Understanding America 2 (JZ)

ザッパ先生の新譜 Understanding America です。仕事に追われ、猛烈なラッシュのバス通勤でクタクタの先週でしたが、このアルバムが届き、パワー回復のビタミン剤となりました。相変わらずハリケーン・サンディの影響が残っていてニュージャージーとニューヨークを結ぶ電車ラインが麻痺状態でほとんどの乗客がバスに移動したものですからバスの駅、バスの中は完全に飽和状態で1,2時間の待ちや渋滞が毎日となり、皆疲労困憊です。日曜日のニュースでは、ほぼ電車ラインが回復したような話ですが、朝のバス停は、先週と変わらずでした。とほほ。。。。。さて、ザッパ先生のアルバムに戻ります。残念ながら週末もバタバタ状態で、アルバムの曲頭を聴いただけで終わりました。音は、1991年2月3日にザッパ先生が、リマスターしたと謳っています。ただ、マネー・アルバムの曲など先日ご紹介した、最初のCD化された時の音源でサイボーグ型のサウンドのものです。この時期には未だオリジナル・サウンドでのマスター・テープがなかったのでしょうか????残念な印象ですが、あくまでザッパ先生が作成した音源を勝手に触るようなことはファミリーは望まないので、このような音で出たようです。以前、CD3枚組みでレザー・アルバムが、出た時もザッパ先生没後でしたが、ザッパ先生の編集したマスター・テープより良い音のニューヨーク・ライブ(76年)なども入れず、あくまでザッパ先生のオリジナルを出すことを貫いていました。概念継続です。デザインでも印象として、THEM OR US のアルバムの3D文字を2Dにして別アルバムで出たスライムの雰囲気とドッキングさせたように思えます。解説も短いもので音楽を楽しんで欲しいと結んでいます。政治的なメッセージは、初期に特に強い印象でしたが、このアルバムを聴くと常にそういう意識が高く、最後までその政治的メッセージが曲に生かされていたことが分かります。今回の目玉は、PORN WARS DELUXE です。オリジナルが、12分だったものが、倍以上の25分のものになっています。86年当時PMRC という歌詞でワイセツな内容を取り締まる法律が成立しそうになった事件がありました。自由を奪う法律を許さないとザッパ先生以下何人ものミュージシャンが、反対し、結果、成立させなかったものです。その時の法廷での証言内容などを音楽と共にコラージュした曲でした。今回のものは、そのロング・ヴァージョンです。ジャケットで使われたザッパ先生の写真は、1975年のようです。DOUG METZ という写真家のようです。ジャケット表紙は、テキストが欠けた状態ですが、透明なプラ・ケース底に見えるテキストと上手く重なるように出来ていて、彼の名とアルバム・タイトルが見える方法で3D的な概念継続と発展があるように思えます。また表紙は、解説と分かれていて、しかも写真を横に倒した上体で、アレッツ?ってな印象です。盤は、ミラー状の仕上がりにザッパ先生の愛したタバコの煙がアレンジされています。スキャンでは虹色がでていますが、あくまでミラーです。
c0058954_2334407.jpg

プラ・ケース底の文字を付け足すと。
c0058954_23352134.jpg

プラ・ケース裏側。ザッパ先生の手描き。
c0058954_23251659.jpg

c0058954_233607.jpg

ジャケット表紙の裏。タバコの煙がザッパ先生の横顔の鼻のような。
c0058954_2338114.jpg

解説書。
c0058954_23385273.jpg

c0058954_2341222.jpg

c0058954_23421749.jpg
c0058954_23423562.jpg
c0058954_23431133.jpg
c0058954_2343297.jpg
c0058954_23434530.jpg
c0058954_23444295.jpg
c0058954_23452224.jpg
c0058954_23454224.jpg

by zappapa | 2012-11-19 23:49 | 今日の1枚 | Comments(0)
<< ラリック続き 3 (JZ) TEXAS BLUES (JZ) >>