしょう。
僕の代わりにJZさんに書き込んでもらったようなものですが、園まりさんさんと比較すると、時代的にはちょっと後だったという記憶があります。
「夢は夜ひらく」のような怨歌よりも、僕は「京都から博多まで」というような、歌謡曲調の方が好きでした。あまりに意図が見え過ぎていたからです。その点、緑マコの「夢は夜ひらく」は安心してその世界に感情移入できます。それでも、藤圭子の存在、歌謡界に果たした役割はあまりに大きかったです。しかしここのところ訃報ばかりで滅入ります。
<< WANDERING SPIRI... ミノタウロス (JZ) >>