Django Reinhardt NY Festival 2000 (JZ)

今年の1月から3月にかけて”最高の離婚”というタイトルで瑛太、尾野 真千子、真木 よう子、綾野 剛という豪華な顔合わせで面白いドラマがありました。そのテーマ曲にジャンゴ・ラインハルト風の素敵なものが使われていました。さて、このジャンゴですが、今年もバードランドで恒例のフェスティヴァルが、行われました。今日、紹介の1枚は、このフェスティヴァルが、初めて行われた2000年のコンサートがCDになったものです。どんな風かなあ?程度で聴いたら、ビックリでした。余りの熱気、テクニックの素晴らしさに脱帽です。ほとんどのリード・ギターは、Jimmy Rosenberg という当時21歳の若いギターリストです。オランダ出身のジプシーのようです。以前から知っている Biréli Lagrène も1曲ですが、これまた、とんでもなく彼らしいスピード感あふれるナンバーを聴かせてくれます。ヴァイオリンは、女性と男性が、それぞれ演奏していますが、素晴らしいの一言です。主催者は、こういうレベルの高いフェスティヴァルを何とかニューヨークで行いたいと数年かけて準備したようです。演奏者もここで始めて会するような雰囲気ですが、血がなせるのか、バツグンの演奏です。ベースの人は、ステファン・グラッペリの晩年のメンバーだったとか、などこれ以上の組み合わせが、あるのか?と言ったくらいの盛り上がりです。毎年、招待メンバーは、違うようですから層が厚いのでしょう。嬉しい思いです。唯一、このCD盤が、DIVISION ONE というもので何故か僕のCDプレーヤーでは、聴けませんでした。CDでこういう特殊なものは、初めてだったので驚きました。MP3にコンバートし、AUDIO ファイルで再度CDに焼き付けると手間が必要でした。
c0058954_2138716.jpg
c0058954_21382254.jpg
c0058954_21383764.jpg
c0058954_21385471.jpg
c0058954_21392388.jpg
c0058954_2139433.jpg
c0058954_21401496.jpg
c0058954_21403896.jpg
c0058954_2141055.jpg
c0058954_21412280.jpg
c0058954_21414551.jpg
c0058954_2142855.jpg
c0058954_21425963.jpg

by zappapa | 2013-07-08 21:48 | 今日の1枚 | Comments(0)
<< カナレット (JZ) Philip Haas (JZ) >>